チコちゃんに叱られないブログ

ブログ向上で生活を豊かにしましょう。

埼玉県飯能市の伊豆ヶ岳登山…その4(終)😎

伊豆ヶ岳登山…その4(終)

2021年3月18日 

 

いづいづみても伊豆ヶ岳、廃、獰猛どうもうです。

中高年の星☆爺婆の太陽 の静吉プレゼンツでございます😍

 

伊豆ヶ岳のその1はこちらです。 

i-shizukichi.hatenablog.com

 

伊豆ヶ岳のその2はこちらです。  

i-shizukichi.hatenablog.com

 

 伊豆ヶ岳のその3はこちらです。  

i-shizukichi.hatenablog.com

 

 

前回は子ノ権現の大仏様の手の上で終わりになりました。

 

f:id:i-shizukichi:20210316215057j:plain

 

 

以前にお値段がお手頃だったので、暇があれば元女房と中国によく旅行に行っておりました。私はとっくに暇でしたけど、女房はまだ仕事をしておりましたので、女房がうんと有給を貰えた時に海外旅行にも良く行きました。

 

どういうわけか1元女房は0日間ぐらいの有給をくれる良い上司に恵まれていたので、ベトナムカンボジアなども行きましたが、なんと言っても回数が多いのはやはり中国でした。

 

中国は人口も多く旅行もブームになっていたみたいで、どこの観光地でも中国人が多くってそれは当然ですけど、その観光地の名所で中国人の方たちは写真を撮るときに色々とポーズをとるので、撮影場所が開くのにちょっとイライラしちゃうほどでしたけど、いつの間にか私達にもポーズをとる癖が移ってしまって、おたがい色々とポーズをとって撮影しておりましたので、今でも写真を撮られるとポーズをとってしまいます。

 

基本写真を撮るのは好きですが、撮られるのはあまり好きじゃないですけど、調子に載せられて幾つもポーズしちゃいました😅

 

大仏の掌の上で動き回っていた孫悟空がどこまで行っても大仏の掌の中にいたってのが西遊記の冒頭あたりにあったと思いますが、その大仏様の掌でポーズをとりながらスマホ撮影をしておりました。

 

やがて子ノ権現に向かって歩を進めると、坂道にモグラの屍が落ちていました。

自分の人生でモグラの屍を見たのはこれが二回目です。

一回目は明王峠を与瀬神社に向かって下山していたときだったかなと思います。

f:id:i-shizukichi:20210317195241j:plain

モグラの屍はよく見るととてもきれいでした。

毛皮がつやつやで、これで泥の中でも体が汚れないとするのだからモグラの毛皮でコートを作ったら汚れにくい毛皮が出来るのではないかなって思ったほどです。

 

いずれにしても合掌です。

 

 

はい、こちらが子ノ権現です。

f:id:i-shizukichi:20210317195721j:plain

たいそう立派なお寺ですが裏手には鳥居もあったので神仏習合の寺と言うことですね。

子ノ権現は上の画像で右手に大きな鉄の草鞋わらじが見えますように、足腰守護の神仏になりますので、健康で歩きたい人にとってはありがたいお寺です。

 

なんと100円もお賽銭を入れちゃいました。

 

 子ノ権現の鉄で出来た巨大草鞋のところで撮影したりしておりました。

f:id:i-shizukichi:20210317200310j:plain

f:id:i-shizukichi:20210317200335j:plain

 

とすると一人のご年配の方が上がって来たので、私はてっきり住職の方かなと思いました。好き勝手に撮影していたのでお参りさせていただいていますとご挨拶をしました。

 

少し話をするとどうやらご住職ではなくて参拝に来た方のようです。

 

雑談をしているうちにそれじゃあ送ってあげましょうかと言われたので、このあと道路を歩いて駅まで行くのは最低でも1時間30分はかかりそうなので、ちょっと辛いなあって思っていたところに渡りに船です。

 

「ぜひ、お願いします」

 

勢い込んでお願いしちゃいました😅

遠慮会釈のない厚かましいおいらなのです。

 

 

車はすぐ近くに停めてあったのですが、本当の駐車場は個の下だというのでそこれ待っててくださいと言われました。

  

f:id:i-shizukichi:20210317201135j:plain

 

ほどなく車がやってきましたぼくたちパーティと言っても二人を拾ってのせてくれました。大きな車でバンのようです。

ハイブリッドと書いてありました。

後部座席に乗りましたけどドアも自動で開閉するし、かなり高価な車のように思います。すみません、車には興味ゼロです。

 

兄貴は車が好きで最初はアメ車からそのうちジャガーに、最後は長くベンツを乗っておりました。一時ジープにも凝っていたときもあったので、その後はベンツのジープみたいな車を乗っていました。その車は兄の息子が乗っていて、どこかに駐車していたら盗難に遭ってしまいました。たまたま車両保険に入っていたそうで被害は最小限でした。

 

が、です。

新車好きな兄の車は乗ると臭いのです。

 

納車時に汚れないようにシートにビニールなどを被せてあるので、そのビニール臭が臭くて臭くて、どこか行こうって誘われて同情するのですが、新車特有の臭さですぐに車酔いして途中で下ろしてもらって歩いて帰る程の車酔いになっていました。

 

とくに昔の新車は臭かったです。

車好きな人はこの匂いが新車らしくて良いというのですけど、ぼくは風が入ってくるようなポンコツ者じゃないと車酔いしてしまうのです。

 

貧乏性なんです😅

だから車よりはバイクの方が好きです😋

 

話を元に戻すと新しい車なのですが臭く無くて気持ちが良かったです。

そして西吾野駅まで送って下さって、本当に感謝です。

改めて

深谷のH本様、その節はありがとうございました。

今でもうんと感謝しております。

 

伊豆ヶ岳登山はアップダウンがきついので、正丸駅から子ノ権現まで縦走してくるのはかなり厳しかったです。縦走なんてことは数年来したことも無かったので余計にきつかったです。

 

子ノ権現で大きなわらじを見たりして楽しんでいましたが、そこから駅まで歩くことを考えたら、それこそ泣きたくなるほど大変なことでした。

 

送って下さったお陰で早く帰ってくることも出来ました。

そして駅で同行者の方と別れて自分は駅そばを食べて帰ってきました。

 

八高線のホームの駅そばが私のお気に入りの立ち食いそば処です。

いつもはかけ蕎麦しか食べないのですが、今日は奮発して紅ショウガ入りかき揚げ天ぷらそばにしました。

 

 

そばの味がひときわ美味しかったです。

 

以上四回に分けての伊豆ヶ岳登山は今回にて終了です😋

 

首都圏1000kmトレイル1 詳しい地図で迷わず歩く!  奥武蔵・秩父354㎞

首都圏1000kmトレイル1 詳しい地図で迷わず歩く! 奥武蔵・秩父354㎞

  • 作者:佐々木 亨
  • 発売日: 2015/09/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

  

 

 登山のお供にどうぞ😋

  

この記事は 中高年の星☆爺婆の太陽 静吉がお届けしました😎 

 

聴けよ静吉っつあんのオリジナル歌謡(自動再生だよ)

 

◇◇◇◇◇

 

 

YouTube チャンネル登録

  

Amazon.co.jpアソシエイト

ルイヴィトン 

ルイヴィトンiPhone X iphone XS

ミニショルダー

スマホ

日常は非日常時代へ

持とう・ミラーレス一眼

パソコン

Amazon Prime お得♡

パナソニックミラーレス一眼

 

f:id:i-shizukichi:20200621012743j:plain