読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へのへのもへじ

高尾山周辺低山登山・旅行・料理・花など徒然にヽ(^。^)ノ

二日間連続登山

小下沢 富士見台 矢倉沢 高ドッケ南尾根ルート 高尾山 城山 嵐山 弁天橋 相模湖駅

f:id:i-shizukichi:20170319001646j:plain

甲州街道に出る付近。

 

f:id:i-shizukichi:20170319001651j:plain

木下沢梅林。

梅の花ももう終わりです。

 

3月18日土曜日は、小下沢林道二番口から初チャレンジで「高ドッケ南尾根ルート」を登ってみました。

f:id:i-shizukichi:20170319001531j:plain

以前には登る人も多かったのでしょうが、その後登山する人が減り廃れてしまったルートのようで荒れています。

山の日も出来て今は登山者は激増中なので、このルートも利用する人が殖えて来るのじゃないかと思います。一番口の矢倉沢ルートは少しメジャーになりかけています。今日私が知っているだけで私を入れて9人が下りました。それに私が下りているときに若いお兄ちゃんが登って来たしさ。

矢倉沢を下りるのはあまり好きじゃないけど、相模湖の「吉野矢ノ音(やのおと)」633mがかなりの急騰なんで、ここをひいこら言いながら上り下りしたら、すす下山してきた人が男女一組がいたので驚いてしまったのだ。

自分はストックを付きながら、背を曲げてお尻を付き出しながら降りて来たのに、涼しい顔で手ぶらでさささっと下りてきた。

う~ん、自分の下り方はみっともないな。

少し急登の下山を訓練するか。

で高ドッケ南尾根ルートを登り、それから富士見台へ行って矢倉沢の急登を下りてくることにより、斜面になれようと思ったから決行となったのだ。

※高ドッケ南尾根ルートはヤマケイオンライン参照ください。

www.yamakei-online.com

f:id:i-shizukichi:20170319001616j:plain

続きを読む

〇んじゃ?

もんじゃ焼き 自転車屋 散歩 ビール 妄想 看板

夕方散歩していての事である。

40分ほど歩いて少しお腹がすいてきた感じがした。

そんな時にこんな看板が・・・

f:id:i-shizukichi:20170316083055j:plain

おお、もんじゃ焼きか!

自転車が何台も駐輪しているぐらいだから、これは忙しい店なんだな。忙しそうな店ってことは繁盛しているってこで、これだけ客が来るのならさぞ美味しいのだろう。

んじゃあ、もんじゃでも焼いて、んでビールでも飲んでいこうかなと数歩行くと、さらに自転車がたくさん。

自転車がたくさんというより、店の中まで自転車だらけ!

あちゃぁあっ~

それもそのはず、看板はもんじゃではなくてよく見れば「じてんしゃ」だ。

つまり、自転車屋さんだったようw

あいや~、一本やられたなwww

もんじゃなんて関西の人間は「あんなものは食べない」と言うけれど、私も元は関西出身だけど納豆も食べればもんじゃも食べるぞ。

もんじゃを少しカリッとなるくらいまでに焼いてビールのあてにすると、これが最高にうまいのだよ。

鉄板の熱がじわりと体を温め、そこに熱々のカリッとしたもんじゃを口に掘り込めば、冬でも咽が「早く早く」とビールの流し込みを待っている。

くぅ~うう!

うまい!

そんなイメージを頭に浮かべ、一人苦笑もしつつ自転車屋の前を通り過ぎた。

 

ヤドリギ

ヤドリギ ガム 寄生樹 着生植物 散歩 TGV フランス

昨日遅い時間に散歩に出た。

雨模様の空だけど、傘も持たずにぶらりと歩く。

途中落葉した欅がグレイの空にそのシルエットを美しく見せていた。

f:id:i-shizukichi:20170315153721j:plain

墨絵のようで実に美しい。

落葉した欅の何カ所かに丸いボールのような塊が見える。

これが寄生木(ヤドリギである。

小さい頃、田舎で兄と姉に連れられてちょっと遠いところまで山遊びに行ったことがある。峠付近で、あれが寄生木で今実が成っているからと、するすると木に登り寄生木の枝を折って降りてきた。

その実だったか中の種だったかを噛むと、ガムみたいになるとか言って口に掘り込んでいたので私もやってみた。

ガムになったかどうかの記憶はないのだけど、その事だけは今もはっきり覚えている。甘くなかったことはもちろんちゃんと覚えている。

それから時は経ち・・・

次に寄生木を見たのは、フランス新幹線こと超高速列車TGVが走ると話題になって数年後そのTGVの車窓からだ。

ツアーパックの旅行でリヨンからパリに向かうTGVの車窓の景色は、季節が冬であったこともあり落葉樹がところどころかたまって生えていて、後は農作地のような田園風景が長く続いていた。

その落葉樹の中に丸い褐色緑のボールが見えて、ああ、あれは昔見たヤドリギだと感慨深いものがあった。

それも今は昔・・・

峠までハイキングに行ったときの兄も姉も今ではこの世にはおらず、とても寂しい思いをしています。

ヤドリギが 寂しい思い 揺り起こし

蒲田温泉の日

蒲田 蒲田温泉 蒲田行進曲 黒湯 肌がつるつる 美男美女 カラオケ ビール

今日は月一回の蒲田温泉の日です。

蒲田温泉ってどこにあるのでしょう?

多摩川の河口近く川向うはもう神奈川県川崎です。

川を挟んでお隣同士です。

東京都大田区蒲田の蒲田です。

「松竹蒲田撮影所」がありました。昭和四年には歌謡曲蒲田行進曲」がリリースされました。後年には同題の映画とその映画主題歌としてカバーで同題映画主演者の松坂慶子風間杜夫平田満さんによってカバーされています。

その蒲田です。

JR蒲田駅では蒲田行進曲が流れます。

蒲田駅蒲田行進曲が流れると、つい足がステップを踏みそうになります。オジさんを通り越したオジさんがステップを踏んでホームから転落して電車に轢かれたら、そのせいで電車が遅れて皆々様にご迷惑をおかけしては申し訳ないので、ここは我慢だ「んっぬぅ」とばかりに踏みとどまっておりますです。

蒲田には銭湯で黒湯の温泉が利用できるのです。

蒲田にある温泉だからその名も蒲田温泉です。

もう何度かブログっていると思いますが、こちらのブログではまだ二回程度かなw

今日は蒲田駅から蒲田温泉まで歩いて行く道順をざっくりお教えしましょう。

JR蒲田駅を東口に出てください。

駅を背にして右手に歩いて行きます。

そのまま歩いて行くと環八(環状八号線)に出ます。

その出たところに陸橋があれば渡って下さい。渡る前に左手に折れて横断歩道のあるところまで行ってから環八を横断しても構いません。道路向こうに郵便局がある横断歩道が良いですね。

環八沿いに郵便局がありますので、郵便局の左角(正面に向かって左側角)を曲がって入って行ってください。

f:id:i-shizukichi:20170312224258j:plain

アルバイト募集中の垂れ幕が下がっているところが郵便局です。前の道路が環八です。郵便局横の道を奥に向かって歩いて行きましょう。

f:id:i-shizukichi:20170312224407j:plain

城南信用金庫の手前角を左へ入って行きましょう。ちょうど郵便カーが走っている手前の路地です。

f:id:i-shizukichi:20170312224527j:plain

城南信用金庫ビルの後ろに一本路地があり、更にもう一本路地があるので、ここで数えて三本目の路地です。倉庫のブロック塀のところを右手に入って行きます。

f:id:i-shizukichi:20170312224657j:plain

さすれば蒲田温泉です。ヤマト運輸の車の先のところに出ますからそのまま突っ切れば銭湯入口に行きます。この通りには入口はありませんよ。

蒲田温泉黒湯に浸かり、電気風呂で痺れて、高周波ジェットで体の汚れを隅々まで落とせば、体を洗わずとも美男美女の出来上がり。 

黒湯は弱アルカリ泉で角質が軽く溶けるから肌がつるつるするよ。

後でちょっと楽しむために、サウナでしっかり水分を絞り切っておきましょう。ただし無茶は行けませんぜ!

f:id:i-shizukichi:20170312225259j:plain

さあ、風呂を出たら、とんとんとんと二階へ上がってまずはビールとから揚げを注文し、「ふぉ~ぉおっ~」と至福の時を経験しませう。

んで、興に乗ればカラオケを唄うも良しです。

観梅ハイキング

観梅 高尾駒木野庭園 小仏関 浅川国際マス釣りセンター 木下沢梅林 南浅川 キクザキイチゲ ハナネコノメ ハイキング

高尾梅郷梅まつりが3月11日土曜日・12日日曜日と開催されているので、初日の本日ハイキングで出かけてみました。

mttakaomagazine.com

JR高尾駅から徒歩で木下沢梅林まで往復歩きです。

途中、高尾駅から高尾山方面に向かって歩き出したほどなくの右側の和菓子屋さんに寄り、ここの「いもようかん」が私の好みなので寄って買っていく。「いもようかん」はこのお店では春先でシーズンが終わるので、今回これが最後の「いもようかん」になるかもしれません。また秋口からのシーズンを楽しみにしましょう。

この和菓子屋さんの少し高尾山寄りにもう一軒和菓子屋さんがあります。こちらの和菓子屋さんも美味しいですよ。

「いもようかん」も手に入ったので、他の梅見客と連なっててくてくと歩いて行きます。

f:id:i-shizukichi:20170311174131j:plain

※小仏関跡地の公園です。この近くに城山への登山口があります。

甲州街道から都道516号線へと折れ曲がって進んでいきます。都道516号線は神奈川県道516号線と繋がる旧甲州街道なのです。

この道も高尾梅郷祭りで歩いている人が多いです。

 蛇滝口バス停から中央高速の高架をくぐった左側に公民館みたいな広場があり、ここが高尾梅郷まつりメイン会場となっているようです。

f:id:i-shizukichi:20170311174340j:plain

f:id:i-shizukichi:20170311174346j:plain

八王子市市長の石森さんがちょうど大会の挨拶をされていたところでした。

f:id:i-shizukichi:20170311174358j:plain

ここには公衆トイレがあるのですが、トイレの数が少なくてここでも長い行列でした。普段なら利用も少ないので良いのですが、何かイベントがあるともうトイレの数が足りないという始末です。この地区で何かで一時非難なんてことになっても、まずトイレで苦労しそうなのがこの地区限らず八王子市全体です。

下水管直トイレみたいなものを用意して、仮設でマンホールの蓋を開けるだけでそこに便器が設置できるようなものをもっと増やしては如何なものでしょうか。梅まつり二日間で3万人の人出予想だそうですが、人は集めてもこういった事には全く対応できてないのです。

せっかく3万人もの人出が見込めるのですから、これを市としても観光イベントとしてもっと盛り上げてお金を落としてもらうための工夫努力も必要かなと思います。

八王子市には高尾山もあって、高尾山には年間260万人の観光客が来るそうですから、これももっと観光都市と利用して市にお金を落としてもらうための工夫が欲しいです。

例えば都道516号線には甲州街道から入ってきてほどなくして、高尾駒木野庭園という施設を八王子市が運営(実際の運営は委託かも)しています。

高尾駒木野庭園|駒木野庭園アーツ

駒木野庭園でお茶セットなどやソフトクリームを販売もしているのですが、喫茶部門3時半で受け付け終わりで四時半には閉館だそうです。それも靴を脱いで上がるという、登山者にとっては登山靴を脱ぐのはとても面倒なので、その結果喫茶部門の利用も出来ない。かと言って外向けの販売はない。

それに四時で閉店して五時に帰れるようにしているのだろうと思いますが、商売が下手というよりあまりにもお役所仕事過ぎます。

かと言って平日は人もそんなに人の訪れもないのですが、積極的な集客もしていないから平日人も来ないんだろうと思います。こういったのは収益を出せる民間に喫茶部門を有料で委託するなどして、営業としても収益が出るような方向性で行かないとダメではないでしょうか。

なんてことも考えながら歩いているともう日影バス停です。

今日は山登りハイキングはしないので、日影バス停近くの国際マス釣り場でマス釣り体験をしてみる事にしました。

f:id:i-shizukichi:20170311180044j:plain

そろそろお昼ですし、ニジマスで昼食にもなるので一挙両得です。

「えさつり」で入漁しまして、一人分3,240円で5匹まで釣って持っても帰れるそうです。釣る方は一人分で交代しながら釣をします。ニジマスは二人で5匹もあれば十分ですから、二人分の釣魚券は必要ありません。

イクラを餌に針を投げ入れるとぼんぼん釣れちゃいますので、あっという間に自分三匹女房二匹釣り上げてしまいました。

f:id:i-shizukichi:20170311175918j:plain

釣り上げたばかりのニジマスを内臓を取り出してもらって焼いて食べましょう。焼いて食べる方は一人540円の料金がかかります。持ち込みもOKです。

以前はマス釣り場と言えば、釣ったマスをから揚げなどいろいろ料理をしてくれていたのですが、最近はそういったニーズがないみたいで「うちも以前にはそうでしたけど」ということです。

さてさて、ニジマスとおにぎりでの昼食も終わりましてハイキング再継続です。

日影林道へ少し入ってキクザキイチゲがもう咲いているとのうわさを耳にして見に行った。

f:id:i-shizukichi:20170311181204j:plain

数輪咲いていたので一枚デジカメです。

日影乗鞍ハイキングの時に何時もこの木道橋を見るのですが、一度も入ったことがないので今回行ってみる事にしました。

f:id:i-shizukichi:20170311181318j:plain

入ってすぐに日影沢へ下りるゲートがあり、ゲートを開いて沢に下りてみました。

f:id:i-shizukichi:20170311181519j:plain

なかなか雰囲気が良いです。

沢に沿って歩いていると人が集まって何やら撮影中です。

f:id:i-shizukichi:20170311181611j:plain

f:id:i-shizukichi:20170311181630j:plain

f:id:i-shizukichi:20170311181643j:plain

ハナネコメの群生がありました。皆さんこのハナネコメを接写していたのです。私も一二枚デジカメしてきました。

それでは木下沢梅郷に入って行きましょう。

f:id:i-shizukichi:20170311181827j:plain高速道路の高架下横に入口があります。真っ直ぐ行くと小下沢林道になります。ちなみにここは昔は小下沢と言っていたらしいのですが、最近は木下沢という字もあてるようになったそうです。

「小下沢林道」に、「木下沢梅林」って、変換もややこしいからそんなの止めてくれ!

f:id:i-shizukichi:20170311182046j:plain

f:id:i-shizukichi:20170311182134j:plain

f:id:i-shizukichi:20170311182056j:plain

梅の木はまあまあるのですが、梅の花って、ぶっちゃけそんなにきれいじゃないですね。花に透明感がなくくすんだ感じの花色です。またここは白梅が多すぎて華やかさがない。

園内をぐるり一周して木下沢梅林を後にしまして、日影バス停より少し甲州街道側にある「ふじだな」という喫茶店でお茶しました。

f:id:i-shizukichi:20170312081947j:plain

この喫茶店も一度寄りたいと思っていましたけど、土日営業程度なので平日動く私にはチャンスがなかなかなかったです。それにチャリできたときは、帰る時はもう寒いので、少しでも早く帰りたくて寄るどころでもなかったです。

帰路は蛇滝登山口付近から南浅川の右岸側を歩きました。歩きながら、ところどころの梅のスポットを見て行きます。それに旧甲州街道アスファルトを歩くより、ハイキングの雰囲気がありますしね。

f:id:i-shizukichi:20170311182653j:plain

ちょっとした渓谷っぽく見えるところもあります。

f:id:i-shizukichi:20170311182711j:plain

でも、南浅川は渓谷ではなくてこの辺は沢の雰囲気ですね。

f:id:i-shizukichi:20170311182901j:plain

先程ぶつぶつ言った駒木野庭園です。

f:id:i-shizukichi:20170311182936j:plain

f:id:i-shizukichi:20170311182939j:plain

f:id:i-shizukichi:20170311182942j:plain

盆栽はよく分かりませんが、ここの盆栽は大物があります。

f:id:i-shizukichi:20170311182951j:plain

四時半前だったのでまだソフトクリームが買えるかと思ったら、喫茶部門は三時半で終わりとか言われた。先ほどお役所仕事的だとぶつぶつ書いたのはここのソフトクリームも一度食べたいと思っていて、今日はやっと食べれると思っただけに、そのソフトクリームが食べれなかったからでもありますwww

人間そんなもんでしょう(^^;)

あと建物内に入るには靴を脱いからってのも、登山靴出来た者としてはめんどくさいところではあります。

うんで、高尾山駅まで戻りまして本日のハイキング終わりです。

 

 

世にも恐ろしき怪奇現象!!!

怪奇現象 ペイユークー 見知らぬ人からの継続的贈り物 恐怖の留守電

私自身に起きた、本当の本物の怪奇現象を、今日は書いてみようと思う。

今まで書くことをためらわれるような現象が私の身の回りで発生しているのだ。

 

プロローグは「ペイ ユー クー」

英語なのか、たまたま英語風になっているだけなのか、この言葉の意味は分からない。ただこの意味不明の言葉が、自分の口から発した言葉であることだけは確かなのだ。

英語だとすれば「ペイユー」とは払えってことだろう。

「クー」とは一体何なのか?

その「クー」を払えと私は言ったのだろうか?

「クー」をネットで検索してみると、驚くことに Wikipedia でヒットした。

クー - Wikipedia

フランス語で「クー」は打撃を意味するそうだ。

だから「クー・デター」は国家に対する一撃を意味すると説明にある。

英語では「Coup d'etat」で、「Coup」はやはり一撃を意味するようです。

ejje.weblio.jp

埋め込みリンク先で「Coup」の発音を聞いて貰えれば分かるけど、如何にも一発くらわすぞって感じだ。

英語で「ペイ ユー クー」って、「お前に一発喰らわすぞ」って意味なのかなあ?

それとも「Coup」には大当たりという意味もあるので、「お前が大当たりだぞ」って意味なのか。

中学生英語もろくに出来ない残念な私が、英語でこれらの単語を喋ったというのが理解しがたいことなのだが、英語かどうかも分からない。

そしてこれは、これから続く恐ろしいことが起きる序章に過ぎなかったのだ。

 

不明のプレゼント

それはなぜなのか、何故そんなことがするのか、あるいはされるのか?

不定期ではあるが、玄関前に小さな白い買い物袋に、本や、雑貨、日用品、はては陶器に調理用品までが置いてあるのだ。

それもきれいなものばかりである。

それもかれこれ半年ほど続いている。

ある日気が付くと、玄関の上り框(かまち)に、白い小さなビニール袋がぽつんと置いてある。

小さな白いビニール袋はどこかの商店のマークが入ったものなんかじゃない。ちゃんとした新しいもので、包装材料屋さんでないと手に入らない品物だ。

なんでだ!

誰かもわからない。

時々置いてある小さな白いビニール袋。

そんなことが半年も続いているというのは、精神的に負担が強くて追い込まれやすくなり、精神圧迫を引き起こす。

 

エンディングは恐怖の留守録!

そしてついにその時は来た。

2017年2月2日

午後2時55分

木曜日

固定電話が鳴った。

りりり~ん、りりり~ん。

何度かベルが鳴って、出るのをためらっていると、留守電に変わりホッとした。

ホッとはしたけど、しかしその留守電の内容ときたら、それは、それは、とても恐ろしいものだった。

あなたはその留守電の内容が聞きたいかね?

聞いて後悔しても知らないが、その覚悟が出来ているなら、その留守電の音声をここに掲載してみよう。

留守電録音ファイル ※音量が大きいので注意(仕事場で再生はだめだよ)

聞いて後悔しても、あ・と・の・祭りだよ・・・

それでも聞きたいのかい?

じゃあ、お聞きよ。

 

ぎゃあ~ぁ!

 

恐ろしかったでしょう?

「〇〇○〇〇〇」と雑音の中で言っているのが聞き取れたかい?

 

ああ、こんな恐ろしいことが立て続けに我が身に降りかかるなんて、私の身の回りでいったい何が起きているんだぁあああ!!!

 

エピローグ 実は・・・w

 

ペイ ユー クー」は10年ほど前に、酷いいびきをかいていないか確かめるために録音テープを回していた中にあった言葉です。

全くの自分の寝言なのですが、やはり意味は不明です。

考えても分からない物は考えません。

ただブログネタに良いかなと、これまでに何度かあちらこちらで取り上げたことがあります。

 

白い小さなビニール袋の贈り物は今も続いています。

事務所(今や遊び場所)前で我が家の不用品の無人販売をするときがあって、それを見た方が私の不用品もあげるから売って頂戴ってって言われたことがあるのです。

いや自分も不用品が多くて困っているからとお断りしたのですが、その方は「お金なんていらないのよ」と言うのです。そういう問題じゃないので、と再度お断りして終わったと思っていたのですけど。

ですが、その後時々、白い小さなビニール袋に何か品物を入れて事務所前に置いてあります。冬場は事務所にあまり行かないので、たまに行くと二つぐらい溜っている時もあります。

一月の間は少し納まっていたのですが、いまだに一向に止めてくれないのです。

不用品をあげると言われた時には、ちらっとそんな立ち話をしただけだからその方がどんな方だったか覚えていない。細身の清潔そうな年配の女性なのは確かです。その程度しか覚えていません。

覚えていないだけじゃなくて、実際に置いて行かれる方がその方かどうかも分からないのだけど、そうやって小さな白いビニール袋は置かれ続けています。

その方かどうか分からないというのは、その方にそんな風に声をかけられる前から、白い小さなビニール袋は置かれ出したからです。こんなことをする方が二人もいるとは思えないので、たぶん声をかけて来た方が置いているのだろうと思うのです。

仕方ないのでその方の品物は別扱いにして無人販売に出しておきました。

無人販売で売れても、だれか分からない方の売り上げを私が貰うわけにもいかないので、しゃあないなあで売り上げは別に(料金箱が別)にして、ある程度の金額にまとまったらどこかに寄付しようと思っています。

無人販売にも、その方の品物は「ある特定の方のお品で、この売り上げは全て寄付します」と貼り出しております。

現在その方の品物の売り上げは、二千円ちょっと貯まっています。

冬場は不用品の無人販売を中止していたのですが、見知らぬ方からの贈り物が溜まる一方で、ぼつぼつなんとか無人販売店を開始しなければと思います。

f:id:i-shizukichi:20170310101541j:plain

※最近溜った不明の贈り物の数々。

そうなると品物の出し入れに通わなきゃいけなくなる。う~ん、時節的に乗り気がしないなあ。やっぱりまだ面倒だから四月になってから再開とするかな。

自分のはガレージセールってやつですけどこの無人販売は結構売れまして、半年ほどで数万円の売り上げになっていると思います。品によってはけっこう高額の設定でも売れたりしています。最高で五千円の品が売れました。3個100円なんてのもたくさんあります。

それでもどれも入手時の何分の一以下の価格ですが、捨てればゴミだから捨てるのももったいないと思って、貧乏臭いけど無人販売という形式で始めたのです。こんなんでも、けっこう売れるもんなのですよ。

もちろん、代金を払わずに持って行く常連さんなんかもいますよw

無人販売なんてそういったものだし、不要のものだからまあいいやなんてつもりでやっていますけど、時には惜しいなあと思う品をパクられると、やっぱり悔しいなあって思うことも多々あります。

 

三つ目の恐怖の留守電録音は、事務所に置いてある留守電機能付の電話に1件留守電が録音されていることに気が付いたのが昨日の事、3月8日でした。

f:id:i-shizukichi:20170310101442j:plain

※2月2日の留守録だから、これ、一ヶ月以上も前の留守電だったのですね。

今は携帯電話でやり取りがほとんどで、固定電話にかけてくる相手もいないので固定電話なんてそもそも気にもしないので、留守電があってもなかなか気が付かないのす。

その上に、固定電話のある事務所には冬場はほとんど行かないし、行ってもおざなりに植物の水やりにごく短時間だけです。電話機の上には埃がかぶらないように布きれをかけていますから、留守録には余計に気が付きませんでした。

それで留守電があったことに気が付いたのは一ヶ月以上経った昨日のことです。

普段は留守電も面倒なので聞かないでそのまま削除してしまうのですが、半年ぶり位の留守電なので聞いてみたら、これまたビックリのいたずら電話です。

けっこう音響効果を考えて不気味そうに作ったみたいですが、最初はただのノイズだけかと思っていたのですが、若い声で〇〇〇いやだ》とか《〇〇〇〇〇が》なんて言っているようなのが、録音をコピーしパソコンでボリュームを上げて再生してやっと分かりました。

いたずら電話だと思いますが、いたずらではなくて私に仕掛けた電話であれば、なんにしてもこんなんじゃだめだよ。

人の声は怖くないよ。

山の中の陰湿なところを歩く方がもっと怖いよ。

だからもっと凝った演出にしてくれないとダメ。

それにこの声質だったら、知っている人だったらどこかで声を聞けば誰だかばれるかもよ。あとで思って、ネットに声の部分を曝すと声が特定される可能性があるので、特定されたらそれはなんとなくに可愛そうかもだから、ネットアプリを使って声が入っている部分はカットしました。※世話かけさせるんじゃね!

※生のMP3をアップしてから、少しの間はそのままアップしていたので聞いた人もいるだろうと思うけど、聞かなかったことにして下さい。

この留守電録音と、何かを合わせればブログネタ1本出来るなあと。で、早速にブログらせて頂きました、はい。

今や、これほどまでに必要ない固定電話なんですけど、携帯やスマホになっている時代には、固定電話があるってことがかえって一つのステータスでもあるらしいのです。固定電話がないと信用調査にも通らない場合もあるとかです。

この固定電話は年間で2万円の固定費が必要です。何の役にも立っていないに近いのに2万円って結構大きい金額ですよね。だから本当は回線をNTTに返したいのですけど、今一優柔不断で決意がつかないなあ。でも、これを機会に止める決心をしてみようかなと思う。

 

※音声の変換などネット加工で利用したサイト

Convertio ファイルコンバーター 音声3GPファイルをMP3に変換

Online MP3 Cutter - Cut Songs, Make Ringtones  音声部分をカット

MP3結合サイト 音声部分をカットした前後を結合

ソフトをダウンロードしなくてもサイトで加工できます。音声やMP3をお手軽に弄りたい方向きです。

アマゾン・プライム

映画 アマゾン プライム会員 巨大企業 アマゾン・ビデオ 映画館 ソイレント・グリーン

アマゾン・プライム一か月間のお試し会員になっています。

そのお試し会員期間があと数日で終わります。

アマゾン・プライムお試し期間が終わったら、お試し期間で利用を止めようと思っていました。

ところが・・・

少額品を送ってもらうと送料もかかるのですが、せっかくの無料プライム期間なだからと、細かい品物も送料無料で送って貰いプライムを享受しておりました。

そのうえに旧作映画TVドラマも特典として観られる、無料のプライム・ビデオも楽しむようになりました。このビデオも幾つものタイトルがあって面白いのですねえ。

そんなわけですっかりアマゾンの策略通に嵌ったかもしれません。このプライム会員をお試し期間が終わっても、有料で一年間やってみても良いなあなんて思っております。

ちなみに前にブログで書いたように八王子の映画館も無くなってしまい、手軽に映画を楽しむことも出来なくなっていますので、その代償としてプライム・ビデオはそんな隙間に入り込んでしまいました。

i-shizukichi.hatenablog.com

今後は上映中の話題の映画を観るためには、近くても立川日の出までお出かけしなければなりません。映画を観るためにお出かけなんて、いまどき移動して映画を観るなんてことは可能な限りしたくありません。

それにこれまで自分が見ていない映画もTVドラマも数たくさんあり、その量たるやエベレストに登るほどに果てなき峰の稜線を追うようなものなのです。

つまり自分には未踏の峰(映画等)が果て無くあるってことです。

自分が見たことのない映画やドラマは自分にとっては全て新作です。

新作旧作何が違うでしょうか?

新しく公開されるのが新作なら、どんなに古くても自分が見ていない作品であれば、それは自分にとって新作であることに何の違和感もない。ただ時代設定性が強過ぎたり、CG的レベルが今見て顕著に雑だと時代遅れだなあとは思いますけどね。

いずれにしても自分が観ていないってことだけで、自分には新作と同列です。

その新作が自宅で見られるってのは、例えると本を買ってきて家で読むようなものだ。その本代(プライム・ビデオ)もアマゾン・プライム会員になると、無料で見られる作品があるという特典のおまけのようなものだしさ。古くに刊行された本だって自分が読んでいなければ、先に言ったようにそれは新作と同じですね。

基本DVDも借りて観るということをしない私ですが、DVDを借りてチョイス失敗感を味合わずに済むのもプライム・ビデオならではの良さですね。つまらなければチャンネルを変えるように、別の映画を選択すれば良いだけです。

そんなわけで映画も好きなので、お試し期間で釣られてアマゾンプライム会員になりそうです。こんなアマゾンのプライム会員獲得策略に、どうにも載せられてしまった自分がいますねえ。

このようにしてアマゾンは、プライム会員を何十万人と獲得しているのだろう。

日本だけでアマゾン・プライム会員は100万人か、あるいは数百万人、それとも一千万人以上いるのだろうか?

アマゾン・プライム会費3,900円(税込)だ。

百万人の会員で年約4億円だ。

プライム会員はアマゾンで買い物もするし、その経済効果たるやすざましものだろう。もし日本に一千万人の会員がいれば、プライム会員の会費だけで年間40億円の売り上げとなる。

これが世界中で行われているとしたならそれこそ恐ろしいものだ。世界を相手に人ひとりから1日1円利益を上げるだけでも、毎日60億円の売り上げ生まれてくる。

一人ひとりからたくさん収益を上げなくてよいのだ。

たくさん収益を上げなくてよいから価格は安く提供できる。

誰しも支払は少しでも安い方がいいに決まっているから、安いところを探して購入する。結果的に物品販売の個人店ははなから太刀打ちできないし、多くの量販店でも特別なサービスや営業形態がない限り敵にはならない。

こうやって世の中の傾向サービスは巨大化していき、メガ時代はとっくに過ぎ去り、ギガ時代も過ぎ、今やテラ時代になりつつある。その先はペタ時代になっていくだろう。

ペタ時代はどうしたって会社の超権力者(代表取締役社長)こと王様が権力を掌握し、その王族と王族関係者以外は年貢を納める奴隷に近いといった世界観しか読み取ることが出来ないだろう。

そういったペタ時代は、ペタの群雄割拠により世界が統治された閉塞社会が始まる。国などといった単位は既に形骸化しているか、あるいはそういった観念すらも無くなっているかもしれない。

そんな社会はだれがどこで死のうが関知しない社会であり、死は必然的な代謝に過ぎず、強制的な死も意味を持たないほどの強健確固たる封建制度が確立してしまい、テロ行為そのものが意味をなさないのでそういった概念さえなくなるだろう。

そしてその統治世界では、間違っても下克上なんて事は起きる事すらない、永遠と言える固定社会となっているはずであろう。

今考えるとそれは恐ろしい時代と言えるが、ゆっくり変化していくときの流れの中で固定化されて行くその世界に生きていてそのことが、問題意識に上がるかもが問題であろうか。

その時代がいつやって来るのか、そしてその時代になった時に世界はどう変わっているのか、それが知りたいものだ。

だれか、その話をフィクションで書いてみてくれないものだろうか。

そして映画化して欲しいけど、映画ソイレント・グリーン程度でごまかすのはだめだよ。

youtu.be

※ソイレント・グリーンは公開当時としては衝撃的な内容だった。食品の原料が何かには驚くけど、映画の流れである程度想定させられた原料ではあった。

映画も楽しめるアマゾン・プライムだけど、会員になったら会員だからいつでも観られるからと、実際はそんなに無我夢中で観ないかもしれない。無料のプライム・ビデオも残念な作品が多いみたいだし・・・

どっちにせよなんとなく魅力的なアマゾン・プライムだけど、映画鑑賞に多くの時間を割くよりも、まだまだ色々な事をやってみたいのです。

例えばこのブログを書くのだって時間がいる事だし。

そういうわけでプライム会員は魅力的ではあるが、やはりお試し期間だけで終わるのが自分には良いだろう。

『就活家族 ~きっと、うまくいく~』

『就活家族 ~きっと、うまくいく~』 三浦友和 黒木瞳 失職 就活 再就職 岸辺のアルバム

ひょっとしたことから録画予約をしてあった『就活家族 ~きっと、うまくいく~』を、昨日これまでの放送分をまとめてみました。

最近TVを付ける事がなくて予約録画が溜ってしまっています。予約録画が溜っていると少しイライラするタイプです。

予約録画が溜っていたら観るものがいっぱいあると、かえって嬉しくなるのが普通だと思うのですが、自分はこれらをどうやって消化するのかと考えてしまうのです。

それなら予約録画しなければいいのにと思うのですが、これ、後で観たいなあと思うものを予約してしまいます。予約対象はロードショー的番組と毎週放送の30分アニメがほとんどです。

それで予約リストが溜っていると、これはまた早い時期に再放送されるなあって思うものは録画削除して対処しています。

どういったものを削除するかというと、今回に限ってはシリーズ放送されたジブリ作品です。

ジブリ作品はどれも魅せられるエンターテイメント作品ですが、もうすでに何度何度もも再放送されているので、自分も何回も何回も観ていますし、これからも繰り返し再放送されるのは高確率なので、その時々で観たければでいいやという感じです。

ジブリ作品に類するような洋画系も気が乗らないときなどは削除です。例をあげるとインディージョーンズダイ・ハードハリーポッター的なものが対象です。

ここでの削除対象作品は、どれも観始めるとなんど観ていても引きずり込まれてみてしまう作品ばかりです。ストーリーは単純でも、それだけ見せるための工夫が豊富なのです。作品に沿ってキャラクターが生きているからより魅力的な作品です。

そんなTV放送予約録画はすでにかなり削除したのですが、その削除リストから残っていた録画を昨日まとめ観る事にしたのです。

youtu.be

「就活」というタイトルが気になって、それと三浦友和が主演(黒木瞳さんも)とうこともあって予約録画してあったのです。

三浦友和が好きとか言うことではないです。ただこの年代の三浦友和が「就活」という名のタイトルのドラマというのが何なのか、その内容とはどういうものかという興味があったのです。

予約で録画はしてあったけど、これまで一本も見る事はなくそのままにしてありました。それで何本か溜っていた『就活家族 ~きっと、うまくいく~』を昨日まとめ観したのです。

感想としては面白かったです。

こういったTVドラマ的なものを見る事はまずないのですが、大昔に見た「岸辺のアルバム」的家族崩壊の始まりが似てなくもないなあと思いつつも引き込まれてしまいました。

岸辺のアルバムは1974年の多摩川水害が背景となっている。

www.tbs.co.jp

岸辺のアルバム竹脇無我という俳優になんとなく好感を持っていたのと、1974年の台風16号による多摩川の土手決壊で沿岸の民家が流失した災害である。

この時の台風で私の記憶にあるのは、八王子市を流れる浅川が土手すれすれまで水位が上がり、ミルクコーヒー色の水がたうたうようにのんびり流れている風景でした。

このミルクコーヒー色の水の上を歩いていったら、向こう岸まで歩いて行けるのじゃないかという思いがいまだに残っています。

台風の影響もほぼ収まりかけていて、私が見た暁橋付近の浅川は激しい流れでもなんでもなくて、ただ土手すれすれまでミルクコーヒー色の水がゆっくり流れている印象でした。

これが翌日のTVニュースで、多摩川の土手決壊で濁流に民家が呑みこまれて行く様子が放送されそのシーンが強く印象に残っています。

その出来事をモチーフにして、幸せそうな家庭がひょんなきっかけから崩れていく家族を描写するTVドラマとなったのですが、最後は濁流に巻き込まれる家から持ち出す家族アルバムにより、家族が新しく再生しそうな希望を見せて終わるドラマだったような気がします。

これまでの『就活家族 ~きっと、うまくいく~』を見て、岸辺のアルバムを彷彿とさせなくもないなと思いつつ、いに家族全員が失業状態(一人は学生で就活中)の状態になったところで溜まっていた録画を観終わりました。

俄然、この『就活家族 ~きっと、うまくいく~』がどんな話の展開になるのかと楽しみにネットで調べてみたところ、3月9日夜9時からの放送で最終話ですと。

なんだよう、もちょっと深く掘り込めよ!

面白くなって来たなあと思っていたところなので、次回で終わりだからそんな気持ちになったけど、これは終わり方次第で評価は分かれるところだ。

わくわくして、次の録画を楽しみにしていましょう。

八坂神社までのハイキングルートをグーグルマップで表示

陣馬高原下 明王林道 明王峠 相模湖駅 甲州道中 えんどう坂 八坂神社 桂北橋

 3月4日土曜日に陣馬高原下から明王林道を通って、明王峠から明王峠から相模湖駅目指しました。

途中八坂神社にお参りするのが今回のハイキング目的です。

今回のコースではメジャーなのは与瀬神社という有名なのがありますが、与瀬神社には二年前に行きましたので、新しいルートを探して八坂神社にしました。

そのハイキングコース GPS データをグーグルマップで表示しました。

drive.google.com

八坂神社を後にして、桂北橋に向かうところで少し迷ったのですが、迷った部分は地図でコースを修正してあります。何分かに分けてA4サイズでプリントアウトすれば、ハイキングマップになると思います。

ハイキングに行くときは、分かりにくい場所はさらに拡大して印刷をして持って行きましょう。今回のコースはとても簡単なコースです。これからの季節のハイキングにもってこいだと思います。

八坂神社

陣馬高原下 甲州道中 桂北橋 明王林道 明王峠 甲州街道 八坂神社 えんどう坂 相模湖駅

今日は神奈川県、相模湖駅近くの八坂神社までハイキングで行ってきました。

先ずはJR高尾駅からバスに乗って陣馬高原下に行きます。

そして明王林道コースから明王峠に行き、峠を越して神奈川県相模湖駅側に下ります。峠まで登って降りるだけの所要時間も短め単純コースです。

※詳しくはヤマケイオンラインをご覧ください。

www.yamakei-online.com

二年前に妻と一緒に同じようなコースを歩いたのですが、その時は与瀬神社という大きな神社にお参りしました。今回はあまり人が訪れないであろう八坂神社にお参りです。

八坂神社にお参りをして、それから中央高速にかかる桂北橋を通って、くるりと回って降りて行く道を通りたかったのですが、その道に行く間に少し迷ってしまいまして、高尾山登山詳細図とにらめっこしておりました。

地図に沿って歩いたつもりなのに迷うなんて、なんで自分はこんなに地図読みが出来ないんだろうと、縁石に腰を下ろし地図ともう市街地だからGPSも不要だろうと電源を切っていた GARMIN eTrex Touch 35J を再起動させてにらめっこです。

ハイキングは終わってガーミンはもう必要ないだろうと電源を切って、登山地図だけ見ていたら、高尾山登山詳細図と実際と少々違っていたので迷ったのです。

登山地図と実際の地形が違っていても、方角的なセンスが良い人なら迷わないで歩いて行けるのに自分はどうにもだめです。道の縁石に座って「高尾山登山詳細図」GPSを交互に見て、やっぱ図の表記がちょっとおかしい。

やや鋭角に曲がる角が、四角の角のとれた丸みを感じさせる曲線となっていたので、地図を見ながら歩けば小原宿本陣の方に行く道でした。

少々混乱して地形図をにらみ眺めるのですが、高速の上にかかる道だから目の前の右にやや鋭角に曲がる下り坂なので、道は高速の上に出るのだから進入道が下がるはずはないだろうという自分の勝手な思い込みもありました。

しかしガーミンはその下る道を示しているので、ガーミンの指示通りに進むことにして桂北橋を探して歩くことにしました。ガーミンの地図を見ながら進めば、下る道は登り道となって中央高速の上に架かる橋が見えました。

んで、目出度く中央高速の上に架かる桂北橋を渡って、くるっと回って降りてきました。

国土地理院の地形図から起こしてある「高尾山登山詳細図」だろうになんであんな道に変化しているんだろうとちょっといぶかしげでした。信じ切ってはいけないということではなくて、臨機応変に対処しなければいけないってことなんですね。

道の縁石に腰を下ろした時点でコンパスを取り出して、コンパスで進行すべき方向を考慮するという手もあったかな。

景信山→堂所山→狐塚峠 一筆書き巡り

景信山 堂所山 関場峠 狐塚峠 小下沢キャンプ場跡地 チャリを担いで登山 木下沢梅園見頃

久し振りのハイキングで、小下沢キャンプ場跡地景信山登山口から景信山、堂所山、三本松、大嵐山、湯ノ花山、黒ドッケ、杉の丸、狐塚峠、小下沢キャンプ場跡地という風に一筆書きで、始発駅は終着駅風に行ってきました。

※詳細はヤマケイオンラインでどうぞ(^^)

www.yamakei-online.com

大嵐山付近で凄い方に出会いました。

どんな風に凄いかって、それは画像を見ればファイト―一発ってやつですぐわかります。

ファイト~!

f:id:i-shizukichi:20170303204849j:plain

※後日ロードレーサーの方に聞いたところによるとシクロクロスというスタイルで、世界選手権もあるそうです。ロードレースの冬季訓練用として始まったとかです。バイクも専用バイクだそうです。

ロードバイクというやつでしょうか、私が南浅川の土手を走っているとあっという間に追い抜かれて先に行っちゃうやつですね。

同じ自転車でも、私の自転車は元アシスト自転車、重たくてとてもじゃないけどこんな風に担げない。

値段は高いけどその分軽く出来ているロードバイクなら、今私が背負っているザックと同じぐらいで5~6kgぐらいの重さなんじゃないかと思いますけど、ザックと自転車(バイク)じゃバランスが大変ですよね。

いっそのことリュックみたいに背負うようにしたらいいじゃないかと思います。ペタルは折り畳み式にして背中にはクッションを入れれば背負えなくはないはず。

この方、服装を見てもただの走り屋のロードランナーじゃない。

ちゃんと登山スタイルしている。

登山しながら目的地の林道を走るためにやっているそうです。

面白いことを考えるもんですね。

これから流行るかもしれません。

しかしここまで来るには、こんな岩山も登らないといけないのです。

f:id:i-shizukichi:20170303205631j:plain

最初自分がビビっていた岩山で、今回はここを下りてきたんですが、やっぱりビビりながら降りてきました。

画像では平坦に見えると思いますけど、実際はかなり聳えた感です。

それなのに自転車を担で、ここを登ったんですから凄いと思います。

彼も「さすがにあそこではあせった」と言っていました(笑)

自分も20年ほど前にママチャリで小仏峠に登って高尾山まで行き、高尾山を下りてきたことがあります。私の場合は曳いて行くのみでした。ここから比べたら随分楽です。

その頃は高尾山自転車乗り入れ禁止とは知らなかったんです。

ママチャリで丁度小仏登山口までやって来た時のこと、タクシーで小仏登山口に乗り付け、タクシーを降りたおばさん二がそのまま山に入って行くので、面白そうなのでどこに行くのですかと聞いたら、「小仏峠を登って高尾山に行く」とか言っていたので、いいなあって言ったら、「付いていらっしゃい」なんて誘われてその気になってママチャリを曳いて登ったのです。

結局ひーこら言いながらチャリを曳いて高尾山までです。高尾山方面では人が多くていつの間にかその二人とははぐれました(笑)

そういえば10数年ほど前なら、高尾山稲荷山コースを何度も素足で上り下りしていたこともありますよ(笑)

魚焼きガスグリル

家庭 料理 ガスグリル 魚焼きグリル ガス台交換 修理 システムキッチン

TOTOのシステムキッチンで上側にガスコンロとグリルがあり、下部がガスオーブンになっているものを使用している。

新しく家を作り直してからの使用だけど20年も経ってしまっていて、魚を焼くガスグリルに不具合が発生してきた。

何かを焼く時に、火が中央からバーナーのように降り下りてきて、つまり画像のようにガスの炎が噴き出して焼き物を焦がしてしまうのです。

f:id:i-shizukichi:20170301113008j:plain

※一応天板ガスバーナーの穴は塞いだので、吹き出している炎は後で画像加工したイメージ画像です。

山に行くときにコンビニでおにぎりを買うのだけど、このおにぎりは家で作った鮭のおにぎりの方がなんともに美味しいのだ。そういうわけで買いおにぎりより、なるべくうちのおにぎりを山にも持って行きたい。そのためにガスグリルで塩鮭を焼いておにぎりの具にしたいのだ。

おにぎりに入れる塩鮭を焼いていても、注意しないと炎が噴き出てくる火にあたって塩じゃけが焦げてしまう。なるべく炎にあたらないように塩じゃけの起き場所をあっちこっちと網の上で移動させるんだけ、それでも多くの場合に焦げる部分が出来てしまう。

つまりは、ガス台を交換したいというのはこのガスグリルの事を考えてである。

TOTOのガス台は、五徳というのか鍋などを載せる台がキッチン面と水平になるように設計されているものです。だからガス台部分自体はキッチン面からやや下がるように設計されています。

ガス台を手入れをするときは、重い鋳物製の五徳を外してから掃除をするタイプのガステーブルです。煮こぼしたら直ぐ拭ける、今はやりの手入れが簡単なフラットなガス台じゃないのです。

反面このTOTOのシステムキッチンガス台は、五徳面とキッチンテーブルがフラットだから、単独五徳のように五徳から鍋がずり鍋が倒れるなんて危険性は全くないので、その点ではかなり安全に配慮した製品です。

ただ鋳物の五徳でガス台全面を覆ってあるので拭き掃除にはこの五徳を外さなければならないのです。

20年前の製品だから、最近のフラットガス台は交換できないかもしれない。そうだとすると下部のガスオーブンレンジも一緒に交換ということになるだろうか。

下部のガスオーブンは電子レンジにもなっているので、なにかを電子レンジでチンするのにも、ピザを焼いたりするにもオーブンを使う頻度は高く、このオーブンは絶対的に必需品なのだ。

ガスレンジにオーブンも交換?

そうなるとえらい高い金額になってしまいそうだ!

そんなことをここ2年ほど悩んでどうしようかなと考えていたので、ネットでシステムキッチン用のガス台が思いのほか安いのを見て、ガス台だけ交換できるかどうか問い合わせてみた。

ガス台だけ単独で交換出来たら負担は軽い。

東京ガスだと軽く10万ぐらいって言われちゃっていたからだ。

そして見積もりをしてもらったところ、ガス台だけ交換はできるけどTOTOのガス台がキッチン面から下がっていることによる嵩上げ部分の部品が色々と必要になるようだ。ガス台自体は一番安い余分な機能がまったくないものを選んだ。

見積もりの結果は標準より約2.2万円プラスとなった。

う~む。

さて、どうするか?

ガス台がフラットでないぶん掃除をするときに、鉄の塊でガス台全面を覆っている5枚の五徳をどかさなくてはならない。これは結構面倒。だから少し汚れが目立つまでなかなか掃除をしようって気にならない。

f:id:i-shizukichi:20170302105136j:plain

※もう汚いガス台だから本当は撮影したくなかったけど、私の文章欲では説明が難しいので敢えて画像を追加です(^^;)

だけど少しでも汚れているガス台って、見た目が気になるのでこれは精神的に良くないのだ。

交換も視野に入ったことだし、そのグリルはなんで炎が1か所に降り注ぐのか調べてみることにした。まあついでにグリルの清掃も兼ねてだけどさ。

グリル台を取り出してグリルの内側を見ると炎が降り注ぐわけが分かった。

20年経てグリフの火が出る外周部分ではない、内側の鉄の天板が腐食して太めのボールペンぐらいの穴が開いていたのである。

よく見ると太いボールペン代の穴は中央に一つだけど、その鉄板面のあちらこちらに大なり小なりの穴が幾つも見える。これは交換時ではあるだろう。

なぜ天板に穴が開いていると炎が降り下りてくるのか、皆さんにはお分かりになるだろうか。

その理由はガスグリルの天板の仕組みが原因なようだ。

先ずガスグリルの天板の外周には、2㎝程の幅で小さな穴がたくさん開いた縁取りがあり、そこにガスが出て天板の外周に蛍火のように火が点くのだ。

その天板自体がガスバーナーでありバーナーの基本として火時はその中にガスが送り出されてくる仕組みとなっている。だから天板の中はガスが詰まっている。

ガスが詰まっている天板ガスバーナーだから、その天板に穴が開いていたらその穴めがけてガスが飛び出し、その飛び出したガスに火がくのは当然だろう。

そんなわけでわが家のガスグリルの天板からは部分的に炎が降り下りてきて、焼き物を漕がしてしまうというわけだ。

待てよ、ひょっとしたらこの穴をふさいだら、このまま使えるのじゃないだろうか。

そう思うのは私に身についた生活臭ゆえの知恵。

生活臭とはいわば貧乏人臭とも言える生活の知恵。

「鉄板を入れてこの穴を塞げばいいんじゃねえ」なんて、実際にはこんな汚いものの喋りは一切しない私だけど、そんなつもりになった。

でも現状の穴の大きさだと、この穴から鉄板を入れるて穴を塞ぐのは難しい。

そこでこの穴を広げて鉄板を入れたらどうかと考えた。

鉄板は何にするかと考えて、そうだカッターの刃が良いだろう。標準のカッターではなく、標準より倍の幅のある頑丈なカッターの刃を入れてこの穴を塞ごうと考えた。

ヤスリで太いボールペンほどの穴と、隣の小さ目の穴とを繋いでカッターの刃が入るサイズにした。

幅広のカッターの刃が入るサイズの隙間の中にカッターの刃を何枚か放り込んだ。少し短くしたカッターの刃も放り込んだ。

さてこのカッターの刃でこの穴を塞ぐにはどうしたものか。空いている穴からカッターを入れているんだから、その穴を入れたカッターで塞ぐのは文字通りに矛盾がある。

で、究極の柵としてグリルの天板ガスバーナーの周りをトントンと叩いて、カッターの刃がちょうど穴の付近へ移動するようにトントンしたわけだ。

良さそうにカッターの刃が穴の上に移動したら、そのたびにガスを付けてみて炎が降らないかどうか様子を見る。これを何度か繰り返してなんとか合格点が出た。

これでガスグリルが普通に使える。

と思ったんだけど、確かに当分は使えるだろうけど、ガスバーナーに穴が開いているんだから、なにかの拍子にバックファイヤーみたいに火がバーナーの中まで入り込んで爆発なんて可能性もm無くはないかもしれないとこのブログを書いている最中に思った。

カッターの刃でガスの穴を部分部分ではあるが塞いであるので、これであれば焼き物は焦がすことはない。

f:id:i-shizukichi:20170301113314j:plain

火を点けずにガスグリルの天板を見て見るともうぼろぼろだね。

f:id:i-shizukichi:20170301113421j:plain

やっぱりガス台交換するべきかな?

二年と二月目

マタギ 山での不思議な話 怪奇現象 UFO 狐火 狸に騙される 呼び声 登山 山怪

山怪という本がある。

f:id:i-shizukichi:20170228100343j:plain

この本を初めて目にしたのは登山用品を販売している「好日山荘」であった。

場所は東京都西多摩郡瑞穂町箱根ケ崎の好日山荘であったが、残念なことにこちらの売店は閉店となってしまった。

八王子に近いこともあって、こちらの店でビバーク体験なんてツアーに参加したこともあったんだけど閉店してしまい残念ですが、立川駅近くに新たに売店が出来たそうでなによりです。

好日山荘という名のショップを知ったのは「 玉川ガーデンアイランド」でです。ガーデンアイランドには、プロトリーフさんへ植物を求めに行っていたのです。

プロトリーフさんでは珍種などでも大きな鉢植えを用意してそれは見事な園芸店でした。二つのフロアーを使用していたのですが、ある時行ったらフロアーが一つに縮小となってこちらも残念な思いです。

プロトリーフさんに行くことで目に入ってきた「好日山荘」の店名は、如何にも中華系が付けそうな名前で、チャイニーズ系アウトレットでもやっているのかなと、その頃はそんな風に思っていました。まだ登山やハイキングに目覚めていなかったからです。

その後登山やハイキングに行くようになって、多摩川ガーデンアイランドの好日山荘さんにも何度か買い物に行ったことがあります。ウェアーなどはここで揃えたかな。そんなわけで箱根ヶ崎好日山荘にも何度か行きました。

その箱根ヶ崎好日山荘さんで、山怪という本を手に取ってちょっとの時間だけパラパラと読んだ。怪奇な話や不思議な出来事などを聞いたり読んだりするのは嫌いではないので、パラパラと読んだだけだけだけど面白かった。

それでもお金を出して買うという気にはならなかったので、図書館に無いかと探してみたところありました。人気があるようでたくさんの予約が入っておりまして、私も何時でもいいからと貸出予約を入れておきました。

一昨日、図書館から「予約資料確保のお知らせ」というメールが来ました。なにかなあと思ってメールを開くと「山怪・田中康弘著」の本の貸出番が回って来たとのお知らせでした。

図書館のサイトで自分の予約を確かめてみると、なんと予約をしてから二年と二ヶ月目にやっと貸出しの順番が回って来たってことなのです。

山怪 [1]  (山人が語る不思議な話) 2015/12/31

時は巡り順番はやってくるものですね。

そして昨日は早速に図書館に出向いて予約してあった山怪を借りてきました。

山怪は、その体験をした方の語り口で書いてあるだけの話なので、妙な作りごとが一切ないので、その点が軽くて、その軽さが却ってその人にとっては真の体験の話なのだというところが興味深いです。

こういった話も、山に入るにもGPS機器やスマートホンで山岳地図などと文明の利器が出来て、どんどん神話の世界へと押しやられていく時代になりました。

そんな何事にも明るくなってきた現代でも、それでも世の中には時にして薄暗い部分が生じてしまい、理解不能な体験をする人がいなくなることはないようです。

それが人が人たらしめる脳の発達した人の性なんだろうと思います。

脳が勝手に情報を修正して見せる、実際には有り得ない道など、これなどは自分にも経験があります。単なる道迷いかもしれませんけど・・・

山を登っていて、こっちがルート道だと思って入って行くと、そこはルートではなくてやがてどこにも行けなくなってしまう。※こういう場合は自分の来た道を早目に引き返すのがセオリー。

仕方なく尾根を目指して難を逃れるんですけど、次回何処で間違ったかと検証の為に何度も同じコースを行ってその間違った箇所を探してみるのだけど、どうしても見つからないなんてことがあります。

これなどは脳がルートらしく見えたから、勝手にそこの場所をいかにもルートのように見せてくれたんだろうと思います。

脳の錯誤は自分が引き起こしているのだけれど、それを錯誤と気が付かないでいると、そこに複雑な要素が絡んでくると、これとてとんでもないことになってしまう可能性もあるわけです。

つまり目で得た情報を、頭では別の情報に拡大解釈して、その拡大解釈が目で見た情報として視覚野にフィールドバックされている現象だろうと思います。

だから後で同じコースを歩いても、その時にははっきりルートとして見えていた錯誤が起きた場所がいったい何処だか分からない。

実際にそのコースは、分岐もルートもはっきりしていて、間違えようのないほどにそれぞれに行く先のあるコースなんです。このコースを逸れる事の方が難しい。

そしてその錯誤は、自分の気が付かない内に起きていることが怖いわけです。昔の人ならこんなことが、何かに化かされたってことになるんじゃないかと思います。

赤馬・神奈川県相模原市相模湖町

赤馬 神奈川県 相模湖町 難読地名 あこう あこうま 国土地理院

昨日、南高尾山稜の関東ふれあいの道ハイキングで、大洞山から赤馬分岐赤馬ルートを通って赤馬に下りたので、なんとなく GalaxyTab で国土地理院の地図で同場所を表示させて眺めていたら、赤馬に「あこう」とルビがふってありました。

2014年12月20日・改定2版「高尾山登山詳細図」に「赤馬ルート」という文字が目に入ってきて、そのまま勝手に赤馬は「あかうま」だと思っておりました。

それに今まではこのルートを歩くことはまずないだろうとさっと流し見していただけでしたけど、先の GalaxyTab で国土地理院の地図で同場所を見てから、再度高尾山登山詳細図ををよく見てみると、赤馬ルートを辿った先の「赤馬」の表記に「あこうま」と読み方が書いてありました。

  なんで二種類の読み方が出て来たのかと、さらにネットで赤馬を検索してみた結果、神奈川県の難読地名にある赤馬の読み方は「あこうま」でした。

神奈川県の難読地名

 でも国土地理院のルビは「あこう」です。

maps.gsi.go.jp 

f:id:i-shizukichi:20170227105419p:plain

※画像は国土地理院が提供しているtexture.png画像です。

「あこうま」は難読地名として取り上げられているぐらいですから、正式には赤馬は「あこうま」と読むのが正しいのかもしれません。でも国土地理院の「あこう」との読み方はどうなのでしょうか。

Windowsに標準のIME(文字入力ソフトウェア)で「あこう」はは人名地名辞書でも変換できませんでしたが、「あこうま」は人名地名で「赤馬」と変換されます。

これってひょっとして、国土地理院のルビ「あこう」は「ま」が抜け落ちた誤植???

まさか国土地理院が誤植ってことはって思うけど、どこであれ誤植などのミスはあるのが基本です。国がやっていることだから間違いないなんてことはないのです。

片や「あこうま」は「高尾山登山詳細図」と「神奈川県の難読地名」とWinのIMEで変換可能と3ポイントです。此方「あこう」は国土地理院での表記のみで1ポイントだけど、国土地理院の名は権威絶大かな?

う~ん、そいでも、どうも誤植の可能性が強そうかな。

実際今の段階では「あこう」は誤植かどうかは分からないけど、少し考えてみたのですが赤馬を「あこうま」と声に出して言ってみてください。

・・・どうですか?

言いにくくなかったですか?

「あこう」って「ま」を抜いて声に出すと言いやすいですね。

「あこうま」が本来の呼び名だったけど、言いにくいので話し言葉の呼び名として赤馬「あこうま」の「ま」を抜いた「あこう」の方が発音が楽ですね。

それで地元では「あこう」と読んでいる可能性は・・・あるかないか、誰か赤馬に住んでいる人がいるなら聞いて貰えないだろうかねえ・・・

GPS eTrex Touch 35J 購入

eTrex Touch 35J GPS 赤馬ルート 大洞山 赤馬 相模湖駅 ハイキング

今日はちょっぴり早起きして、前から相模湖川に降りたいと思っていたコースのうち一番簡単そうなコースで千木良へ下りました。

※詳細はヤマケイオンラインをご覧ください。

www.yamakei-online.com

天気予報は午前中は晴れだけど午後からは曇り気味になるというので、多分今日も一日快晴だろうと思っていたけどめずらしく昨日の予報のままだった。

二月には何度か明日は曇り気味とかの予報が、当日になれば晴れなんてことが何回かあって、明日は曇りだからハイキングは行かないことにして、当日ピーカン天気なのに自宅周りでうろうろなんて寂し思いを何度かしました。

今日日曜日の午後から曇りという予報は変わらないみたいなので、それなら早目に切り上げられるハイキングが良いだろうと、京王高尾山口駅から赤馬ルートで相模湖駅から高尾駅乗り換え高尾山口駅に戻るというコースにしました。

いつものようにチャリで京王高尾山口駅駐輪場まで行きます。

京王高尾山口駅からはそのまま甲州街道に出て、高尾山信号手前を左に入って東高尾山稜、南高尾山稜(関東ふれあいの道)とハイキングして、大洞山から赤馬ルートで赤馬(神奈川県)へと行きました。

f:id:i-shizukichi:20170226204446j:plain

ここは廿里町から来て、浅川の横を通って甲州街道に出る寸前の場所です。紅梅がきれいだったのでデジカメです。画像の奥が甲州街道です。中央本線の高架がかかっている場所です。

自宅を9時少し前に出られたので駐輪場に着いたのは9時36分でした。手に入れたばかりのアウトドアGPS eTrex Touch 35J を使う目的でもありました。

www.garmin.co.jp

私にとってこの eTrex Touch 35J は決してお安くないのですが、なんたって天性の方向音痴な私には絶対的な必需品なわけです。この eTrex Touch 35J のお蔭で、地図と照らし合わせて自分が今どこにいるかが分かるのです。

eTrex Touch 35J だけだと表示面積が狭すぎて、広範囲を表示させても地図音痴な私にはかえってどこか分かりにくくなってしまうので、比較する紙の地図も必携アイテムです。

もう少し地形図画頭に入っているようになると、縮尺が小さな地形図でも分かるようになってくれる事を願うばかりです。

この eTrex Touch 35J はハイキングで既に三度ほど試していますけど、これは購入して本当に良かったアイテムの一つです。いまその機能は単なるトレースにしか使っていないけど、そのうちルートを決めて使ったりとか色々出来るようになるとより面白いのではと思います。

今まで色々買った中で、何が良かったってってこの eTrex Touch 35J が一番いいんじゃないかな。

うちのやつと一緒の山歩きだと、うちのやつがルート設定や地図などを用意するのが好きなので、任せっぱなしで後を付いて行くだけでいいのですけど、いざ自分一人で山に行っても、高尾山でうろうろするのが精いっぱいです。

地図読みもまだろくに出来ない私は、道が分からないと怖くて一人では遠くまで足を延ばせませんでした。でもこの eTrex Touch 35J があれば進む方向が分かるので、これからは初めてのルートでも、もっと安心して積極的なハイキングが出来るようになるだろうと思います。

買って良かった eTrex Touch 35J です。