チコちゃんに叱られないブログ

ブログ向上で生活を豊かにしましょう。

大葉が上手に育っている件と柿の実がカラスに襲われている件と落ちる柿の実の音でドキッとする件


屋上家庭菜園の件 

2019年8月30日

 

地球温暖化防止で建物の屋上などに緑をなどで行くと、家庭菜園を早々に屋上に作ってあるうちなどはその最先端を行っている感じである。と言っても5-6坪なんだけどね。

 

最初のころは一生懸命開梱してたのだけど、三日ではないが三年ぐらいで飽きる性質故に今はその家庭菜園に飽きている状態です。

 

家庭菜園が、跡を耕す人がいない、どこかの放置された野良畑状態です(笑)

 

f:id:i-shizukichi:20190705192932j:plain

 

放置された野良畑状態と言って笑っている場合じゃないんだけど、雑草ってホント逞しくて雑草の精神見習いたいぐらいだけど、人も生きているってそれだけで雑草同様に地球上に憚っているわけなので、なるほど人間は地球でみればもっとも始末の悪い雑草であるなあとも思うし、単一の種が世界に普遍なく生息しているのは生態系的に考えてもやっぱり異常なのではないかと思う。

 

云わば、人は地球にとって生命として生まれたが、どんな動物や最近はてはウィルスからしてみても唯一オンリーの鬼っ子なんじゃないかと思う。この鬼っ子の超未来は宇宙に散っていくことになるのか、それ以前にレミング状態となるのか、それは神の時間なければ見ることも知ることも出来ないだろう。 

 

おいおい、たかが5-6坪の屋上菜園でそこまで話を広げる必要はあるのかいってもんだけど、なんで室温28度で肌寒すぎるんだよ!

 

しかも雨が降っているし、少しは鬱に哲学にもならない哲学的なことを考えたりしちゃうのも鬼っ子の性でもあるのさ。なんて嘯いても、これじゃ爺の中二病にしかならないわな(笑)

 

じゃあ屋上の大葉でも紹介しよう。

f:id:i-shizukichi:20190830093809j:plain

雑草の中に大葉が元気に育ているんだよ。

 

そういえばアフリカだったか南米だったか、畑作でいろんな種類をごちゃごちゃに植える栽培方法であんがいいろいろな収穫できるってのをTVで見た記憶があるから、雑草も生えないような畑(除草剤使用?)で化成肥料だけで作っている日本の野菜の方が不自然なのかもしれないなあなんて思う。

 

たい肥なんて使う農業をちゃんやっているんだろうか。少なくとも私の住む回りの農地にたい肥がすき込まれているのは見たことがない。草むしりしている人もいないのに見るのは草も生えなくて化成肥料の粒がばらまかれているような畑ばかりだ。それでも農地改善に腐葉土などはすき込まれてはいるようだ。

 

別段に農業の批判を、それも一部の農地を見ただけで大げさに批判したいわけじゃないんだ。いつも30度で脳みそが適当にもやっとしているのに、なんたって今朝の気温の28度の脳みそなので、少し世の中を斜に見る部分が活発に動いてきたのかもしれない。

 

この2度の差は体温であれば、えらいこっちゃえらいこちゃよいよいよい踊る阿呆に見る阿呆同じ阿呆なら踊らな損々と、徳島の阿波踊りをやりだしたみたいだわ。自慢じゃないが、零コンマ数度体温が上がるだけうんうん言って寝込んじゃうタイプなんだ。そう、わたくし深窓のおぼちゃまなんですよ(笑)

 

、話がさっぱり進んで行かんわい!

 

んで、こんなに立派な大葉が何本か育っているけど、家事消費ではあり余り過ぎちゃいますね。

f:id:i-shizukichi:20190830095238j:plain

 昨日の昼食はこの大葉を使ってハンバーグを作りました。大葉を使ってじゃなくて大葉をハーブとして使ってですね。

 

 

この大葉は実は貰いもので、この記事の少し前に屋上の家庭菜園に植えておいたものです。その時に大葉の葉を入れた料理がこちら。

 

もう忘れていたけど、大葉を使って作ったつゆでいただくこの素麺は美味しかったんだよ。この記事の中にも屋上の家庭菜園の画像がある。

 

その画像の中に柿の木が写っているんだ。

 

その柿の木のカキの実が赤く色づいていました。

f:id:i-shizukichi:20190830100531j:plain

カキの実をよく見るとなんだか取りに突かれて食べられているものもあります。

f:id:i-shizukichi:20190830100613j:plain

f:id:i-shizukichi:20190830100618j:plain

f:id:i-shizukichi:20190830100623j:plain

三枚目の鳥に食べられた柿の実を見てるとその跡から、これはたぶんカラスが突いているんだろうと思います。

 

品種は確か富有柿だったと思ったけど、栄養分が足りないからもあるし、摘果もしないから小さい実しかなっていません。

 

柿はこれ以上育てられない実を勝手にぽとぽとと落とします。

 

屋上の家庭菜園に落ちている分には良いのですが、柿は一番奥に植えてあり、その奥の下には植物栽培の小屋事ラン小屋があるのです。ラン小屋の屋根は塩ビの波板で葺いてあります。

 

家庭菜園の下は私の寝室です。

 

柿の木は寝室の上の屋上の端に植わっています。

 

寝室は吐き出し窓のベランダがあり、そのベランダの先にラン小屋があります。そのラン小屋に不要な実を柿の木がときどき落とすのです。

 

その時の音が「ど~ん」とけっこう大きくて、「何ゴト?」ってって思っちゃうのです。寝入りばなだと大きな音でびっくりしちゃいます。

 

昨日ハンバーグにハーブとして大葉を入れていただきました。大葉の入っている感想をは書き忘れたけど、ハンバーグに大葉も意外にいいものです。

 

その大葉を取りに行って柿が赤くなっているのに気が付き、まだ色上りがいまいちだけど色のよさそうな柿を捥いで齧ってみました。カラスが食べているぐらいだから甘いのかなって思ったんだ。渋くはもうないけど、まだ甘いって程じゃなかったです。

 

まあ、それだけの事なんですわ。

 

 

◇◇◇◇◇

 

 


f:id:i-shizukichi:20190722094759g:plain 


CM

  1. 旅行なら楽天トラベル  
  2. 新品も中古も激安PC勢ぞろい!パソコン買うなら楽天市場
  3. 楽天トラベル