チコちゃんに叱られないブログ

ブログ向上で生活を豊かにしましょう。

異界に紛れ込んだララさんを救出に!😎

西浅川町

2020年9月8日 

 

良いか良異界よいかい、はい、獰猛どうもうです。

中高年の星☆爺婆の太陽 の静吉プレゼンツでございます😍

 

 少し前にこんな記事を書いたのです。

 

i-shizukichi.hatenablog.com

 

そうしましたところララさんから興味深そうな情報をコメントで頂きました。

 

  • ララ (id:lalanoniwa)

    私は霊能力があったらいいなと思いますが、残念ながら全然ないです。
    丁度2015年の夏頃、両界橋が映ってる一番最後の写真の向かって右側に、ナビにも出てこない地域がありました。
    ほとんど放置された住宅地?だったと思います。
    その中で迷いに迷って「ここから一生出られないのではないか?」って焦った記憶があります。
    他にも静吉さんが書かれてる事と同じ様な体験があったので「霊能者さん?」って思いました(笑)

     
  • 静吉 (id:i-shizukichi)

    ぼくには霊能力的なものは皆無です。
    ここは低山登山ハイキングに行くとに通る場所なのでどうしても目につくのです。
    今日も北高尾山稜方面に行ったので通りました。
    新しいお花と、大きな缶コーラーが添えられていました。

    ララさんはなんとなく霊的なお力がありそうな感じがします。

    delete
  • ララ (id:lalanoniwa)

    もしかして、、、、、、
    静吉さんって霊能者さん?
    2015年の夏に、この近辺で同じ事を思った記憶があります。
    その記憶が蘇りました

 

 またこんな記事も書きました。

i-shizukichi.hatenablog.com

 

それでララさんとコメントでやり取りしましたので、そのコメント欄を転載します。

 

  • 静吉 (id:i-shizukichi)

    >徘徊老人として街頭スピーカーで探してもらうように八王子市役所に電話しますので📞 😆

    😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭

    で、転ばぬ先の杖として、先程の航空写真をプリントアウトしておきました。これで安心です😇

    高尾山と八王子城跡は地図上では遠くないですが、動線としては遠いので別々に分けて訪問なさることをおすすめします。

    八王子城跡は意外と心霊スポットとしても有名みたいです😱
    鈍感な私にはとんとご縁がありませんけど😁

     
  • ララ (id:lalanoniwa)

    道に迷ったら、ツイッターでHelp下さい。
    うちから助けに行ったら長時間かかって、その間に天界に連れてかれちゃうかも知れないので、
    徘徊老人として街頭スピーカーで探してもらうように八王子市役所に電話しますので📞 😆

    八王子城はその後も何度かトライしたのですが、見つけられずでした。
    あそこはうちのナビではたどり着けない、鬼門かも知れません。
    今度高尾山に行く時にバスで近くまで行ってみようと思います。

     
  • 静吉 (id:i-shizukichi)

    俄廃ラボ者としては今からちょっと楽しみにしています。
    もともと、すっごい方向音痴なので、もし迷ったらしばらく戻れないかもしれません。
    たとえ戻った日にちが現在時間であったとしても、その間数年彷徨っていたんだと思ってください…

    怖い🤣

    その時は助けに来てください😱

    八王子城跡は高尾街道から元八王子で61号線(美山通り)に入り中央自動車道のガード下をくるり抜けてすぐの信号を左に入るようですが、この方法で行ったことは一度もないです。小仏道(516号線)のいつもの駒木野バス停から太鼓曲輪尾根を通って行っています。

    自分はペーパードライバーなので、元女房が車でアチラコチラへとよくドライブに連れて行ってくれたのですが、車に乗ると最初に騒いであとは寝ているので道順などさっぱりです😅

     
  • ララ (id:lalanoniwa)

    確かその赤丸の地域だったと思うのですが、大木の下に家が何件かあったので、多分航空写真で見ると分からない所だったと思います。

    その近くを車で通っている時にナビに「八王子城跡」って書かれてるのを息子が見つけて「ここ行ってみたい」って言われて行ったのですが、結局八王子城跡は見つけられませんでした。

    その途中で迷い込んだ住宅地だったんです。

    記憶の中からは抜け落ちてたのですが、今日の廃墟の記事を読んで「そうだ、お寺に突き当たって、道沿いに進んだら墓地だったんだよなあ、それでちょっと引き返して住宅街の中に入っていったんだっけ」って思い出しました。

    くれぐれも迷子に成らないように、気をつけて探検してみて下さい😉

     
  • 静吉 (id:i-shizukichi)

    ララさんこんにちは😇

    以前迷い込んだというところですね。
    ここは抜けられない袋小路なので住民しか入る人はいないでしょうね。
    ストリートビュー観音堂の少し先で終わっています。

    航空写真で見るとこんな感じですね。

    いつもこの川沿いを(赤い線)通って甲州街道に出ています。

    白い楕円は墓地です。
    赤い楕円のあたりかなあと思うけど、航空写真を拡大して見る限り廃墟が並ぶ地域には見えないです。
    ですが、実際に行くと画像とでは違うので、通りついでなので寄ってみようと思います。

    袋小路の一角なので、他の侵入を許さないぞ的な雰囲気がありありに出ていて、それでララさんは違和感を強く感じてそのような印象を持ったのかかもしれないです。

    行ってみて面白そうだったら、記事にしてみますね😍

     
  • ララ (id:lalanoniwa)

     

    前に、

    https://i-shizukichi.hatenablog.com/entry/2020/08/15/073000

    で、話してた、廃墟が並ぶ地域って、↓ここらへんです

    f:id:lalanoniwa:20200830100542p:plain

     

    両界橋から金南寺に向かうと、金南寺の手前の道を左に行って、突き当りを右に行くと、確かあったと思います。

    車のナビにも載ってないし、Googleマップでもストリートビューが見れません。

    確か当時スマホGPSも正確じゃなかったと思います。

     

    ちょっと高台ですので今度低山ハイクついでに探索してきてください😉

      Add Star

 

 

って、事なのでララさんの特任を受けて、良いか良異界よいかいハンターの静吉が西浅川町に潜入してきましたのだあ。

 

潜入したのは2020年8月も終わりの31日の月曜日でした。 

 

午後一時過ぎころには雨模様になるらしいのですが、ひとっ走りとばかりにアシストしてくれない元アシスト自転車事筋トレチャリを漕いで高尾山や高尾山稜登山をする時に走る南浅川の土手を高尾山方面に向かって西走します。

 

つまり南浅川の上流を目指すわけです。

 

チャリに乗ったおいら、何処から見てもかっこいいねえ😍f:id:i-shizukichi:20200901164257j:plain

行き交う人もチャリの人も、おいらを見つめている。

いやあ、本当にモテるってもう辛いから🤣

と思ったら社会の窓が全開で、おいらの暴れん坊バナナ君が顔をだしていた😅

これ、記事を面白くするためのお話…作り話…ですからね🤣 

ほんとそこのところ、誤解なきようよろしくお頼み申します。 

 

月末の31日のこととて、今まではたくさんの親子が遊んでいた陵南公園西端側の古道橋付近の南浅川に誰もいない…夏が終わったんだね😫

f:id:i-shizukichi:20200901165115j:plain

古道橋を渡って坂を登りきって左左と進んで廿里町の中を突っ切ってサイド南浅川の左岸土手を走り終わる頃に例の西浅川町に到達する。

 

ここが霊のいや例の異界の地への入り口だ。

f:id:i-shizukichi:20200901165426j:plain

※西浅川にお住いの皆様にもしこの記事が目に触れたとしましたら、この記事はお遊びですので大きな目でどうぞご容赦ください。 

 

チャリを漕ぐ足がとたんに重たくなる。

背中に汗の玉がつーっと伝わり走る感覚が嫌にはっきり分かる。

以下命に、いや異界の地に足を入れるのだから、心せねばならぬ。 

 

航空写真地図で赤楕円辺り、ララさんが彷徨って出られなくなりそうだったという観音堂の手前横の路地に入る。

f:id:i-shizukichi:20200830153507j:plain

 

ふむふむ…とりあえずは普通かなと思ったら、鴉がくわ~と哭いて空を飛ぶ。なんだか不気味になってきた。

このまま進んで、おしっこ漏らさなければよいが…ん、老人性失禁かって、ちゃうわい😭

f:id:i-shizukichi:20200901170307j:plain

 

異界へ続く道なのかなんだか寂々としてきた感じがする。

f:id:i-shizukichi:20200901170441j:plain

・・・

 

いきなり廃墟を思わせる門扉!

f:id:i-shizukichi:20200901171039j:plain

 

地図で見ても左側はすぐに行き止まりなので右側の道を進む。

f:id:i-shizukichi:20200901171106j:plain

チャリを漕ぐ足がなんだか重いのでチャリを降りて曳いて進む …坂道だから😅

 

畑小屋と思われるがララさんが来た当時ならこのメッシュのシートはなかったろうと思われる。畑小屋にしても少し異な感じが漂う…

f:id:i-shizukichi:20200901171312j:plain

 

更に進むと空き地が多い。

f:id:i-shizukichi:20200901171537j:plain

多分この辺には廃屋が数軒あったのではないかと思われる…

 

此処から先は行き止まりだけど…もう少し近寄ってみた。

f:id:i-shizukichi:20200901171630j:plain

すると住人が不審な顔をして現れたので、「この辺で登山道を探しているのですけど登山道みたいなものはありませんか?」と聞いてみた。

 

登山道はなく行き止まりだとのことで「すみません、失礼しました」といって引き返してきました。

 

引き返す方向をデジカメしました。

f:id:i-shizukichi:20200901171840j:plain

高度成長期にはどの家も新しく植栽も伸び放題ではなくてスッキリしていたろうと思われるけど、団塊世代の最後も70を超える年代になっては築40年から50年近い家も多いのだろう…

 

日本の一般的家屋は40年から50年も経てば十分に廃屋同様の姿になるような建築物だし、特に高度成長期に建てられたような建売住宅ほどその可能性が高い。

f:id:i-shizukichi:20200901172051j:plain

なんにしても空き地が目立つ…

 

 

最初に曲がった路地を出て、寺と墓地のある方に行ってみることにした。地図でいうと白楕円の方角である。

f:id:i-shizukichi:20200901172157j:plain

やはり異常に空き地が多い。

 

チャリを停めてこれら石垣やコンクリートで区切られた区画空き地は、耕作放棄の畑なのかなと思ったところ元住居があったようで、水道メーターボックスがそれぞれにあった。

 

空き地の一角に何処のでも生えている雑草であるが名前は知らないけど異様な斑模様が入っていた。こんなのは初めて見た。

土壌の何かが影響しているのだろうか…

f:id:i-shizukichi:20200901172439j:plain

 

人が住んでいそうな雰囲気もあるが、どうやら廃屋のようである。

f:id:i-shizukichi:20200901172556j:plain

上の廃屋の手前側空き地の横を流れる枯れた沢の画像。

f:id:i-shizukichi:20200901172630j:plain

この沢は観音堂の裏手を流れ南浅川に落ちている。

 

この沢からも2019年の雨台風では相当の土砂が流れ落ちたことは、チャリで高尾山稜に向かうときに観音堂の下にある南浅川の土手を通るので見て知っている。

 

ここでもとある奥まで行くと突き当りとなり、やはり住人が出てきて不審そうな顔をしたので、先と同じように登山道はないかと聞いてみたら、「あんたこの辺はこの先は崖だから死ぬよ」なんて言われた。

 

「えっ、そ、そうなんですか見てみたいなあ」と言うと「個人の所有地だからそれは無理だ」と言われた。白山神社へ行く交差路から南浅川の土手をチャリで走っているので右手が直角に近い斜面なことは知っているけどね。それを大げさに言っているんだと思う。

 

西浅川町はなんにしても袋小路な場所なので、雰囲気的に地元住民だけってなものがあり、見知らぬ人が来るのを嫌がり警戒するのかもしれない。

 

一応の調査を終わって帰ろうと観音堂あたりに来たときに、小型の警邏パトカーが甲州街道から入ってきて私が最初に入った路地の方に曲がっていった。

 

あれ、たぶん私のことを不審者だと思って通報した人がいるのかなと思った。

 

私は堂々としているのでパトカーに遭遇しても目をそらすどころかしっかりと見つめ返してやるから、それだけで実際にこれまでに一度も不審者とは思われたことはない。

 

帰りしな芙蓉の花が豪華に咲いていた…

f:id:i-shizukichi:20200901172947j:plain

ララさんは高尾山に行っての帰りだと言っていたので、だから時間的には午後過ぎだと思うので、そんな時間帯に西浅川町に紛れ込んでしまい、しかも細い道で車は一台がやっとというが所で身動きがならなくなると、それは結構焦る場所かもしれない。

 

それに住宅が建っていた跡地がたくさんあるので、ララさんが迷った頃にはそれらの住宅が廃墟としてまだ残っていた可能性がなくはないので、ララさんにとっては余計に廃墟の町と感じたのかもしれません。

 

しかしながらやや閉塞的な雰囲気とそんな感じの住民性はあるかもしれませんが、ごく普通の一画で、たぶん高度成長期に空いている土地を使って分譲住宅が盛んに建てられて販売され、その後の高齢化により廃墟化した住宅が多くあったのだと思います。

 

現状は空き地も今は価格に求めやすく地の利の良い場所が買える時代になっているので、高尾駅からもちょっと遠い上に道も狭く袋小路な西浅川町だと人口減少下の時代では新しい家も建ちにくいかなという気もします。

 

逆に高尾山登山とかトレランをしたい方には手頃な価格で土地が買えそうに思うので、サイドハウスとしてプレハブ住宅でも建ててすむのには良いのかなと思います。実際に手頃な価格で土地が買えるどうか知りませんけどね😋

 


以上でララ様に受けた特任捜査はコンプリートといたします。

いかがでしたかララさん、がってんしていただけたでしょうか?

 

 

この記事は 中高年の星☆爺婆の太陽 静吉がお届けしました😎 

 

◇◇◇◇◇

 

 

YouTube チャンネル登録

  

Amazon.co.jpアソシエイト

ルイ・ビトン

ルイ・ヴィトンiPhone X iphone XS

ミニショルダー

スマホ

日常は非日常時代へ

持とう・ミラーレス一眼

パソコン

Amazon Prime お得♡

パナソニックミラーレス一眼

 

f:id:i-shizukichi:20200621012743j:plain


 

GOLF5 クレンジングバーム プレズ<Plez>_男性向け 120×60 レディアス美容クリニック