チコちゃんに叱られないブログ

ブログ向上で生活を豊かにしましょう。

音声入力で作った詩のようなもの😎


音声入力で作った詩のようなもの

2020年6月14日 

 

最近音声入力を使用するようになって、外出時にスマホで簡単な声のメモを取っている。ちょっとした思いつきや、ブログ記事になりそうな考えたことをメモしている。

 

その音声入力メモから、パソコンの音声入力で散文詩を作ってみた。

 

実に適当に作ったような詩なのだけど、その詩の中には、自分の死生観が結構はっきりと出ていることに少しばかり驚きと衝撃を受ける。

が、これも厳しい一つの現実ではある。 

f:id:i-shizukichi:20200528172626p:plain

 道

僕の前に道はある

ある道を僕は歩く

道から外れることを恐れ

ただひたすらに

ある道を歩いて行く

僕の歩いた後ろに

道はできたのだろうか

いやそれは僕の道ではない

誰かが歩いて出来た道だった

誰かが歩いた道を歩く

何も残せない

何も生まない

ただある道を

歩いてきただけ

歩いてきた道は

引き返すことはできない

歩きたくなくても

歩くしかないのだ

這いつくばっても

1ミリも進めずとも

歩くしかないのだ

たとえその道が

奈落の底へと続く

断崖絶壁に

繋がるとしても

それが

ただ歩く者の

宿命なのだ

 

 

銭湯

夕刻になると散歩に出る 

1時間ほどの道を

のんびり歩いて

銭湯に行く

番台に入浴料金を払う

暖簾をくぐり脱衣場に向かう

ロッカーに衣服をしまう

生まれたままの姿で 

浴室のドアを開ける

すでに十数人の人たちが

風呂場を使っている

身体にシャワーを浴び

露天風呂に入る

今日はワイン風呂

明日は何風呂か

露天風呂を出て体を洗う

それからマッサージ湯の

泡のジェットで

体をもみほぐす

体が熱くなってくると

ぬるめの温度の

炭酸泉に入る

炭酸泉でぼーっと浴室に

浸って時を過ごす 

ああ

ぼくはなにをやせんと

 

 

ひたひたと

聞こえるか

聞こえないかのような

ぼくの後ろを

ひたひたと

ついてくるかのような

足音を感じる時がある

誰かがぼくの後をついてくるように

ひたひたと歩いているのか

ぼくと行き先は同じなのか

そんなことを考えながら

時折耳に届く

ひたひたと

足音を聞くが

誰もいないよ

そう思っている

山道を歩いている時

不意に耳に届く

ひたひたと後ろをついてくる

意を決し

振り返り

目を凝らすも

誰も居はしない

空耳なのか

そう思って

また歩き始める

しばらくは

ひたひたという足音は

聞こえはしない

ふと

気がつくと

またぼくの後ろを

ひたひたと

誰かが歩いてきている

そんな音がする

人がほとんど来ない

この山道で

珍しく

今度こそは

誰かが登ってきたのかな

そう思って

後ろを振り返ってみる

やはり誰もいない

ぼくの後ろをついてくるような

あのひたひたという足音は

一体何だろう

そんな事を考えながら

山道を歩いて行く

そうして

気がつかざるを得ないことがある

ぼくの後ろについてくる

ぼくの後ろの足音は

それは

ぼくを追いかけてくる

ぼくの足跡なのだ

時が

ぼくを追いかけて

お前の時間は

残り少ないのだと

教えにやってくる

それはぼくを包む

ぼくの影の足音 

余録:

アメリッシュさんが6月13日の記事で詩作を公開なさっていました。題は『雨の日に』です。コラボで詩の朗読はらんらんさんという方がなさったのです。アメリッシュさんの『雨の日に』は、心の不協和音を歌い上げた詩のように感じました。

翌6月14日に静吉も詩らしきものを予約投稿してありました。ただの偶然の一致に過ぎませんが、静吉も自分の心の中の不協和音を精一杯に表したものです。

 

◇◇◇◇◇

 

 

YouTube チャンネル登録

  

Amazon.co.jpアソシエイト

ルイ・ビトン

ルイ・ヴィトンiPhone X iphone XS

ミニショルダー

スマホ

日常は非日常時代へ

持とう・ミラーレス一眼

パソコン

Amazon:Prime Student

パナソニックミラーレス一眼

 

f:id:i-shizukichi:20191224132335j:plain


 

GOLF5 クレンジングバーム プレズ<Plez>_男性向け 120×60 レディアス美容クリニック