へのへのもへじ

ブリーチ金髪、心は十八歳、頭が痴呆じじいは漫筆ブログ家アーティストです。(スマホもPC表示推奨)

ブログ文章誤変換多発で Microsoft IME を見直してみた!

Top

誤変換で Microsoft IME を見直してみた!

 

Windows10 になってから Microsoft IMEMS-IME)の設定を見るなんてことをしたことがなくなっていました。以前には多少 MS-IME の設定もしていましたけど、今はパソコンにお任せでデフォルトでそのまま使っています。

 

それでブログでブログッているとあまりにも誤変換が多かったので、これはいけないと MS-IME の設定をウィンドウズ10にしてから始めて見直すことにしました。

 

凄い変化がありました。

(と、思っているけど勘違いと思い違いで首が痛いだけかもしれませんw)

 

ここで文章をタイピングしていて、これだけの文章をタイプするだけで今までだったら誤変換候補が多く占められていたのが、その誤変換候補がほとんど出てこなくなりました。

 

今回、MS-IME の設定にあたって幾つかのオプションを有効にしましたので、どれがどれかとはまだ分かりませんが、誤変換が少なくなったオプションはこれだろうと思います。

f:id:i-shizukichi:20190622195356j:plain

このダイアログボックスの『変換』タブで『注目文節が移動するときに移動前の注目文節を確定する』の項目にチェックを入れました。

 

多分ですが、これが誤変換候補が出てこなくなったのではないかと思うのです。デフォルト設定ではこの部分にはチェックが入っていませんでした。

 

多分というのは本日は次のような記事も書いたので、この記事ではタイピングと変換に少し慎重になっているような気もするので、それで誤変換候補があまり出てこないのかなとも思うわけです。 


実際のところ自分は問題を一つ一つ潰していったりとか、一つ一つの項目でチェックを重ねる的なプログラマー的要素が欠如している人間です。なので今回の MS-IME の設定でも他に三か所追加設定があります。実際にこんな風なまとめ設定では、どの設定で効果あったかが分かりにくいですよね。それが分かっていて細事に拘るけど細事に囚われたくないって感じかな。

 

まとめて三か所追加設定したのは次の項目です。

f:id:i-shizukichi:20190622200426j:plain

 

予測入力の項目三か所にチェックを入れました。それらの項目がどのような内容かは次のダイアログボックスのキャプチャ画像でご覧ください。

f:id:i-shizukichi:20190622200501j:plain

f:id:i-shizukichi:20190622200505j:plain

f:id:i-shizukichi:20190622200510j:plain

f:id:i-shizukichi:20190622200752j:plain

三か所にチェックを入れて『適用(A)』ボタンを押すか、続けて設定の見直しがもうなければ『OK』ボタンを押すことでこれらの変更が有効になります。

 

今のところこれら三つの追加設定をしても、『雲のアイコン』はまだ表示されていないのは住所関係は記事とは関係ないので当然ですが、『りんなアイコン』は表示されるようになりました。

 

けど、これは誤変換じゃなくて『AIりんな』による予測変換文字列です。だから誤変換じゃなく、意図的に変換しないと使うことはないでしょう。実際のところこれら三つは誤変換とはそれほどの関わりがないと思います。

 

MS-IME の設定はご存じかと思いますが、タスクバーの 文字入力 MS-IME から行います。

f:id:i-shizukichi:20190622201440j:plain これですね。アルファベットの『A』の部分を右クリックして『プロパティ(R)』で設定可能です。

 

おっと私はタスクバーをウィンドウの左端に立てて使っていますので、一般的にはウィンドウの下にタスクバーがありますから右端の方に同じ項目があると思います。

 

思いますなんて柔らかい表現を使っていますけど、そこにあるのがデフォルトなのになぜ思いますって書くのだろうかって思いながらそう書いているのってなんなのって思うけど、まあ良いか。

 

右クリックでこのダイアログボックスが表示されます。

f:id:i-shizukichi:20190622201744j:plain

『詳細設定(A)』をクリックし、項目タブから任意の設定タブを選択して任意の設定に項目の変更が可能になります。

 

文章作成で誤変換がなくなったと感じたのは、『変換』タブで『注目文節が移動するときに移動前の注目文節を確定する』の項目を設定してからです。

 

もし、誤変換にお悩みの方がいましたら、 MS-IME のこの設定を行ってみて誤変換が少なくなったなあと思ったらコメントなどでご報告くだされば感謝します。

 

    

 

今、気になるのは『いま』とタイプして、『いま? 今日だったら付き合える』なんて変換候補が『りんなアイコン』で出てくることです。

 

これがですね、変換候補を見ているとけっこう面白いのです。この『りんな』とタイプで『りんなが蘇生させます(?)』なんてのが出てきたりしているので、回を改めてマイクロソフトの女子高生AI『りんな』の予測変換についてブログってみたいと思います。

 

いやあ、タイプミスじゃなくて誤変換候補が少なく表示されたような気がするので、ブログ作成が一気にはかどった感じがしました。プラシーボ効果*1だったとしても、それだけでもよろしいのではないでしょうかw

 

と言いつつも、後で、また誤変換が隠れ潜んでいるのを、シューティングしなければいけないのかなと思います。

 

 

 

     


 追記:コメントに回答させていただきます。

zaihamizunogotoshi 私も設定を見直しました。住所とりんなちゃんはしてないけれど、いい感じかも!これならいける!?もう少し様子を見てみます。ありがとございます! 2019/06/23

 

確かに、何かいい感じがしますよね。

 

私はATOKポチリそうになったけど、ケチマリストとしてはこれでセーブできました。なのでATOKの体験レビューは『いつになるかな〜😂』←『』はりんなちゃんです。

 


*1:

偽薬(ぎやく)は、本物ののように見える外見をしているが、薬として効く成分は入っていない、偽物の薬の事である。成分として少量ではヒトに対してほとんど薬理的影響のないブドウ糖乳糖が使われることが多い。

 

出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』