へのへのもへじ

ブリーチ金髪、心は十八歳、頭は痴呆じじいは漫筆ブログ家アーティストです。(スマホもPC表示推奨)

コメント欄の目から鱗的活用方法を公開しちゃいましょうと思いましたりしちゃったりしましたよ!


コメント欄でHTML活用

2019年10月21日 

 

タイトル通りなのでコメント欄を中心に参照ください。

  

f:id:i-shizukichi:20190705192932j:plain

 

コメント欄は[編集見たまま]と[HTML編集]が合体した形になっていますので、直接タグを打ち込んで投稿すると、掲載時に記載ミスが後で見つかったりすることもありますので、予めメモ帳などで原稿を仕上げてからコピペで書き込むと良いでしょう。

 

編集的にはホームページを作ったことがある方なら、ホームページ編集ソフトで記事を書く感じと思ってください。

 

 左アイコン右セリフ用

<img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/i/i-shizukichi/20190823/20190823175656.jpg" align="left" hspace="20" /><br>

セリフはこの間に書き入れます。

<br clear="left"><br><br>

 

右アイコン左セリフ用

<img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/i/i-shizukichi/20190823/20190823175702.jpg" align="right" hspace="20" /><br>

セリフはここの間に書き入れます。

<br clear="right"><br><br>

 

使ったタグ一覧

使ったタグ一覧ですが、左アイコン用と右アイコン用タグは上記参照。

<font size="半角数字">文字の大きさを変えるタグ</font>

<font color="red">文字に色を付けるタグ</font>

<b>太字にするタグ</b>

<font color="red" size="半角数字"> <b>タグの組み合わせ</b> </font>

たった、これだけです。

 

終わりに

 テスト的ですから自分の記事のコメント欄を利用して試しましが、コメントは基本的に他の方の記事に対して行う行動ですから、他の方の記事に対して行うときは画像などで捕捉したい時や文字を強調する程度にとどめておくと良いでしょう。

 

コメントに画像を入れるのは以下のタグになります。

<img src="ここに画像のURLを貼り付ける">

自分のコメント欄に自分のアイコン画像など貼り付けてみたら、コメントに画像貼り付けの練習になると思います。

 

画像が貼り付けられれば、こんなところに行って来たや、こんな料理だよなんてコメントがカラフルにもなってより分かりやすくなりますね。

 

画像貼り付けの場合は画像がネットにあることが大事ですから、まずはネットに画像をアップロードしておきましょう。簡単に行うには Hatena Blog で記事作成の時に画像がアップロードできますから、画像をアップロードして記事作成はキャンセルするでOKでしょう。

その後 Hatena fotolife で目的の画像を捜し画像の上で右クリックでURLのコピーメニューをクリックして貼り付けておきましょう。これも事前にメモ帳などを利用してコメントを先に作成しておくのが良いでしょう。

 

コメントは削除できますが、他の方の記事へのコメントは削除しても書いた通知は連絡が行きますので、コメント投稿がなかったことにはできません。

 

コメントは削除できますので、自分の記事のコメント欄でテストしてから他の方のコメント欄に貼り付けしましょう。

 

また、他の方の記事で画像を投稿する場合は自分で撮影した画像で他の方の顔などの肖像権がないもの(他人の顔がはっきりと分かるように映っていないこと)、や自分で作成したイラストに限定です。

 

他人の著作物の流用は法律違反になります。減に慎んでください。日本のようにネットでの活動が匿名だから自分が誰か分からないだろうなんて思って、ネットだとこの辺のモラルに対して緩む方がいますのでご注意願います。

 

ネットだろうが何処だろうが、あなたはあなたでしかありません。ネットに足跡は残っていますので、匿名性などは表面上の事だけです。

 

 

◇◇◇◇◇ 

 


f:id:i-shizukichi:20190722094759g:plain 


CM

  1. 旅行なら楽天トラベル  
  2. 新品も中古も激安PC勢ぞろい!パソコン買うなら楽天市場
  3. 楽天トラベル