へのへのもへじ

ざっきざっきと雑記でブログを歩く(スマホもPC表示推奨)

リトライは新規記事で投稿することをおすすめする5つの理由


リトライは新規記事で投稿をおすすめ

2019年9月15日

 

ノウハウ系でない限り Google など検索サイトで検索で表示される記事と、 Hatena Blog 関連からのアクセス順位には違いが見られます。

 

ここでリトライの用語説明をします。と言ってもリトライをググれば分かる事でそれは単純に「再試行」です。

 

同じ再試行でもブログ的には、過去記事を修正手入れするリトライと、過去記事を参照に新たに同じテーマで新規記事を投稿するの二つの意味付けとします。

 

 

 Google など検索サイトからのアクセスと Hatena Blog 側からの内なるアクセスで多数回表示される記事は、こまめに文章の錯綜修正と誤字脱字を修正し記事のグレードを高めることをおすすめします。

 

f:id:i-shizukichi:20190705192932j:plain

 

ですが「 Google など検索サイトからのアクセスと Hatena Blog 側からの内なるアクセス」が少ない記事は、リトライでいくら質を高めても、その記事が目に触れることはほぼありません。

 

その理由

  1. ノウハウ系なので検索されることがほぼない。
  2.  Hatena Blog からのアクセスはほぼ当日から数日迄。

結果、それらの記事は死に体状態で航空機で言えばダッチロール状態。もはや手の施しようがないままです。

 

とはいえブログ記事です。

 

あなたのブログにも購読者が日を追うごとに増えて来たでしょう。

 

えっ、増えていないって。

 

あなた自己満足ブログならそれでもいいけど、誰かに読んで貰いたいからブログっているんでしょう。

 

そうじゃなかったら公開する必要はないから鍵をかけなさい。

 

読んで貰いたかったら、他の方のブログを購読し読者になりまくりましょう。

 

そしてひとことでもいいから「参考になります」「勉強になりました」「面白かったです」をブックマークコメントに書いてくる。

 

これだけで購読者はうんと増えてきます。

 

でも、どうでもいいって状態だって当然ありありですから、人の言に左右されることもないです。

 

なんてことを書きだすと、以前のように長くなりそうだからちゃっちゃと記事をまとめます。

 

リトライは新規記事で投稿することをおすすめする5つの理由

  1. ノウハウ系記事以外は検索でピックアップされることはほぼない
  2.  新規記事の Hatena Blog 側からのアクセスはほぼ当日か数日のみ
  3. 検索サイトと Hatena Blog 側からアクセスされない記事はないのと同じ
  4. 読まれない記事は今後も読まれないから、修正手入れのリトライだけじゃ効果は薄い
  5. ないのと同然の過去記事を、今の気持ちでリトライ新規投稿することで購読が増える。読まれない記事はあなたにとってネタの宝庫

 

ブログを始めて数か月以上経ったあなた、初投稿の記事をリトライしてこんな気持ちでブログやっていますけど、今はこんな風になったとかどうたらこうたらから、初心に戻る意味でもリトライで新規記事を作ってみませんか。

 

方法は「記事の管理」から初投稿記事を捜して、編集ではなくて「コピーして新しい記事を書く」で作成します。初投稿した時やその記事を書いたときの雰囲気でリトライしましょう。

 

んじゃ、あなたの初投稿のリトライ記事楽しみにしています (´▽`)

 

 

◇◇◇◇◇

 

 


f:id:i-shizukichi:20190722094759g:plain 


CM

  1. 旅行なら楽天トラベル  
  2. 新品も中古も激安PC勢ぞろい!パソコン買うなら楽天市場
  3. 楽天トラベル