へのへのもへじ

仮想通貨の取引と旅行と高尾山周辺の低山登山を楽しんでいます。

1月17日朝 仮想通貨大暴落?

小遣い稼ぎに仮想通貨勉強してお小遣い稼ぎしてみようと思って始めました。

今年から始めたので2018年組です。

※仮想通貨を2018年前半に始めた人を「2018年組」と名付けました。

1月17日朝早くに目覚めました。

今日は冨士山すそ野ぐるり一周ウォーク第五回目がある日です。早く起きてバス集合場所まで行かねばなりません。

少し時間があるので仮想通貨取引所を見てみると、なんと真っ赤っかに燃えています。こんなパーセンテージで価格が下落しているなんて、いったい仮想通貨の世界はどうなったんだ終焉の日が来たのかなんて新参者は思ってしまいます。

仮想通貨2018年組としては手ひどい歓迎を受けたものです。

仮想通貨は BTC(ビットコイン)で、他の暗号通貨はアルトコインと呼ばれています。アルトコインは1000以上あると言われています。

仮想通貨はブロックチェーン技術としてどれだけ優れているかの評価も当然あり価格に反映されますが、それよりも仕手も多いし2ちゃんねる的うわさ話でも価格が大きく動くので要注意です。

さらに仮想通貨はネットが出来なければ売買できませんから、当然ネット民が売買しています。

bitflyer.jp

だから株式投資などよりも仮想通貨の方が噂に流れやすいです。

ネット民は自分の利益の為に自分の所有する通貨の値段を上げたいとか、ある通貨を安く買いたいとかで色々と手の込んだ方法で作文をを作ります。例えば安く仕入れたい仮想通貨があれば逆にあおって値段を上げてから暴落を待って底値に近いところで手に入れるなんて真逆に見える手法も使います。

誰しもですが、自分の利益追求のためには努力は惜しみませんよ。一日だけのデイトレードでも額に汗して稼ぐよりもはるかに稼ぐのは不可能じゃありません。なんたって株式ほど膨大量の銘柄がないので勉強が楽です。日本国内で取引されているのはせいぜいビットコインとアルトコインで15種程度です。

利益誘導でこんな風にネット民はブログなどに意図的発言である場合もあって、ある仮想通貨の値段を上げたい思惑や下げたい思惑であふれていて何が本当の情報かの判断は非常に難しいです。

なになにの仮想通貨らどこどこに上場されるとかや、またどこの国が仮想通貨の規制にとかといった本当であろうと嘘であろうとそんな情報も飛び交う出すと価格が激しく動きます。

噂でも価格が動くということは、価格が動くからこそそこに利ザヤが出るのです。ゆえにまずは遊びで少額から捨て金で初めて勉強してみると良いかと思います。

取引所は国内にも相当数出来てきていますし、日本の取引所で買えない仮想通貨は外国系で上海などの取引所に口座を設ければ取引できるようになります。仮想通貨自体は1000以上もありますが買っても売れない通貨ではなくて取引所で扱っている通貨を買うようにしましょう。外国の取引所ではドルかビットコイン基軸通貨になります。アルトコインが値段が上がればそれを BTC(ビットコイン)で売却し、手に入った BTC(ビットコイン)を日本円に変えられる国内の取引所で売却して日本円にして出金する形になります。

coincheck.com

仮想通貨は「億り人(少ない元手で億円単位に稼いだ人)」になった人も多くいて、それで億り人を目指した若い人たちも多く入っていますから、仮想通貨の取引ちゃんねるはネット民の移行で動きやすいといった事も理解してもらえるかなと思います。要は値段が下がれば買って売る。値段が上がり調子ならそれに乗って値上がり益を狙うってことです。

なだけの世界なのですが、これを取り巻く環境要因は実に複雑です。いわくITバブルなんてのもありましたね。ITバブルヨウ素的もあり仮想通貨です。

1月18日は仮想通貨がバーゲンセールのように安く手に入ったので、2018年組としてもここは一つ拾うでしょう。

拾ってすぐに売却で10万円弱を稼ぐことが出来ました。大量に拾った人なら数千万稼いだことでしょうねえ。あるいは億かな?

10万円弱稼いだとはいえ1月17日朝の大暴落では、これでは仕方ない降参撤収だとばかりに狼狽売りをしてしまいましたので、結果的にはまだ大赤字です。

痛~っ!