へのへのもへじ

行動メモブログ(スマホもPC表示推奨)

第1回 富士山すそ野一周ウォーク


第1回 富士山すそ野一周ウォーク

 

 2019年12月10日

 

クラブツーリズムの富士山すそ野一周ウォークに参加した記事の再投稿です。富士山の裾野をぐるりを月一で17回に分けて巡るツアーです。約一年半一度も欠かさずに参加してきました。その記録を17回に分けて再紹介します。

 

2017年9月27日水曜日が記念すべき富士すそ野ウォークの第一回目です。

 

富士すそ野ウォークは月一回で十七回完結です。その記事を今日から毎日で十七回ですから、毎日再投稿は連続ドラマのまとめ配信みたいな感じですかね。17回も同じような記事が続いては面白くないかもしれませんね。

 

富士すそ野ウォーク十七階参加したツアーに参加者としては、このツアーは平均して天候悪くて富士山が拝める回も少なかったのですが、毎回の記事で不平たらたら書いていますけどそれでも楽しかったツアーでした。ぜひ回を追ってご覧いただけると嬉しいです。

 

f:id:i-shizukichi:20190705192932j:plain 

 

 

記事自体はそれぞれの記事の同じ内容の再投稿になります。

 

どの記事もブックマークコメントもないただ投稿しただけだった記事なので、このままでは記事主としてもあまりに寂しい。ゆえに富士すそ野ウォーク十七回を毎日一本再公開という挙に出てしまいましたが、皆さんに富士すそ野ウォークとはどんなものか知って貰えたらと思います。

 

なんたってアイドルのキョンキョンじゃなかった、日本で一番の誰もが知っているジーザス・クライスト・スーパースターでもなかったけどつまりその、日本一の山である富士山の裾野をぐるり回るのは、月一回ツアーと言えども根性がなくては完結しません。

 

そんな日本一の山としての超ド級のスーパーマウンテンである富士山の裾野がどんなふうなのか、興味を持たない人は少ないのではと思います。富士山の周りぐるり浅間神社が配置されていて、富士山そのものがいかに霊峰富士であり古来からの信仰の対象であったかの一端が分かるのではないかと思います。

 

よろしかったら感想などを[コメント]や[ぶコメ]でいただけると、ブログ主がほっこりほっこりとしてとっても喜びます( ^^) _旦~~

 

富士すそ野 歩き歩いて 一回り

もへの もへじ

 

◇◇◇◇◇ 

 

2017年9月27日水曜日に、クラブツーリズムのバス旅行で「富士のすそ野ぐるり一周ウォーク第一回」に参加してきました。十七回あるツアーだけど面白くなければすぐ止めればいいさとそんな気持ちでした。

 

八王子駅南口に集合し観光バス乗車で、先ずは中央高速を通って富士吉田市へ行きます。

 

富士吉田市で「北口本宮浅間神社」に参拝してからウォーキング開始です。

f:id:i-shizukichi:20170927200734j:plain

この鳥居の表札ともいえる扁額には「冨士山」とあります。

 

決して「富士山」ではありません。

 

点があるとないで、点は音が天に繋がるので畏れ多いのでしょうか?

f:id:i-shizukichi:20170927201539j:plain

神社に流れくる水路に沿って、道の駅富士吉田方向にハイキングしていきます。

f:id:i-shizukichi:20170927201555j:plain

画像右は新屋山神社です。

 

なにかお金に関係ある神社だそうで、参拝の人も少なくないようです。

f:id:i-shizukichi:20170927201906j:plain

福地用水沿いに色々と秋を感じさせる植物が発見できます。画像左上からモミジの種、右は吾亦紅、下左は野菊、右はアケビの実です。

 

f:id:i-shizukichi:20170927202203j:plain

上の画像二枚は、道の駅富士吉田近くの富士講の宿坊跡だったかな。ガイドさんが説明してくれるんだけど、聞いているそばから忘れちゃうんだよw

 

下の画像二枚は道の駅と富士山レーダードーム。

 

道の駅「富士吉田」で自由昼食です。

昼食後、忍野八海に向けてハイキング化再開です。

f:id:i-shizukichi:20170927203443j:plain

f:id:i-shizukichi:20170927203450j:plain

左ツリバナマユミかな、右はサラシナショウマとか。

 

f:id:i-shizukichi:20170927203452j:plain

ハナイカダの実とチゴユリの実。

 

f:id:i-shizukichi:20170927203627j:plain

忍野八海に入ってきました。

f:id:i-shizukichi:20170927203710j:plain

f:id:i-shizukichi:20170927203713j:plain

f:id:i-shizukichi:20170927203715j:plain

始めて忍野八海に来た時には、本当になんてきれいな水なんだと思った次第でしたが、何度か来ると大したことないなあと感激が薄くなります。

 

これって経年感激劣化とでも言いましょうか、こうなってはだめですので気持ちを新鮮に持つよう努力しましょう。

f:id:i-shizukichi:20170927203853j:plain

イチイ(おんこ)の実が赤く色づいています。

 

この実は甘いのですが、中に入っている種は大きいです。

 

しかもその種は有毒です。

 

イチイは果肉を除いて実の中の種も樹木も葉もすべて有毒で、中の黒い種5~6粒で命を落とす可能性すらあります。とは言え果肉を食べても種まで食べる人はそうはいないと思いますけど、どうぞご注意ください。

 

また寒いところの方が甘さが強いですので、忍野八海のイチイはそれほど甘くはなかったです。*1草津や塩原の方が甘味が強いです。*2北海道のも甘いとかハイキング同行者の方が言っていました。*3

 

肝心の富士山は曇り気味で、ちらっちらっと部分部分がちょっぴり見えただけでした。関東近県で山に登って見晴らしの良い頂上に至れば、先ず富士山は何処かなと富士山を探してしまうほどに冨士山って遠くから見るといいですね。

 

ハイキングはハイキングだけで合計約3時間ぐらいでした。携帯の万歩計アプリでみたら、帰宅するまでに約二万歩です。ハイキング以外にも動いているけど、この程度のハイキングで二万歩にもなるんだ。

 

このツアーは初回数回は、ほとんど平地を歩くので登山靴でもなくても大丈夫なようです。私は今回スニーカーで参加でした。回が深くなったり冬期になると雪が積もっていたり、雪が降ってくることもあるので登山靴が必要なシーンも出てきます。

 

忍野八海でも有料のところには入りませんでした。

 

有料と別に、もう一ヶ所の忍野八海見学を残し今回は終了です。

 

二回目は残してある忍野八海の一つの見学からハイキングが始まります。有料のところは二回目もどうやら見学はしないみたいです。

 

最後は「石割の湯」にて入湯です。

f:id:i-shizukichi:20170927204316j:plain

一般入湯は800円です。

 

「富士のすそ野ぐるり一周ウォーク」は毎回温泉がついていますので、これもうれしいですね。歩くのはちんたら歩きなので少々もどかしいですが、これも慣れればこれはこれで楽しいと思います。

 

二回目も参加してみようと思いますが、参加費用は1万円以上になるのでそれだけのお金を出すのなら登山の方に使いたいなあなんて思っちゃいますけど、取り敢えず二回目参加してみるつもりです。 

 

◇◇◇◇◇ 

 

後記:

初回はなんだかちょっと物足りない思いのハイキングでした。それにまだお互い知らない人ばかりで、少し遠慮もあるみたいな感じでしたから馴染みも薄いものです。私はそういったことは全く気にしません。実にマイペースです。それもスピーディーなマイペースなので余裕しゃくしゃくの参加です。

 

富士山すその一周ウォークは初回は物足りなかったのですが、回を重ねるごとに…雨ばかり見たいなことも多くて、次こそ参加を止めようかなと思う事もありました。さてさてそんな富士すそ野一周ウォーク次回はどうなるでしょうかね。

 

 

f:id:i-shizukichi:20190722094759g:plain


*1:って、食べちゃいけません。

*2:って、食べちゃいけませんってばぁ!

*3:って、食べちゃいけませんってばぁ!