へのへのもへじ・改

ツアー旅行と高尾山周辺低山ハイキング(スマホもPC表示推奨)

非常に、これは良いぞ・・・

Hatena Blog のおすすめでちらちらっと他の方のブログを見ていましたところ、とても良いものを見つけました。

 

それは

 

これ

簡単!最速!【 中学生のための 時差の計算 】

www.kingkong.tokyo

 

 

これ 

簡単!最速!【 中学生のための 年号連想記憶 】

www.kingkong.tokyo

 

 

どちらもおいらの超苦手な分野なんですが、前者は公式的ルールを憶えるだけという超お手軽さで、これで時差が分かるんだと目からうろこです。

 

後者は、語呂合わせ系暗記でおます。

 

う~ん、暗記ねえ「外郎売」をやったみたいにして、脳活のためにやってみるかな。

 

短文で整理されて暗記しやすそうですし。

 

どちらも中学生のためとありますけど、これは大人のためにこそ必記憶でしょうか。覚えておくと、どこそこでひょんなことからうんちくが語れるってもんです。

 

きゃあ、もへじさん凄いって、黄色い歓声が飛んでくるなんてことも・・・それは、まあ、ないだろうけどw

 

って、さっそくコピペでプリントアウトしてましまいまたけど・・・憶えて活用できるかどうかが問題なんじゃなくてえっ、憶えようってその時思うことが大事なんだ。たとえそれが3秒の間であってもだ。

 

なに、3秒じゃ少ないって!

 

その3秒の間に、世界で何人の赤ん坊が生まれ何人が死んでいるか。

 

あるいは宇宙の果てで文明が生まれあるいは滅んでいるかもしれないし、または星が生まれ星が死んでいるかもしれないのだ。

 

それこそが幾星霜ってもんだ。

 

なんにしても知らないことを知っていなければいけなかったことを再度知るってのは、温故知新ならぬ再度知新と言って、とても敬虔な行いなのだ。※適当な嘘を信じないようにw

 

キリストとともに磔になった罪人が言いました。

 

「おいら、悪ことをいっぱいしたが、悔い改めてえ」的なことを

 

キリストは言いました。

 

「あなたはもう私と共にあります」的なことを

 

つまり、悔い改めた罪人の方がより神に近いのだ。

 

おいらもつまり何が言いてえかっていうと、台湾に一周旅行で「花蓮県豊濱郷靜浦村」で北回帰線の記念塔が建っていて、そこを見学した時に北回帰線ってなんか習ったような気がしたなあと思ってはしゃいでデジカメしまくった覚えがあるけど、実際に北回帰線がなにかなんて全然わかっていなくてただ感激興奮したという苦い思い出さえあるおいらが、時差の計算方法を習おうとしたり年号連想暗記をいまさらながら、うんとうに今更過ぎるほど今更ながらにでも憶えようって思うことの方が、憶えていることよりも憶えることよりもはるかにはるかに凄いことなんだぞってことだ。

 

で、それでも憶えられないことのこれが言い訳ってわけなのね。って、そんなにはっきり言わなくても・・・

 

あ、あったよ、北回帰線記念塔画像が!

f:id:i-shizukichi:20190310210239j:plain

台湾一周旅行は2010年10月のことでした。(ちなみに台湾にはこういった北回帰線塔的なものが三か所あるみたいです。ネットで探したら、おいらの見たのと違うのが出てきたので調べてみた)

f:id:i-shizukichi:20190310210249j:plain

※このスニーカーは柔らかくてお気に入りだったなあ。ボロボロになるまで履いちゃったけど、本当に気に入って毎日履いていた。懐かしい。

f:id:i-shizukichi:20190310210300j:plain

台湾一周ツアー最終日はザ グランド ホテル (圓山大飯店)に宿泊。

※その後も何回か台湾に行きましたので、いずれ台湾ネタでブログろうw

 

なんか

 

今日は 

 

おっぱい

 

いっぱい、お勉強した気がする