チコちゃんに叱られないブログ

ブログ向上で生活を豊かにしましょう。

どこで食べても美味しい北海道のソフトクリーム「ひがし北海道編」


ソフトクリーム「ひがし北海道編」

 

f:id:i-shizukichi:20190528142342j:plain

 

釧路空港

「ひがし北海道」ソフトクリームのトップバッターは、釧路空港のロビー売店のソフトクリームです。

f:id:i-shizukichi:20190602103516j:plain

フライトから降りてきてツアー集合の人たちが集まる合間にいただくので、画像撮影している暇がなかったですけど、ねっとり濃厚な牛乳味のするソフトクリームでした。

 

ひとつ食べれば十分一日満足する味です。

 

道の駅 スワン44ねむろ

続きましては、風蓮湖のビューポイントにある道の駅のソフトクリームです。

f:id:i-shizukichi:20190605162616j:plain

看板のある撮影ビューポイントです。

 

その看板の先をのぞき込むと何やら風蓮湖に突き出した桟橋があります。これは、行くっしかないっしょ!

f:id:i-shizukichi:20190605190600j:plain

速足で道の駅の裏手を下りて木道に出て、先の見晴らし台まで行ってみました。なお下の画像は来た方向へ振り返って撮影した画像です。

f:id:i-shizukichi:20190605190626j:plain

桟橋の突き出しまで行ってみます。

f:id:i-shizukichi:20190602163003j:plain

これ見てわかるかなあ、小さな薄いグレーの短く細い集団は小魚です。この小魚が川の流れのようにまとまって動いていくのです。凄いよ!

f:id:i-shizukichi:20190605190940j:plain

ツアーではこの突き出した桟橋みたいなところまでの時間の設定がないので、集合時間に間に合うように急ぎ行って急ぎ戻ります。

 

おかげで体はヒートアップです。そのヒートアップした体がソフトクリームを欲します。だって、ここは北海道なんです。

f:id:i-shizukichi:20190605185740j:plain

カップで作ってもらいます。

 

ここのも女満別空港のソフトクリームと劣らずに濃厚で、ねっちり持っちり〇〇ウの切り餅ってぐらいの粘度密度です。カロリー高いでしょうねえってそんなこと気にするなら食べてはいけません!

 

屈斜路プリンスホテル

f:id:i-shizukichi:20190605191443j:plain

プリンスホテルさんのソフトクリームで今日はこれで三つ目。

 

プリンスホテルさんのソフトクリームは、普段関東の観光地で食べるソフトクリームに近いソフトさに近いですが、それでも関東のソフトクリームなどよりも濃厚です。美味しいです。勝手に自由にどれだけ盛り込んでよいのです。

 

勝手に自分で盛り込んで作ると言ってもレバーを引くだけですが、このソフトクリームの味はあっさりなんだけどそれでも濃厚なのです。プリンスホテルさんのソフトクリームと比較しても、関東地方の観光地のソフトクリームはかなりあっさりしています。

 

そうだな、北海道のソフトクリームが牛乳で作るアイスクリームとしたら、関東のソフトクリームは牛乳も使っているアイスミルク(ラクトアイス?)ほどの差があります。*1

 

引き合いに出し比較するとしたらハーゲンダッツとスーパーカップみたいなものかな。自分はあっさりも好きですから、どちらが良い悪いの優劣ってことではないです。ハーゲンダッツは自分には味が濃すぎるので、普段的に買うとすればスーパーカップ派になります。旅行だからこそ、普段は買わないハーゲンダッツを何個も食べる感じです。

 

知床五湖高架木道

f:id:i-shizukichi:20190605192248j:plain

f:id:i-shizukichi:20190603180119j:plain

f:id:i-shizukichi:20190605192409j:plain

知床五湖高架木道にある売店です。

f:id:i-shizukichi:20190605192234j:plain

これはハスカップソフトクリームです。やはりカップです。少し斜(ハス)に持つのがこのソフトクリームの正式な食べ方です。

 

って、ハス カップだもの!

 

ハスカップの酸味があって少しシャーベットっぽい感じで軽くいただけます。高架木道の終わりまで行き、猛暑とでもいえる中を折り返して帰って来てから食べるハスカップソフトクリームは別格です。

 

美幌峠

f:id:i-shizukichi:20190605192828j:plain

f:id:i-shizukichi:20190605192908j:plain

美幌峠売店への戻り入り口・・・『はい、お土産やを通り抜けないとソフトクリームは食べれませんよ』と、ツベルクリンさんが言ったとか言わないとか…

f:id:i-shizukichi:20190605192943j:plain

 

美幌峠に訪問する予定がキャンセルになったことを詫びた美空ひばりさんのお手紙です。二階に飾ってありますが、もう、美空ひばりって、それヒバリの仲間なのって感じの時代になってきているんじゃないかと思います。唱和は遠くなりにけりです。

f:id:i-shizukichi:20190605192951j:plain

f:id:i-shizukichi:20190605192937j:plain

 

ここの売店にはクマザサアイスクリームがあります。

f:id:i-shizukichi:20190605192918j:plain

しっかりクマザサの味がします。なぜ、私が、クマザサの味が分かるかは次の記事をご覧ください。

 

 

クマザサソフトクリームは最初は食べる気はなかったのですが、現地の工事の人が工事用車両で来てクマザサソフトクリームを買っているのを見て、これはそうなのかって感じるところありで買って食べました。

 

すると、意外に、これが、実にうまいのです。

 

天都山・オホーツク流氷館

f:id:i-shizukichi:20190605193630j:plain

三年前にリニューアルしたとのことで雰囲気も良く成りました。

 

f:id:i-shizukichi:20190605193614j:plain

ここでのソフトは流氷ソフトクリームです。

 

ブルーの粒トッピングはお塩です。塩味とソフトの甘さとをミックスしていただくソフトクリームです。どんな感じかというと、塩分が多めに入っているお汁粉のような感じの食後感になります。

 

ここで添乗員(男)さんもこのソフトクリームをいただいていました。どうやら添乗員さんには無料でソフトクリームが貰えるみたいです。そりゃそうだよね、団体客を連れてくるありがたい人だもの、それぐらいしたっていいはずですよ。でも、うらやますい(´▽`)

 

終わりに

二泊三日で買って食べたソフトクリームが五本です。

 

ホテルのディナーバイキングが二回あって、ディナーでそれぞれ一回ずついただいていますからホテルで二回。買ったのとで合計七本のソフトクリームを食べています。

 

こりゃあ、体重計のメモリも喜んで震えるわけです。 

 

それにしても観光先でソフトクリームが食べられるチャンスはあと数回はありましたけど、少し御身を考えて自粛しました。

 

 

 

     


  文章校正は後日。


*1:北海道と関東観光地のソフトクリームとの比較評価は、極々個人的な感想です。