チコちゃんに叱られないブログ

ブログ向上で生活を豊かにしましょう。

ドラマの緊急事態宣言に思う😎

ドラマの緊急事態宣言

2021年1月13日 

 

どらどら~どらどなどなどなう、廃、獰猛どうもうです。

中高年の星☆爺婆の太陽 の静吉プレゼンツでございます😍

 

緊急事態宣言で夜散歩の出足をくじかれて、ちょっぴり落ち込んでいるブログ主でございます。夜8時以降は歩くな(外出を控える)ということで厳戒令にも近い感じがしなくはないです。

 

緊急事態宣言と言っても法的拘束があるわけじゃないので、夜散歩に行きたければ行っても構わないと思うのですけど、ブログ主の夜散歩には実はもう一つの目的がありました。

 

それは散歩の途中でスナックに寄ってカラオケを歌ったり店のママや客と話をする一時であって、生活の中の2-3時間ですがとても大事な時間だったのです。これがブログ主が会話を持つ唯一の方法なのです。

 

事務的な話なら日々の生活の中にも時々飛び込んできますけど、事務的なものは会話というにはあまりにもお粗末で、それは必要なことを伝えるだけの無機質的になっているメッセージに過ぎません。

 

だから夜散歩でのスナックに寄って、会話をして帰るというのがなんとなく日課になっています。スナックに行くというと酒を飲みに行くと思われがちですが、ブログ主にとっては酒は二の次三の次でスナックという場所での付帯物でしかありません。

 

ほぼ毎日通っていたそんなスナックも午後7時で種類の提供を止めて午後8時には閉店しなさいでは商売にならないのですが、そこは要請に従えばお金がもらえるとのことでさっさと店を休業にしてしまいました。

 

客のことを考えない薄情な店と思えども、通常の売り上げよりも多くのお金が支援金としてもらえるのだから、逆の立場だったらブログ主もそうしたと思います。

 

だって店を開けるってのはそれなりの準備だって必要なのに、数時間のためにしかも客の来ない時間帯のために店を開けるのはかなりきついでしょう。

 

スナックに早くから来る人もいなくはないですが、平均してスナックの客は大体8時ごろから動き始めるのです。それまでは居酒屋などで会社の帰りに同僚とかと時間を過ごしていることが多いのです。

 

だから午後7時でアルコール類の提供ストップで午後8時で閉店となると、客が来ないと分かっている店を開けざるをえなくなるのです。

 

それなら緊急事態宣言で営業時間短縮の要請に従って支援協力金を貰った方が割りが良いので店を休業にするというわけです。

 

 

 

 

 

 

たまに数秒は「たまに行く」 です。

 

僕が言えることもあるは「ぼくが行くこともある」です。 

 

 

 

急 

Amazon プライムビデオで緊急事態宣言というドラマが見られる。

今のところシーズン1として全5話となっています。

1本あたり大体30分前後のドラマです。

 

こんなドラマがあるのは知りませんでしたけど、 Amazon プライムでの評価を見ると星が2.5と高くはありません。評価が高くないというよりも、評価が低いと言った方が合ってるかなと思います。

 

その評価も高い評価と悪い評価に極端に分かれていて、悪い評価の方が高い評価の倍以上あります。この際だから中間の評価はどうでもいいことにしましょう。2021年非常事態宣言が出て改めて2020年5月以降に制作されたと思われるドラマである。

 

各ドラマはそれぞれに関連性はないですが、ドラマのテーマは新型コロナウイルスによる非常事態宣言を扱ったドラマになっています。エピソード5だけは新型コロナウィルスでの世界的ドキュメンタリー風な感じに編集されています。

 

エピソード1 デリバリー2020

自粛生活が続く中でそれぞれ家族はバラバラで生活しているためにオンライン誕生日を開く…

 

エピソード2 孤独な19時

新型コロナウイルスにコウモリ感染力の強いウイルスが現れ、長きにわたって自粛生活を余儀なくされた。ある家族に赤ちゃんが生まれ、その赤ちゃんは生まれてから30年間一度も外に出たことがない…


エピソード3 DEEPMURO

なんか柴咲コウが出演しているのにドラマ自体はさっぱり意味が分からなかった。IPhone 系の顔交換アプリにより出演者の顔が色々に変わって誰が誰かわからなくなり、ハチャメチャになってしまうのだけど、それも含めてドラマになっているのだが…分からないドラマだけど理解したいとも思わない。だいいちMUROって誰だよ??


エピソード4  ボトムメール

余談から入るがこの文章は音声入力しているのだけれども、ボトムメールと言ったら発声が良くなかったのか Gmail と変換されてしまった。不倫女優の役がとても良かったと思うけどヒステリックなドラマで、タイトルになっているボトムメールだがそれ自体にたいした意味はない…

 

エピソード5 MAYDAY

東京時代宣言による世界各国の知人の様子をドキュメンタリー風に綴ったものです。MAYDAYが遭難信号としてのメーデーを示唆しているのだろう。新型コロナウィルスでの世界各国での日常が綴られている。

 

評価の低い映画だけど私にはそれなりに観ることが出来た。

 

最もつまらなかったのはエピソード3で、3に次ぐのがエピソード5かな。と言ってもこれは見る人によって評価が分かれると思う。

 

緊急事態宣言のドラマは2020年であったが、年が明けて改めて2021年となって年明け早々に1月8日から再度の非常事態宣言が出てしまったのは皮肉である。

 

2021年の非常事態宣下は明らかに、 Go to 何々で世の中を新型コロナウイルから目をそらさせた、現政府の大きな失策であろうと言える。その結果が2021年の新型コロナパンデミック状態である。

 

悲観してみればこの新型コロナウイルスは2021年度も2020年度と同じか、それ以上に2021年を疫病の年とさせてしまう可能性がある。それこそ緊急事態宣言ドラマでエピソード2の孤独な19時になりそうである。

 

新型コロナウイルスを抑える唯一の可能性としては、新型コロナウイルスワクチンの安全性と接種を希望する国民全員に渡るだけの量が手に入るかどうかにかかっているのかもしれない。

 

余談だが緊急事態宣言ドラマでエピソード2の孤独な19時は観た覚えがあるのだけど、新型コロナウィルスのドラマとは全く認識していなかった。いつ観たんだろうか?

 

  

この記事は 中高年の星☆爺婆の太陽 静吉がお届けしました😎 

 

◇◇◇◇◇

 

 

YouTube チャンネル登録

  

Amazon.co.jpアソシエイト

ルイヴィトン 

ルイヴィトンiPhone X iphone XS

ミニショルダー

スマホ

日常は非日常時代へ

持とう・ミラーレス一眼

パソコン

Amazon Prime お得♡

パナソニックミラーレス一眼

 

f:id:i-shizukichi:20200621012743j:plain