shizukichi's

ツアー旅行と高尾山(東京八王子市)周辺の低山登山を楽しんでいます。

2泊3日で四国周遊

12月13日から、2泊3日で四国周遊に行ってきました。

 

四国4県を巡って2泊3日なので、観光地と観光地の移動距離が長い旅行でしたが、とても良い旅行でした。料理が美味しかったです。

 

先ずは徳島空港からウミガメが産卵に上がる地という大浜海岸へ行、ウミガメの博物館カレッタで亀の見学。カレッタとはアカウミガメの学名からだそうで、アカウミガメの学名がカレッタ・カレッタということです。

f:id:i-shizukichi:20181215235224j:plain

ウミガメが産卵に上がってくる大浜海岸。

f:id:i-shizukichi:20181215235605j:plain

f:id:i-shizukichi:20181215235538j:plain

f:id:i-shizukichi:20181215235315j:plain

f:id:i-shizukichi:20181215235318j:plain

f:id:i-shizukichi:20181215235321j:plain

f:id:i-shizukichi:20181215235326j:plain

f:id:i-shizukichi:20181215235330j:plain

f:id:i-shizukichi:20181215235334j:plain

f:id:i-shizukichi:20181215235337j:plain

f:id:i-shizukichi:20181215235340j:plain

f:id:i-shizukichi:20181215235343j:plain

f:id:i-shizukichi:20181215235349j:plain

f:id:i-shizukichi:20181215235501j:plain

f:id:i-shizukichi:20181215235641j:plain

f:id:i-shizukichi:20181215235646j:plain

f:id:i-shizukichi:20181215235712j:plain

f:id:i-shizukichi:20181215235655j:plain

 

近くに神社があったのでお参りする。

f:id:i-shizukichi:20181215235820j:plain

f:id:i-shizukichi:20181215235820j:plain

 

宍喰温泉・ホテルリビエラししくいで阿波尾鶏ステーキの昼食。

f:id:i-shizukichi:20181216000052j:plain

阿波尾鶏(あわおどり)ステーキですが、ステーキというより煮てあるんだけど阿波尾鶏は美味しいです。

 

室戸岬

f:id:i-shizukichi:20181216091730j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216091701j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216091754j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216091809j:plain

展望台がありそうなので後で行ってみる場所。

f:id:i-shizukichi:20181216091833j:plain

 

幕末に活躍した土佐四天王のひとり中岡慎太郎f:id:i-shizukichi:20181216091903j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216091914j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216091923j:plain

展望台らしきところに行く坂道にクワズイモの群生。高知は、やはり南国土佐なんですね。山野も植相が豊かそうで植物好きにとっては羨ましい。けど、それが日常であるなら当たり前なのでもとから住んでいる人にはどうってことはないわけだ。

f:id:i-shizukichi:20181216091958j:plain

今回のツアーでこの展望台まで上がって来る人は私以外には一人もいない。

f:id:i-shizukichi:20181216092007j:plain

ここは恋人の聖地という展望台です。

ここでプロポーズするといいそうです♡

てへっ、照れるぜ(^^;)

f:id:i-shizukichi:20181216092015j:plain

恋人の聖地からの展望

f:id:i-shizukichi:20181216092042j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216092054j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216092104j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216092126j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216092140j:plain

アコウは別名タコノキともいうそうだ。根(気根)の部分を見ればなるほどタコ足配線しているみたいだ、

f:id:i-shizukichi:20181216092149j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216092216j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216092245j:plain

 

桂浜

f:id:i-shizukichi:20181216092953j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216093124j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216093138j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216093302j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216093259j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216093414j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216093356j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216093414j:plain

あまり期待できそうにない水族館は入館せず。

f:id:i-shizukichi:20181216093440j:plain

売店

f:id:i-shizukichi:20181216093522j:plain

 

高知城

f:id:i-shizukichi:20181216093623j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216093633j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216093641j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216093649j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216093749j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216093803j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216093826j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216093836j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216093845j:plain

それなりに楽しいのかもしれないけど、初めて高知城を見学する者にとっては、随分と悪趣味なライトアップだと思ったわw

f:id:i-shizukichi:20181216093852j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216093902j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216093910j:plain

波が揺れ動く感じのこのライトアップは七かな雰囲気があって良かった↓

f:id:i-shizukichi:20181216093931j:plain

 

高知プリンスホテルでの夕食。

f:id:i-shizukichi:20181216094317j:plain

朝食

f:id:i-shizukichi:20181216094221j:plain

バイキングでないのがうれしいし、料理もおいしかった。

 

2日目はいざ四万十川

f:id:i-shizukichi:20181216094353j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216094607j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216094616j:plain

遊覧船に乗車しながら昼食を頂く。

ここの鮎は天然だそうです。

手長エビのから揚げが、香ばしくて実においしかった。

f:id:i-shizukichi:20181216094624j:plain

沈下橋を車が通る。

欄干がないので怖い感じです。

人がいると車は人が橋を渡りきるまで橋を渡ろうとしないのがルールみたいです。沈下橋を見学に来て歩いていた二人組が、橋の上で、いつまでもふらついていてもじっと我慢して橋の手前で待機していた。

f:id:i-shizukichi:20181216094640j:plain

驚くほどの透明度。

f:id:i-shizukichi:20181216094701j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216094722j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216094735j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216094743j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216094754j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216094813j:plain

矢印の薄いブルーのなにかに注目!

f:id:i-shizukichi:20181216094821j:plain

何とバケツの破片・・・ここまで水が出る事があるのだろう。

f:id:i-shizukichi:20181216094857j:plain

 

四万十川の観光を終えて、バスはいつの間にか愛媛入り。

f:id:i-shizukichi:20181216095539j:plain

私達のバスに着いたバスガイドさんは年配の方ですが、とても知識豊富で色々なことをすらすらとガイドしてくれます。それは見事というほかはないほどですが、それには経験と日々の勉強が積み重なった結果でしょう。ガイドのプロというべき方です。でも、その声を聞きながら寝てしまうので、目が覚めればいつの間にか目的地です。

と、その前にトイレタイム。

f:id:i-shizukichi:20181216095552j:plain

土佐は闘犬・闘鶏ですが、愛媛は闘牛のようです。

島っ子は気性が激しかとで、その激しさを闘犬闘牛でも代弁させていたのでしょうかね。

 

で着いたところ愛媛で内子町散策です。

f:id:i-shizukichi:20181216100152j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216100202j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216100405j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216100415j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216100424j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216100433j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216100601j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216100614j:plain

セッコクの吊り作りが趣味のお宅のようです。

f:id:i-shizukichi:20181216100625j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216100718j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216100725j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216100738j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216100746j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216100756j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216100806j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216100813j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216102426j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216102450j:plain

内子町では和ろうそくの店があったので、和ろうそくの小さいのを一本買ってきました。和ろうそくは火をつけていてもロウが垂れてこないで全部燃えてしまうとかです。包装かと聞いていてふと思いついたのは、ロウが垂れてこないのはひょっとして単純にろうそくの形が逆円錐形になっているからなんじゃないかなと思ったけど、いかがかな?

 

道後温泉に行く前に、夕日の駅で話題になったとか言う下灘駅で夕陽を見ることになりましたけどあいにく雲が多くて夕日は見られませんでした。

f:id:i-shizukichi:20181216103011j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216103022j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216103031j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216103040j:plain

 

這い、そんなもんで気がついたらもう道後温泉は道後グランドホテルの前です。体がもう旅行に特化しているので、移動中は寝ていて、気が付けばそこがいつもそこが観光場所か目的地というありがたさですわwww

 

道後グランドホテルの夕食です。

f:id:i-shizukichi:20181216103330j:plain

バイキングじゃないのがうれしいし、料理もおいしく今回のツアーでのピカイチでした。

 

食事がすんだら、これまで買ったおみやげが少々重くなってきたので、ホテルの売店でなにかおみやげを買って、あわせて宅配便で送ってもらうことにしました。

 

宅配便の手筈も整ったので、さて道後温泉本館へ散策がてら入湯です。

f:id:i-shizukichi:20181216103824j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216103836j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216103843j:plain

いわゆる銭湯なので入湯料金は410円です。

休憩室などオプションを入れると色々と料金が上がりますが、それでも高いものではないです。それよりもオプションの方は一杯で利用できない事の方が多いです。

男湯には東湯西湯とありまして、太陽が昇って沈むように東湯から入って西湯に浸かって出てきました。

私は温泉では体を洗いませんので石鹸などは持って行きません。特に観光では汗をかくような労働もしていませんので、温泉は洗い場ではなくて温泉を楽しむ場所として出たり入ったりしながら温泉を楽しみます。でも、地元の人にとっては道後温泉はただの銭湯じゃと言いますので、当然日々の疲れを泡と共に洗い流す場所ではあります。

道後温泉本館正面の道後ハイカラ通り

f:id:i-shizukichi:20181216104019j:plain

右手に一六タルトの店がります。

季節限定のあまおうタルトショコラタルトがありました。あまおうはイチゴのあまおうです。試しにそれぞれを3個入りの小箱を買ってみました。食べてみた結果は、そのチャレンジ精神は良しとしておきましょうかね(笑)

 

道後グランドホテルの朝食。

f:id:i-shizukichi:20181216105041j:plain

とても美味しい。

じゃこ天(じゃこ=ちりめんじゃこのさつま揚げ)は炙るとよりおいしくなる。

 

朝食が済んだら松山城見学です。

f:id:i-shizukichi:20181216105242j:plain

ロープウェイで長者ヶ平まで行きます。

f:id:i-shizukichi:20181216105951j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216110004j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216110012j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216110022j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216110031j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216110048j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216110056j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216110103j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216110112j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216110120j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216110129j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216110140j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216110206j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216110214j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216110225j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216110239j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216110243j:plain

帰りはリフト利用です。

f:id:i-shizukichi:20181216110304j:plain

 

つづきましての見学は香川県に移動して金刀比羅宮拝観です。

f:id:i-shizukichi:20181216110556j:plain

左奥の橋は神様が渡る橋とかです。

他人は渡ることはできません。

でも、人が作ったのです。

作った時に渡った人はいたでしょうねえ。それに掃除の時も・・・

 

ま、まあ、まあ、お腹が空いたのでしょうかねえw

f:id:i-shizukichi:20181216110744j:plain

これに、うどんも付きます。

ちらし寿司は美味しかったです。

 

f:id:i-shizukichi:20181216110820j:plain

タクシーで行かれる方も行かれますが、ご覧いただきたいのはタクシーの行灯(車の屋根の上に乗っかっているもの)です。

 

う・ど・ん

f:id:i-shizukichi:20181216111108j:plain

さすがは、香川県様、脱帽でございます。

 

f:id:i-shizukichi:20181216111309j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216111316j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216111324j:plain

金刀比羅宮までは石段を756段登ります。

f:id:i-shizukichi:20181216111338j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216111346j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216111354j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216111401j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216111410j:plain

石段に付いても面白い説がありますので、ネットで検索して調べてみるといいのではと思います。

f:id:i-shizukichi:20181216111417j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216111431j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216111439j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216111446j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216111456j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216111505j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216111513j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216111523j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216111530j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216111540j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216111548j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216111558j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216111605j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216111618j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216111635j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216111643j:plain

金刀比羅宮には5-6年前にも一度来ています。

その時は奥社まで参拝してきました。

f:id:i-shizukichi:20181216111652j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216111701j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216111708j:plain

さざれ石↓

f:id:i-shizukichi:20181216111717j:plain

金刀比羅宮からの帰りは、案内人の方に地元の人しかほとんどの人があるかないという、抜け道のような坂道を下りて行きました。

f:id:i-shizukichi:20181216111726j:plain

階段じゃないので楽です。

f:id:i-shizukichi:20181216111733j:plain

楽しい案内人さんのお話に、あっという間の2時間ちょっとの時が過ぎてしまいました。

 

と思ったら、次の観光地鳴門の渦潮です。

f:id:i-shizukichi:20181216114135j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216114150j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216114203j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216114211j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216114321j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216114220j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216114256j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216114229j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216114237j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216114409j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216114417j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216114424j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216114445j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216114452j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216114458j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216114516j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216114527j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216114535j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216114546j:plain

f:id:i-shizukichi:20181216114554j:plain

鳴門の渦潮見学が終わったら、いつの間にやら羽田空港です。

羽田から八王子まで変えるリムジンバスは1時間ごとのこと。立川駅へなら6分後に出るバスがあるということで、立川駅から中央線で帰ることにした。

 

今回の旅行は読売旅行を利用した。

 

読売旅行を利用するのは実に7-8年ぶりだろうか。以前はよく利用したのだが、ツアーで提供する料理の余のひどさにいささか嫌気がさしてから全く利用しなくなっていたのだ。

 

今回のツアーで昼食は全てオプションだからまあまあ良い料理が出た。オプション昼食でも最後の香川県での金比羅山での食事だけが今一だったけど、それ以外はすべてよかったので、また読売旅行も利用しようと思っている。

 

※各観光地の詳細情報は、ネットでググればたくさんありますので、関心のある方はカテゴリーワードで参照してください。