チコちゃんに叱られないブログ

ブログ向上で生活を豊かにしましょう。

袋田の滝と花貫渓谷の紅葉と日立おさかなセンター味勝手丼


袋田の滝と花貫渓谷

2019年11月12日 

 

明日は日帰りバスツアーに行く予定です。

 

10月末の誕生月記念の2泊3日の京都旅行は、インフルエンザで参加中止にしましたので、日帰りでも久しぶりの旅行となります。楽しみです。 

 

茨城県は東京都との近県ですけど、埼玉県と千葉県にブロックされていてあまりご縁がないですが、野菜など茨城県のお世話になっているお国です。

 

f:id:i-shizukichi:20190705192932j:plain

 

そういえば近県だけど茨木県に観光に行った記憶はほとんどないなあ。

 

一度袋田の滝は見てみたいと思っていたので、四季の旅さんでお手頃ツアーがあったので参加することにした。

 

 

前回四季の旅さんでは富士山下山ツアーでお世話になりました。 ほか、今年は尾瀬も四季の旅さんを利用しました。

i-shizukichi.hatenablog.com

 

この時に都庁地下大型バス駐車場での集合時に、四季の旅さんの専用バスが来ていたので、四季の旅さんの専用バスで今回のツアーというので、専用バスに乗ってみたかったのもあるのだ。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/i/i-shizukichi/20190926/20190926070922.jpg

四季の旅さんの専用バスです。今回こちらのバスで茨城県まで旅行するのです。

 

それともう一つの楽しみは日立おさかなセンターでの勝手丼(みがってどん)を食べてみたいなあって思ったのもあります。

www.youtube.com

 

花貫渓谷のモミジのトンネルも紅葉が美しいようなので楽しみです。

 

四季の旅さんのパンフレットから引用です。

 

茨城県にある花貫(はなぬき)渓谷へ。


こちらにはモミジの林が広がっており、まさに紅葉らしい紅葉を見ることができます。しかも、川の両岸から木の枝がせりだしているので、「紅葉のトンネル」になっています。


見どころスポットは、渓谷にかかる汐見滝吊り橋からの眺め。赤やオレンジの紅葉が左右に広がる景色は絶景! さらに、葉が散ってきている時期に行くと、葉が地面に落ちて、鮮やかなオレンジの「紅葉のじゅうたん」が見られます。写真で見ただけでも「うわ~! 行ってみたい!」と思うほどです。息を飲む美しさに感動すること間違いなし!

 

四季の旅

 

そしてもう一つは袋田の滝です。

www.youtube.com

 

四季の旅さんのパンフレットから引用です。

 

袋田の滝は、華厳の滝那智の滝と並び、日本三名瀑といわれています。

高さ120メートル、幅73メートルで、男性的な猛々しさと女性的な繊細な美しさを併せ持つ滝です。

 

平安時代の歌僧・西行法師が袋田の滝を見て、「花もみち 経緯にして 山姫の 錦織出す 袋田の瀧」と詠って称えたほどの魅力があります。 この日本三名瀑と紅葉のコラボが観られるんです!


周辺にはカエデやクヌギの木が生い茂っており、紅葉をお楽しみいただけます。

四季の旅

 

一度見たいと思っていた袋田の滝は、私がウチョウランという野生ランに夢中になっていた頃、袋田の滝近くで採取されたとかの個体で「袋田」と名付けられたウチョウランがありまして、当時中サイズでも7~8万円ほどしていたのです。

 

当時は高くてとても買えないけど、欲しいなあって思いを募らせていたので、そんな関係で一度袋田の滝に行ってみたいなあって思っていたのです。

f:id:i-shizukichi:20191112175744j:plain

ウチョウランの園芸品種です。(フラスコ内播種育成個体)

f:id:i-shizukichi:20191112175740j:plain

世の中がバブルになる前に山野草ブームがありまして、その中でも小型の野生ランなどが特に人気で、その中でもウチョウランの花色変異個体が異常な価格で取引されていたのです。2-30万円は当たり前で、時には100万円なんて品種も出る有様でした。

 

そんなウチョウランもフラスコ内での無菌的実生が容易であることから、今では初夏にはホームセンターで数本入りで500円~1000円ぐらいで販売される時代になりました。

 

ウチョウラン自体は赤紫っぽい花が標準個体でそれだけでも美しいものです。赤紫花のウチョウランが標準個体なのですが中には変異個体がありまして、白地に赤い斑点がある個体を白紫点花といって、バブル前期にはそれはとても高価で、それこそ数十万円もしていたものがざらにありました。

 

そんな中で袋田は白紫点花して求めやすい方で、しかも名前がよく知られている品種なので、ウチョウラン栽培で白紫点花の最初の入手目標とされていたものです。

 

そんな関係でそのウチョウラン白紫点花の「袋田」の名前のいわれとなった袋田の滝に、そのうちに行ってみたいなあって思っていた願いがやっと明日叶うわけです。

 

とは言え袋田の滝も楽しみなのですが、今ではどちらかというと花より団子で、あかつ水産の勝手丼の方に関心が強いかもです。

 

 

www.ibarakiguide.jp 

日立おさかなセンターは道の駅とのことで、食べるところはたくさんありそうですから、 味勝手丼に限定しないで何か美味しいものをいただけたらと思います。

 

旅行記は後日記事にさせていただきます。

 

追記:

明日11月13日は茨城県民の日だそうです (´▽`)♪

 

 

◇◇◇◇◇ 

 


f:id:i-shizukichi:20190722094759g:plain 


CM

  1. 旅行なら楽天トラベル  
  2. 新品も中古も激安PC勢ぞろい!パソコン買うなら楽天市場
  3. 楽天トラベル