チコちゃんに叱られないブログ

人生は旅なのです😋

でっかいどう北海道、来たぞ知床五湖高架木道!


来たぞ知床五湖高架木道!

 2019年6月3日 月曜日 2日目

 

この記事は宿泊施設や本日の朝食などから、今日旅行を随時綴っていきますのでお楽しみにしてください。

 

f:id:i-shizukichi:20190528142342j:plain

 

屈斜路プリンスホテル

北海道二日目も観光は盛りだくさんで朝7時50時からの出発となります。

 

観光の前にまずは腹ごしらえです。

 

屈斜路プリンスホテルのハイキングモーニングーです。昨日はソフトクリームを四つも食べたので今日はソフトは、自粛したいと思います。だって、ホテルの風呂場の体重計ったら...あれはたぶん壊れちゃっているからいい加減な表示なんでしょう。

 

はい、だから、壊れてますったら壊れているのですから壊れていると思うのであって決して人間が壊れているってわけじゃないの生きているからソフトクリームが食べたくなるのって宮本浩次冬の花でそう歌っていたとかいないとかなんてヨタをうのはもうこれでヨタろう。 

 

午前6時30分朝食

ホテルの窓から差し込む太陽はこの前の積丹ブルーの時もそうだったけど、本気でカンボジアかっていうほどのハートを射抜く熱線です。それでもホテルの外へ出れば涼しいです。

 

食事会場が開く前に、ホテル裏手の屈斜路湖に散策にもう一度行ってきました。

 

 朝食開始と共に長蛇の列です。

f:id:i-shizukichi:20190603070122j:plain

f:id:i-shizukichi:20190603070154j:plain

f:id:i-shizukichi:20190603070241j:plain

さすがは北海道、ジンギスカンはまじ美味いです。

f:id:i-shizukichi:20190603070259j:plain

 

フロント前の休憩所はオシャレです。

f:id:i-shizukichi:20190603070334j:plain



本日のブログ更新は画像だけ撮影して観光から戻ってホテルでやります。ブログ更新で忙しくしていては観光目的が本末転倒しちゃいますのでね。そんな事でよろしくお願いされてください。

 

午前7時50分バス出発

 これから観光です。まずは硫黄山へ40分ほどのところだそうです。ホテル二連泊なので今日は荷物の持ち出しがないので楽です。

 

観光2日目

黄山知床五湖ーウトロ港ー知床羅臼斜里岳・開陽台ー摩周湖-屈斜路プリンスホテルというコースです。

黄山

今も噴煙の上がる活火山とのことです。午前8時20分過ぎに硫黄山に到着です。硫黄の匂いがつんつん鼻に入ってきます。

f:id:i-shizukichi:20190603174553j:plain

奥にある柵から先は入れませんが、柵の手前にも硫黄が吹き出している場所があり近寄ってみました。

f:id:i-shizukichi:20190603174623j:plain

風の吹く方向がくるくる変わるので、吹き出す水蒸気から逃げながらですが、硫黄臭のする水蒸気を浴びたので服が硫黄臭がしみついたみたいですw

f:id:i-shizukichi:20190603174650j:plain

箱根の大涌谷は面積が広いですが近寄れないので、硫黄山の硫黄の吹き出しが間近に見られて興味深かったです。水蒸気が吹き出し口には硫黄の結晶がキラキラ輝いてきれいでした。

 

黄山売店です。

f:id:i-shizukichi:20190603174802j:plain

ソフトクリーム我慢しました。(^-^;)

 

知床五湖

 10時40分過ぎ知床五湖高架木道です。知床クルーズとかなり迷いましたが近くで自然に触れ合いたいと思って珍しい高架木道を選択しました。
f:id:i-shizukichi:20190603175914j:plain

f:id:i-shizukichi:20190603175927j:plain

 

f:id:i-shizukichi:20190603180119j:plain

f:id:i-shizukichi:20190603180325j:plain

f:id:i-shizukichi:20190603180524j:plain
知床五湖のうち高架木道でを歩いて1湖見学ができます。かなり立派な高架式の木道です。高架木道は絶景風景を見ながらの空中散歩です。まさに画になる高架木道空中散歩そのものです。

 

知床半島を形作っている知床連山が一望できます。素晴らしい景色です。蝦夷ハルゼミの蛙のような鳴き声が高架木道下から野太く合唱で絶え間なく聞こえ来る中の、木道歩き約1.7Km の往復は最高の天候に恵まれて素晴らしいの一言です。

 

今回旅行はオプションに船で知床遊覧があるのですが、今回はこの高架木道が画になりそうなので高架木道を選んでよかったです。知床遊覧船も波静かで景色が絶景だったと聞きました。今度来ることがあったら遊覧船に乗ろうと思います。

 

遊覧船自体は流氷観光砕氷船「おーろら号」ですから二回ほど乗ったことがある船です。

 

ウトロ港

ウトロ漁港(ウトロぎょこう)は、北海道斜里郡斜里町にある漁港

出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』 


暑いわけです北海道佐呂間町で39.5度になったとか、近いウトロ港にいたんだから猛烈な温度でした。ただ暑い時間帯が高所観光だったため暑いのですが風もあってな霧のない観光ができました。

 

知床峠

午後12時35分ごろ知床峠二到着。

f:id:i-shizukichi:20190603180950j:plain

本当は車窓観光だったのですが、時間調整が上手に出来て下車観光となりました。下車観光して良かったと思える場所です。ここも景観が素晴らしいです。後日詳細画像記事を書くかもです。

 

こちらは斜里町ですが、この標識の反対側は羅臼町です。町境です。

 

知床羅臼

知床羅臼では北方領土国後島の眺望とで自由昼食です。食べ過ぎになるのでオプションの昼食は申し込みません。

 

ここの中が昼食会場です。

f:id:i-shizukichi:20190603181048j:plain

 

ここでウニをいただきました。

f:id:i-shizukichi:20190603181128j:plain

 

斜里岳・開陽台

百名山の一つ斜里岳です。本当は登山に行きたいけど、今回は開陽台から斜里岳を遠望するだけだと思います。斜里岳が見えるかどうかはお天気次第です。360度パノラマで地球の丸みが感じられるとかです。

f:id:i-shizukichi:20190603181201j:plain

f:id:i-shizukichi:20190603181229j:plain

330度ぐるりと地平線が見渡せる場所です。

f:id:i-shizukichi:20190603181318j:plain

f:id:i-shizukichi:20190603181356j:plain

 330度というのは山があって一部地平線が山になっているためです。それでもすばらしい眺めでした。

 

摩周湖 

霧の摩周湖ではなく霧もないきれいな風景を見せてくれます。

f:id:i-shizukichi:20190603181444j:plain

f:id:i-shizukichi:20190603181502j:plain

f:id:i-shizukichi:20190603181520j:plain

売店も忙しそうです。


摩周湖の見学が終わればホテルに戻ります。

 

観光3日目

明日は観光最終日です。旅行日程はこんな感じになっています。

 

美幌峠ーオホーツクバザールー能取岬ーサロマ湖畔・ワッカ原生花園天都山天空テラスー女満別空港ー羽田 

 

明日も忙しそうです。

 

観光二日目の終わりに

 ホテルののディナーバイキングです。

f:id:i-shizukichi:20190603201826j:plain

f:id:i-shizukichi:20190603201849j:plain

f:id:i-shizukichi:20190603201909j:plain

たくさんいただきました。

明日の観光と帰宅に備えては止めに就寝します。

おやすみなさいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

     


※ 前回の5月19日から21日間の北海道関連記事はこちらです。