チコちゃんに叱られないブログ

ブログ向上で生活を豊かにしましょう。

埼玉県飯能市の伊豆ヶ岳登山…その2😎

伊豆ヶ岳登山…その2

2021年3月16日 

 

いづでもいいとも伊豆ヶ岳、廃、獰猛どうもうです。

中高年の星☆爺婆の太陽 の静吉プレゼンツでございます😍

 

伊豆ヶ岳のその1はこちらです。 

i-shizukichi.hatenablog.com

 

正丸駅の駅を背にして右手の斜め急階段を降りて、えっちらおっちらと登山コースに入ってから、うんとこせのやっこらせで前回大蔵山へ到着しましたのでしたね。

 

 

大蔵山です。

f:id:i-shizukichi:20210313150508j:plain

 

 

大蔵山から今度は五輪山を目指します。

 

f:id:i-shizukichi:20210315214314j:plain

付いてこられているのか心配してくれている感じです😅

 

f:id:i-shizukichi:20210315214330j:plain

f:id:i-shizukichi:20210315214403j:plain

 

ほどなく五輪山です。

この五輪山を下ると…

f:id:i-shizukichi:20210315214409j:plain

f:id:i-shizukichi:20210315222434j:plain

 

伊豆ヶ岳に向かうことになります。

このまま右に行けば女坂だったのですが…

f:id:i-shizukichi:20210315214724j:plain

岩場大好き同行者が岩場を行くとのことです😅

f:id:i-shizukichi:20210315214939j:plain

落石注意危険。

入るなよの虎ロープまで張ってあるというのに、岩場大好き同行者は行くと言います。

f:id:i-shizukichi:20210315215046j:plain

こんな岩場でクサリ場なのに行くと言うのです。

あなたは女坂を行きなさいと言われるので、しょうがないぼくも男坂である岩場にトライします。

 

このうれしそうな顔!

f:id:i-shizukichi:20210315215218j:plain

行きますよ、行けばいいんでしょう😭

f:id:i-shizukichi:20210315215327j:plain

実際は登りやすい岩場です。

f:id:i-shizukichi:20210315215334j:plain

クサリと手足を使って三点確保で登れば問題ないです。

慣れた方なら足場もしっかりしているので、クサリが無くても登れるほど登りやすいのではと思います。

f:id:i-shizukichi:20210315220016j:plain

 

同行者は岩場で本当にうれしそうでした。

f:id:i-shizukichi:20210315215938j:plain

 

f:id:i-shizukichi:20210315220121j:plain

f:id:i-shizukichi:20210315220131j:plain

f:id:i-shizukichi:20210315220136j:plain

f:id:i-shizukichi:20210315220143j:plain

f:id:i-shizukichi:20210315220148j:plain


そんなことで制覇いたしました伊豆ヶ岳です。

f:id:i-shizukichi:20210315215822j:plain

お腹に貫録も出ております。

伊豆ヶ岳山頂でお昼にしました。

 

おばあさんの碑がありました。

f:id:i-shizukichi:20210315220309j:plain

40数年前に伊豆ヶ岳山荘があったそうで、その山荘の人気者だったおばあさんを記念したものだそうだ。

 

40数年前の登山ブームは、今の登山ブームなんて問題にならないぐらい登山する人も多かったのだ。高度成長期でそれこそ日本が一番輝いていた時代であったとも言える。各所にいくつもの施設などが建てられたが、そののちには段々と衰退するところが多くなってしまった。

 

これから先のどんなブームなんてのも、高度成長期の圧倒的パワー不足なので比較するのも意味がないかもしれないけど、つつましやかなブームといえる。当時の登山ブームはあらゆるルートが開発されていたが、ややマイナーなルートは登山地図では破線ルートとなって残っている感じです。

 

最近はその破線ルートにも人が入るようになってから、破線ルートが登山道として復活しているところもあるみたいです。

 

f:id:i-shizukichi:20210315221502j:plain

f:id:i-shizukichi:20210315221452j:plain

伊豆ヶ岳山頂で散歩コースのように登山している方の話も聞いた。

今回同行者とのツーショットはその方が撮影してくれたものです。

 

改めて自分の姿を見て、まあ、2020年のコロナ自粛ばかりではないかもしれないけど、良くお腹が出たもんだと思いました😭

 

登山に励んでスタイルを元に戻すというよりも、近づけなけば女にも持てませぬ😅

 

とりあえず子ノ権現までは行きたいねとのことで、食事が済んで結局縦走することになりました。

 

天目指峠に向かってとりあえずは出発進行です。

f:id:i-shizukichi:20210315221320j:plain

 

f:id:i-shizukichi:20210315221527j:plain

さあ、伊豆ヶ岳を後にします。

f:id:i-shizukichi:20210315221559j:plain

f:id:i-shizukichi:20210315221605j:plain

ご覧のようにけっこうな急登に、左右は切り立ったかのような斜面の尾根歩きをします。伊豆ヶ岳から下りる斜面はかなりキューでロープが張ってありました。

f:id:i-shizukichi:20210315221612j:plain

 

伊豆ヶ岳から30分ほどで古御岳に到着です。

f:id:i-shizukichi:20210315221619j:plain

5分休憩をして出発します。

 

下り気味ですが上がったり下がったりしながら40分ほどで高畑山に到着です。

f:id:i-shizukichi:20210315221914j:plain

古御岳もそうですが高畑山にもベンチも用意されていました。

それと前に書いたかもしれないですが、シーズンには多くの人が押し寄せる人気コースだそうです。多分クサリ場なんかも日によっては順番待ちになっているのじゃないかと思います。

 

3月中旬に入ったばかりの、比較的人の少ないときに来られてよかったなあって思っています。人が多いのはまた人の多い楽しみがあるのも確かですが、人が多すぎるよりはほどほどが良いです。

 

それでは長くなったので、伊豆ヶ岳登山…その3に続くの心なのだ😋  

首都圏1000kmトレイル1 詳しい地図で迷わず歩く!  奥武蔵・秩父354㎞

首都圏1000kmトレイル1 詳しい地図で迷わず歩く! 奥武蔵・秩父354㎞

  • 作者:佐々木 亨
  • 発売日: 2015/09/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

  

 

 登山のお供にどうぞ😋

  

この記事は 中高年の星☆爺婆の太陽 静吉がお届けしました😎 

 

聴けよ静吉っつあんのオリジナル歌謡(自動再生だよ)

 

◇◇◇◇◇

 

 

YouTube チャンネル登録

  

Amazon.co.jpアソシエイト

ルイヴィトン 

ルイヴィトンiPhone X iphone XS

ミニショルダー

スマホ

日常は非日常時代へ

持とう・ミラーレス一眼

パソコン

Amazon Prime お得♡

パナソニックミラーレス一眼

 

f:id:i-shizukichi:20200621012743j:plain