チコちゃんに叱られないブログ

ブログ向上で生活を豊かにしましょう。

HDDよさようならSSDさんこんにちは😎

HDDに花束を

2020年12月17日 

 

はどはどはどぱどぱどはど、はい、獰猛どうもうです。

中高年の星☆爺婆の太陽 の静吉プレゼンツでございます😍

 

 なんちゅうか本中華はどうでもいいんだけど、つまりはだねハードディスクドライブは寿命があるって事なんだよ。

 

だから現在もしデータ保存にハード・ディスク・ドライブ( HDD)を使ってる方がいたら、データ保存は ソリッド・ステート・ドライブ(Solid State Drive略SSD) ことSSDに保管した方がいいと思うよ。

 

SSD はドライブとはついているけれど実際的には、 HDD ドライブのようにメカニックなものは何一つない。 SSD とは半導体で記憶できるフラッシュメモリーで、多く使われているのが USB メモリーだ。

 

SSD そういった場合は主にパソコンのオペレーティングシステムが入っているデータを格納するために使われるから、 HDD と同じようにソリッドステートにドライブをつけて SSD と呼ばれている。

 

最初に SSD と言ってしまったけれど、用は SSD ではなく USB メモリーの大容量なものにデータを保存してくのが良いだろう。

 

と言っても USB メモリーでさえ大容量では福岡になるので、かなり安めな 64GB ~128 GB ぐらいの USB メモリを使うが良いだろう。

 

動画ファイルなどは使っている方でこの程度のメモリでは足りないなんて方はましょうがないのでこれまで同様に壊れにくい HDD ドライブを使うしかないでしょう。

 

しかしながら今では TB の SSD ドライブもできているので、高価ではあるが大容量の SSD ドライブの購入も検討してみるのが良いと思う。


大事なのはパソコンではなくて作ったデータなのです。

 

 

 

 

 

 

作ったデータは当然に大事ですが、そのデータを作るマシンである Windowsアップルコンピューターのオペレーティングシステムがちゃんと動いてくれることも重要です。

 

オペレーティングシステムがインストールされているドライブが障害を起こしてしまってから、オペレーティングシステムをインストールしてあるドライブパーテーションに作成したデータなどを保存していたら、万が一オペレーションシステムが破壊した時に保存したデータは取り出すことができない。

 

なのでこの際はしっかりとオペレーティングシステムが入ってるドライブとデータドライブとは完全に分けておくのがよいだろう。

 

ケチくさくひとつのドライブをパーテーションを使って、オペレーティングシステムとデータ保存などするのはやめた方が良い。

 

オペレーティングシステムはひとつのドライブ。
データ保存は複数の安全性の高いドライブや USB メモリなどに保存する。

 

そしてオペレーティングシステムも今までは HDD ドライブでメカニックのものだったので、これ立どうしても HDD ドライブの寿命は来てしまってオペレーティングシステムが立ち上がらないなんてことにもなる。

 

パソコンがちゃんと起動してくれないなんてのは、本当に泣きたくなるほど切ないことなのである。それだけ現代社会生活においては多くの人にとってパソコンを通じて作業することと、インターネットで情報を求めたり発信したりするそんな SNS 的生活が身についてきているのだ。

 

現在の PC が HDD ドライブであれば、今は SSD がかなり安く買えるので可能であればドライブの感想を試みるといいだろう。

 

 

 

 HDD と SSD と換装する場合は、これの製品を使ってハードディスク丸ごとコピーをするのは良いだろう。

 

HDD から SDD へ換装する方法は、ネットに情報がたくさんあるのでそちらを参照してください。

 

ノートパソコンに関してドライブの交換は簡単にできるものと簡単にできないものがあるので、その辺はよく考えて自分のノートパソコンがどのようなタイプであるかを調べてからにしたほうがいいだろう。

 

ノートパソコンなどはメモリータイプの M.2 SSD が取り付けられてることが多くなっているので、その場合はデータ保存を USB に保存するようにすれば良いだろう。

 

OS の設定であらかじめデータ保存先を USB に決めておけば、以降は自動で USB に作成したデータを保存してくれる。

 

 

 この M.2 SSD タイプのSSDも、近年はデスクトップPCでも用いられるようになってきている。M.2 SSD 

 

M.2 SSD タイプをデスクトップパソコンなどに使用するには、マザーボード基盤が M.2 SSD に対応していなければいけないので、マザーボードが対応していればそれは比較的新しいパソコンだろう。

 

だがロートルな PC をごまかしごまかし使用している場合には M.2 SSD を使うことはできないので、 2.5 in タイプの SSD を使用することになるだろう。

 

2.5 in の SSD は HDD と同様に接続するだけなので、ドライブの換装は難しいものではない。

ただし破で述べたように、まずはこれまでの HDD からドライブの内容を全て SSD 2コピーしておかなければならない。

 

そのためにさっきのクローンスタンドが役に立つ。


ハードディスククローンはそんなに難しいものではないので、興味のある方はチャレンジしてみると良いだろう。もし成功しなかったとしても元のハードディスクを使えばそのまま PC は起動するので安心である。

 

注意点としては現在の HDDの容量とデーターをコピーする SSD の容量が同じかより大容量でなければならないことだ。

 

しかしながら現在の HDD ドライブの容量も大きくなっているので、 ドライブの容量も大きくなっているので換装のために必要な SSD が大容量となると値段も高くなる。

 

その場合はHDD ディスクの内容をクローニングデータとして保存しておき、そのクローニングデータから SSD ドライブにコピーすることにより容量の少ない SSD でもクローニングが可能になる。

 

しかしこれはちょっと高度なテクニックになるので、ご自分でよく情報を調べ行なってください。

 

ネットにはこういった手法も全て出ていますのでそちらを参照になさるのが一番手っ取り早いと思います。

 

この記事ではデータはUSB メモリーに保存することと、 HDD を SSD 換装する意味についてお話しました。 技術的なことは書いてありませんが何かの参考になったら幸いです。

 

なんだかんだと小難しくなってしまうので、いっそのこと SSD 搭載の新しい PC を買うというのも悪いことではない。

 

 

 

 

 

 

  

 

この記事は 中高年の星☆爺婆の太陽 静吉がお届けしました😎 

 

◇◇◇◇◇

 

 

YouTube チャンネル登録

  

Amazon.co.jpアソシエイト

ルイ・ビトン

ルイ・ヴィトンiPhone X iphone XS

ミニショルダー

スマホ

日常は非日常時代へ

持とう・ミラーレス一眼

パソコン

Amazon Prime お得♡

パナソニックミラーレス一眼

 

f:id:i-shizukichi:20200621012743j:plain