チコちゃんに叱られないブログ

ブログ向上で生活を豊かにしましょう。

旧甲州街道・駒木野関跡のバス停から八王子城山へ行き富士見台経由で戻る😎

太鼓曲輪尾根と八王子城

2020年8月24日 

 

ほんじゃらまか、はい、獰猛どうもうです。

中高年の星☆爺婆の太陽 の静吉プレゼンツでございます😍

 

 

低山登山ハイキングに行こうと思っている。

暑いので水はたっぷり持っていく。

水道水2リットル強に、ポカリスエット1リットル。

f:id:i-shizukichi:20200816193210j:plain

 

 

f:id:i-shizukichi:20200816193342j:plain

 

 

f:id:i-shizukichi:20200816193357j:plain


 

 

前回見つけた万年茸が大きくなっていました。

f:id:i-shizukichi:20200816193408j:plain

 

 

f:id:i-shizukichi:20200816193520j:plain

 

上り坂の途中で木につかまって息を整え休憩。 

f:id:i-shizukichi:20200816193635j:plain

 

穴が三つあればだいたい顔に見えるのが心理。

f:id:i-shizukichi:20200816193710j:plain

 

 

 

f:id:i-shizukichi:20200816193851j:plain

 

f:id:i-shizukichi:20200816193935j:plain

 

太鼓曲輪尾根に降り着いてから少し来たところです。

ここは左右に踏み跡がありますが地図上では行き止まりになっています。

行けなくもないそうですが、歴史マニアでもない限りは行かないのが正解です。

f:id:i-shizukichi:20200816193947j:plain

f:id:i-shizukichi:20200816194158j:plain

狭い尾根道ですが樹木で日影になり、風も吹き上がってくるので気持ちが良いです。

f:id:i-shizukichi:20200816194213j:plain

 

直進は第五堀切になります。

左へエスケープする道があります。

f:id:i-shizukichi:20200816194233j:plain

とりあえず奥まで行って第五堀切を見てみます。

f:id:i-shizukichi:20200816194248j:plain

 

戻ってエスケープする道へ行きます。

堀切の底に下りたところです。

堀切は敵軍が尾根伝いに攻めてきたときに、障壁(底ですがw)となるように尾根を彫り砕いて分断させたものです。

f:id:i-shizukichi:20200816194438j:plain

 

第四堀切。

f:id:i-shizukichi:20200816194706j:plain

 

 

f:id:i-shizukichi:20200816194751j:plain

暑くて静吉からエクトプラズムが放出・・・ではありません。

このような棒を拾って進行方向にあらあら畏み畏みと棒を振って蜘蛛の糸を取り払いつつ進むのです。

 

f:id:i-shizukichi:20200816194823j:plain

 

 

縦に張った蜘蛛の糸は珍しいと言うか、はじめて遭遇。

f:id:i-shizukichi:20200816195138j:plain

 

f:id:i-shizukichi:20200816195241j:plain

f:id:i-shizukichi:20200816195250j:plain

 

 

 

 

f:id:i-shizukichi:20200816195255j:plain

 

八王子城跡跡に到着です。

ここで昼食に持ってきた冷凍の炊き込みご飯をいただく。

まだ解凍があまいが少し冷たくて逆に美味しくいただける。

f:id:i-shizukichi:20200816195549j:plain

f:id:i-shizukichi:20200816195710j:plain

 

2019年雨台風19号でここの橋が落ちていたけど復元されている。

画像は橋を渡って北方向を撮影。

f:id:i-shizukichi:20200816195718j:plain

 

 

f:id:i-shizukichi:20200816195831j:plain

 

涼しそうなベンチがあったので、登山を止めてここで寝ようと思って横になった。

蚊が飛んできたりありがやって来たりで寝られない。

 

 

山鳥が数羽走って逃げていった。

f:id:i-shizukichi:20200816200159j:plain

山鳥がいたのはこの階段を登りたくないと思ったので左にある道が迂回路かと思って入っていった日当たりの良い場所でした。

少し行ってみたけど道が登りになりそうにないので、戻ってこの階段をやはり登るのだ。

f:id:i-shizukichi:20200816200239j:plain

 

低山ですが急峻な山です。

周りに樹木がなければ高山よりも怖い感じの場所だと思います。

f:id:i-shizukichi:20200816200445j:plain

f:id:i-shizukichi:20200816200553j:plain

やっと九合目です。

f:id:i-shizukichi:20200816200611j:plain

 

八王子市の市街地が見晴らせます。

f:id:i-shizukichi:20200816200627j:plain

 

頂上って書いてあるけど、頂上なのかい?

f:id:i-shizukichi:20200816200708j:plain

右の東屋は休憩処です。

売店などはないよ。

こうやってまだ上があるから、あそこが頂上って言われてもねえ…

f:id:i-shizukichi:20200816200830j:plain

 

 

f:id:i-shizukichi:20200816200858j:plain

 

これからまだ富士見台へ行かねばなりません。

のんびりしている暇はないのです。

f:id:i-shizukichi:20200816200929j:plain

消火用ポンプとかです。

漕ぐと冷たい水がでますが飲用になるかどうかは知りません。

とりあえず火照った顔を冷やすには十分です。

f:id:i-shizukichi:20200816201030j:plain

 

ちゃっちゃと行きませう。

f:id:i-shizukichi:20200816201206j:plain

f:id:i-shizukichi:20200816201228j:plain

 

ここも堀切だねえ。

昔、最初来た時は知らないで、倒木が倒れている左の方へ進んで藪の中になって尾根目指して登って登山道に戻りました。

その頃は倒木はなかったです。

f:id:i-shizukichi:20200816201252j:plain

 

 

f:id:i-shizukichi:20200816201418j:plain

 

富士見台に行くには、倒木がある先をすぐ左に曲がります。

f:id:i-shizukichi:20200816201502j:plain

詰の城はちょっと高台になっていて、どっち方向が登山道か分かりにくいので注意です。

城はなく跡地のみです。

f:id:i-shizukichi:20200816201537j:plain

f:id:i-shizukichi:20200816201737j:plain

詰の城から降りてくるとここも堀切です。

f:id:i-shizukichi:20200816201744j:plain

画像左の日の当たっている箇所が登山道です。

 

f:id:i-shizukichi:20200816201841j:plain

ヤマホトトギスが咲いていました。

 

歩く人 ヤマホトトギス 眺め見つ

季節の終わり 胸を打つやも

 

f:id:i-shizukichi:20200816202219j:plain

何度かの

f:id:i-shizukichi:20200816202229j:plain

アップダウンを繰り返し

f:id:i-shizukichi:20200816202238j:plain

また登るのかと思いしにまた下がり

f:id:i-shizukichi:20200816202254j:plain

再度また登ればようよう見えたる富士見台の標識。

f:id:i-shizukichi:20200816202306j:plain

f:id:i-shizukichi:20200816202313j:plain

 

富士見台では子連れで親子3人家族がテーブルで休んでいました。

自分も休憩したかったのですが、密になるので諦めて下山を開始しました。

 

 

いつの間にか枯れ倒木が登山道を塞いでいました。

既に人が踏みつけて枯れ木が凹んでいましたけど、ちょっとまだ邪魔だなあ。

f:id:i-shizukichi:20200816202749j:plain

 

どんぐりの若い身がもう落ちている。

f:id:i-shizukichi:20200816202901j:plain

 

クマザサ山は例によって迂回路を行きます。

f:id:i-shizukichi:20200816202926j:plain

 

この大きなブナが熊笹山で突出して見えているブナの木なのかな。

小下沢林道へ行くとき右手に見えているのが熊笹山です。

f:id:i-shizukichi:20200816203002j:plain

 

 

f:id:i-shizukichi:20200816203211j:plain

する差し分岐です。右に行けは荒井バス停方向で、左というか直進が駒木野関跡方向です。どっちに行っても道は長いのです。

ここではバナナを頂きました。

 

途中コクワガタさんと出会いました。

蜘蛛の糸が顔の周りにまといついて動きにくそうでした。

顔の蜘蛛の糸をとってやり逃してやりました。

多分、この後に、コクワガタの恩返しで静吉は億万長者になれるはずです。

f:id:i-shizukichi:20200816203342j:plain

 

いつも気になるカーブする尾根底です。

画像は地蔵平側から撮影です。

f:id:i-shizukichi:20200816203530j:plain

 

 

 

こんなに脚が汚れていました。

f:id:i-shizukichi:20200816203647j:plain

勝手知ったる山なのでサンダルで歩いてもなんの問題もなかったです。

しかし、かなり古いサンダルなので、セレオのビクトリアに行ってハイキングもできそうなサンダルを選んでもらうことにしたいと思います。

初めて行かれる方は、足首まだカバーしてくれるミドルカットの登山靴か、最低限ハイキングシューズを使ってください。

 

 

 

 

 実際のところかなり疲れました。

最後は自転車を漕いで買えるのもちょっとしんどかったです。

でも自転車に乗っていればその分休憩みたいなものなので、帰ったときになかなり元気になっていました。

それでも9時過ぎには就寝しちゃったようでした。 

 

 

 この記事は 中高年の星☆爺婆の太陽 静吉がお届けしました😎 

 

◇◇◇◇◇

 

 

YouTube チャンネル登録

  

Amazon.co.jpアソシエイト

ルイ・ビトン

ルイ・ヴィトンiPhone X iphone XS

ミニショルダー

スマホ

日常は非日常時代へ

持とう・ミラーレス一眼

パソコン

Amazon Prime お得♡

パナソニックミラーレス一眼

 

f:id:i-shizukichi:20200621012743j:plain


 

GOLF5 クレンジングバーム プレズ<Plez>_男性向け 120×60 レディアス美容クリニック