へのへのもへじ・改

ツアー旅行と高尾山周辺低山ハイキング(スマホもPC表示推奨)

ブログ名「へのへのもへじ」は「へのへのもへじ・改」と生まれ変わります!


アメリッシュさんのブログタイトルが『アメリッシュガーデン改』と変わったのを受けて、もへじも遊びで『へのへのもへじ・改』とやってみました。

 

次の日から3日間は、北海道の神威岬へと積丹ブルーの世界を訪のいの旅行に出るので、その間のほんのお遊びでした。

 

そうしましたところ、アメリッシュさんにこのように言われたのです。

 

 アメリッシュ (id:funyada)

乗り遅れたかい。へへ、改は、なかなか乙なんです。
ぜひ、続けてくれませんでしょうか。

 

最初は「嫌だよ!」*1って思ったのですが、なるほど、そういえばもへじのブログも2ヶ月前からするとスタイルも若干変わったのは確かなので『へのへのもへじ・改』でもいいのかなと、楽しい北海道旅行もそっちのけで悩みました。

 

悩みに悩んでホテルでの朝のバイキングもほとんど何も食べられず、観光地に訪れても心ここにあらずの有様で、漫ろ*2でございました。

 

それにしても神威岬積丹ブルーは素敵でした。

f:id:i-shizukichi:20190522073106j:plain

 

♪ここで身を投げれば  

♪海は泣きますか

♪夕べ書いた手紙

♪風に散る岬

 

さらせ冬の嵐 歌:山内惠介 作詞:松井五郎 作曲:水森英夫

誰だよ、紙ごみを岬に捨てるななんて…いやな都政、いや渡世になっちまったねえ…

 

 

♪ろくでなしなブログだけ

♪勝手気ままのタイプした

♪百年先も 生きちゃないし

♪悔いは残るけどぉ~~~~っ

 

さらせ冬の嵐 2メロ替え歌 へのへのもへじ

 

積丹ブルーに染まる神威岬ではまるで山内惠介の雰囲気そのものとなり、ここであの青い世界の彼方へ飛び降りればと思うほどの有体でございました。

 

書いた手紙を破ったのはまだ死ぬことはできないと気が付いたからです。それでもホテルに戻っても夕食の箸も進みません。

 

これらはもの悲しさを消すために、『眺めるためだけ』で、よそってきたものです。

f:id:i-shizukichi:20190520192610j:plain

決して、決して、食すためのものではありません…右端の皿に何やら食べた串のあとや左皿のホークなどって、そ、それは誤解です。通りすがりの誰かが、齧っていったのでしょう。施しを与えるのはみ心様の教えでございますもの。

 

そして次の帰路の日。

 

空港での待機時間。

 

ふと窓に目をやると、長い滑走を全速力で走行で空へと飛び立つ機影が目に留まりました。もへじもここで全力で駆け抜け、より広いブログの世界へ向けて飛翔するのだと、そうなのだなと決意しました。

 

 今後は、旅行ブログを含めた

新タイトルは

小太鼓!!!

今だ!

だだだ、だーーーん!!

 

へのへのもへじ・改

f:id:i-shizukichi:20190522185123g:plain

 アイコンもこんなんになっていますw

 

アメリッシュガーデン改 より、極々極一部、パクり、極々一部ね。

 

 というわけでブログタイトルを「へのへのもへじ・改」とすることにいたしましたので、ここにご報告申し上げます。

 

って、『そんな報告で記事一つ上げるなよ誰も期待しちゃあいねえからさ』って言われちゃいそうですけど (´▽`;;;)

 

www.facebook.com

 

取り敢えずはめでたしめでたしで、ことも無し。

 

 

 

     


 追補:1
そういえばブログ名が「へのへのもへじ・改」となった諸悪の根源ブログの紹介をまだ一度もしておりませんでした。
 

funyada.hatenablog.com

 

軽快な文体と洒脱な言い回しで2019年4月5日に開始したブログです。解説してすぐから、読者登録もぐんぐん増えてあっという間に人気が高まっているブログです。 

 

アクセス稼ぎなどという小技を繰り出すなどという手練手管も何もせずに、書きたいまま書いているといった感じなのに、読後感はアイリッシュガーデンの庭を爽やかな風が吹き抜けた雰囲気を味あわせてくれるのです。

 

この才能に、総てのブロガー共よ、震えて眠れ!

 

追補でブログ紹介失礼しましたが、あえて最高の称賛を贈ります。 


 

*1:「嫌だよ」と、とっさに思ったのが脊髄反応ってやつだね。これをちゃんと咀嚼して「なぜ嫌なのか」考える。考えて嫌ならそれはちゃんした選択行為といえる。その選択が良いか悪いかは、それはまた別問題。

*2:漫ろ=そぞろ。