読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へのへのもへじ

高尾山周辺低山登山・旅行・料理・花など徒然にヽ(^。^)ノ

今朝の夢

最近夢を見ることが多々あります。

いや寝ていていつも色々な夢は見ているのだろうけど、見た夢を覚えていることが多くなった気がします。

夢と言うのはハチャメチャなものですが、今朝見た夢は人気のホルモン焼肉屋さんに友人と寄った夢です。

知り合いのベンツのバンに同乗し、何かの帰りにそのホルモン焼肉屋さんに寄ったのです。実際にベンツのバンの知り合いはいますし、夢に出て来たのもその人でした。

人気のホルモン焼肉屋さんでのようで客さんはたくさん入っていました。

テーブル席でホルモン焼きを食べていますと、気が付けば知り合いのほか、もう一人女性が加わって三人で食事をしていました。見知らぬ女性と言うか顔は全く分かりません。

そのホルモン屋さんは野原みたいなところに建っていて、そこに厨房と客席があります。入店や会計は受付みたいな少し高台に別にあるのです。なんだかキャンプ場に入る前に受付をしてからキャンプ場内でバーベキューをするみたいな仕組みです。

店に入ってすぐ左が一列テーブル席です。テーブル席の反対側が厨房です。厨房の前にはカウンター席があったかどうかわかりません。建物の右に出入り口があり、左壁際がテーブル席でテーブル席の反対側がカウンターがあって厨房的であればいわゆるラーメン屋みたいな作りです。

そのテーブル席の入り口から三つ目ぐらいの場所で知り合いとホルモン焼を食べていました。

入り口のドアが開いて客かと思ったら若い兄ちゃんが米袋を担いで入ってきました。そして米袋を入り口近くのテーブル席の横に下ろしました。この間何もしゃべりませんので、愛想のない兄ちゃんだなと思いました。その兄ちゃんをよく見ると、服装がが厨房の人と同じなので、ああこの店の人なんだと思いました。

次に別の兄ちゃんが忙しそうに飛んで入ってきて、何やらメモを見ながら二席目のテーブルの客の中から女性を一人連れだし、その足で私たちの席に来て私達の席にいた女性も一人連れて行こうとします。

兄ちゃんの意味不明の行動で、私が怒鳴ります。

「ちょっと待て、こらっ!」

私の夢はカラーですし音声もあります。昔見てた夢は白黒で音声もなかったのですが、カラーの夢になったのはある時からです。ある時からというより、その時の夢でこの夢はカラーだと気が付いたのです。

「人の連れを勝手に連れて行こうたア、どういう了見だ!」

私は怒って怒鳴っています。

他の客もびっくりして私の方を見ています。

気が付けばいつの間にかベンツのバンの知り合いがいません。

私が騒ぎまくっている内に、知り合いは何やら受付の方で話をつけて来たようです。なんだか食事代金も済ませてきたようなのです。

夢で覚えているのはここまでです。

さあ、この夢からなにが分かるでしょうか?

都内の赤羽にホルモン焼きを男三人で何度か食べに行ったことがあり、私はそこの店のホルモン焼きが大層気にいっちゃいましたが、あれから一度もその店には行ったことはありません。その店で食べたシマチョウというホルモンが美味しかったのです。

今でも町を散歩していて、ホルモン焼きという字が目に付くと、う~ん食べたいなあという思いが沸いてきます。そんな欲求があるのでその欲求不満の表れでしょうか。

ベンツのバンの知り合いは2-30年前のことになりますが、ある趣味の世界で一緒に買出しに行ったりしたときに、仕入れの帰りに食事をしたことが何度かある人です。一緒に飲みに行ったりしたこともありました。

最近その人は、そのある趣味の世界から離れてしまいましたけど、そういう思い出のある人です。そのことが私にとって寂しく思えているのは間違いないことです。

いつの間にか一緒に食事をしていた女性ですが、何処から女性が入り込んだのでしょうか。どういった顔をしているかが全く分からなかった。

そして夢の中で私が怒鳴ったということですが、実際に私が怒鳴るなどというように、私が自我を忘れるなんてことはありえません。

もし怒鳴ったとしたら、それは怒鳴るという演技を私がしているに過ぎませんけど、夢の中の自分は確かに頭に血が上ったように怒鳴っての感じでした。意味不明な行動をした店員に対して明らかに怒っていたからです。これは、なにかを奪われるといった危惧を持っているということでしょうか。

とまあこんな感じなのですが、喜怒哀楽すべてがこの中に入っているのは、普段の生活で自分が感情を抑えているからなのでしょうか。

感情を抑えているつもりではなくても、自然と感情を押さえていたのかもしれませんと結論付けたいところですが、夢には夢の意味もあるとしても夢は記憶の断片の混ざり合いなのでいかようにでも意味づけが出来ます。

それで今日の予定から別の観点で「夢をよく見るようになった」に焦点を当ててみます。

なんと、今日は睡眠時無呼吸症候群の初受診予約日です。

なぜ睡眠時無呼吸症候群の初受診をするのかは、女房が言うには私のいびきがうるさい時があり時に息をしていないと感じる時もあるみたいなので、一度睡眠時無呼吸症候群は検査を受けてみた方がいいんじゃないのと言うので、それで受診予約をしていたという次第なのです。

睡眠時無呼吸症候群はたまにTVなどで取り上げられているので、自分でもなんとなく熟睡できていない気がしていた時など気になっていたのでちょうど良い機会です。

睡眠時無呼吸症候群で眠りが浅くなり、眠りが浅いのはレム睡眠が長くなるからであり、人はレム睡眠の時には夢を見ているそうです。

それで女房の言う、睡眠時無呼吸症候群の可能性もあながち間違いじゃないのだろうと感じなくもない。夢を見る事が多くなった。眠りが浅い。その原因はいびきなどによる睡眠時無呼吸症候群の可能性かもと言うことで、本日午後からの受診予約なのです。それが今朝の夢への回答というわけでしょう。

へへ、今日の受診はちょっと楽しみかもしれない。