チコちゃんに叱られないブログ

ブログ向上で生活を豊かにしましょう。

新しい年の緊急事態宣言😎

二度目の緊急事態宣言

2021年1月11日 

 

とんでもねえこってすえらいじたいやで、廃、獰猛どうもうです。

中高年の星☆爺婆の太陽 の静吉プレゼンツでございます😍

 

東京都の新型コロナウィルスの感染者が三日連続で二千人を超えてしまいました。

 

全国的に新型コロナウィルスの感染者が増大してきており、 1/8~2/7(31日間)を期間として、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県(1都3県)を対象に緊急事態宣言が行われました。

 

不要不急の外出や移動で感染拡大予防のための自粛要請と、 飲食による感染リスクが高い場面を回避するため、「20時以降」の外出自粛の徹底を控えろとのことです。

 

さらに飲食店やカラオケボックスなどは営業時間の短縮で営業は20時までとし、酒類の提供は11時から19時までとの要請が出されました。これにともなう協力金ついて支援するそうです。

 

東京都は30日間で約180万円の支援の模様です。

 

東京都の昨年からの飲食店への支援金は既に340万円でこれに180万円が加算されると520万円です。事業として飲食店を経営しているところでは人件費や家賃などこれでも足りないところも多いと思いますが、10万円以下の家賃の場末的なところで飲食店やスナックを開いているところでは、まるで宝くじに当たったかのような大盤振る舞いとなると思います。

 

会社はテレワークやローテーション化を求めていますし、学校などは一請求項は要請せず保育所や放課後児童クラブなども運営をして欲しいとのことで、受験なども普通に行われるようです。

 

そんな中でも主だったところでは満員電車が走っていますが、満員電車などでのクラスター発生は起きていないのでしょうか。

 

感染者数の数字は出るけど無症状者の割合など分からないことばかりです。無症状者は自分が新型コロナウィルスに感染していると分からないので、マスクもせずに自分は大丈夫とばかりに新型コロナウィルスをばら撒いている可能性があります。

 

特に20代30代と40代ぐらいまでにコロナウィルスに罹患しても無症状者が多いらしいので、これらの無症状者は無自覚者でもあるのでウィルス伝搬の可能性が最も高いと思われます。なぜこれらの年代に特に行動制限的な要請とマスクの一層の着用を求めないのかと思います。

 

昨年秋ごろは若いアベックで女はマスクしていても、男はマスクをしないなんてのを何組も見かけました。息を吐き散らしながらジョギングをしている若い者はマスクもしていません。

 

高齢者がジョギングでマスクをしていなくても無症状者だなと思えるところがあるけど、若い人がマスクもせずにジョギングをしていたら無症状者かなと思ってしまいます。それゆえ若い世代の一層の自覚を喚起してもらいたいと思います。

 

国は昨年に経済振興させるためにと、 Go to なにがしで、国民を旅行や飲食に誘いました。

その結果あってかどうか、昨年の12月上旬ごろは街中の飲食店には活気がかなり戻った感じに見受けられました。

 

これでは新型コロナウィルスも関係ない感じにさえ思えましが、この Go to なにがしはもうコロナは大丈夫だなんて考えを国民に持たせてしまい、国民も少し浮かれ足だってやれあそこでご飯だとか今まで行ったこともないような店でGo to eat を使って行っていたみたいです。

 

これらの行動の結果による新型コロナウィルスの罹患が多いか少ないかは分からないですが、確実に新型コロナウィルス感染者を増やしたのは間違いないところです。

 

Go to なにがしははっきり言って国の失策です。

 

割引になる商品券を販売した自治体なども同様で、経済振興の目的で消費を煽り、新型コロナウィルスの拡大に寄与したことは間違いないでしょう。

 

夏ごろ感染者数も下がり出した時に、新型コロナウィルスを日本はほぼ抑え込んだと思ったのでしょう。

 

その結果が Go to なにがしで日本国民を浮かれ足させてしまい、マスクもせずにウロウロしている者が間違いなく増えました。民度が高い国民性ゆえにとの奢りがあったのではないでしょうか。

 

2020年の年の瀬に来て新型コロナウィルス感染者が徐々に増えてきました。そして12月と翌年に1月にかけて飲食店の再度の営業自粛要請が出ました。その結果夜10時閉店を余儀なくされました。

 

そして2021年になって、東京都の感染者数がうなぎのぼりとなってしまい、全国的な感染者数も大幅に増加傾向となって再度の緊急事態宣言となりました。

 

2021年1月8日から2月7日までの31日間の1都3県を対象に緊急事態宣言が行われました。大阪府は大丈夫だと言っていたようですが、大阪でも新型コロナウィルス感染者が増大中で緊急事態宣言の要請とか二転するような言動になってきています。

 

ブログ主の予想では今回の緊急事態宣言で感染者数の増大は若干抑えられると思いますが、それでも感染者数の上昇を止めることはできないと思います。

 

インフルエンザであれば熱が出て席をするなどの症状があるのですが、その症状が出ない若い世代の無症状者がうろうろしている限り、感染者数の増大が止まることはもうないでしょう。

 

今年、緊急事態宣言が出そうになって顕著に変わったことがあります。

  1. 町の中に圧倒的にマスクをしている人が多くなった
  2. ジョギング中にもマスクをしている人が増えた

以上はこれまでなんとかなるだろうと甘く見ていた人たちも、これは危ないと危機感を持ったことの表れだと思います。ジョギングをする人は元気なのは当然ですが自分が無症状者の可能性があると思ってマスクをするようになったのだと思います。

 

例え PCR 検査で陰性であってもそれは検査したときが陰性なだけの証明であって、その後感染している可能性もあり、さらには無症状者である可能性もあるので、そこまで考えてマスクを当然装着すべきなのです。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで2021年1月9日も過ぎていくのでありましたとさ😋

 

 

この記事は 中高年の星☆爺婆の太陽 静吉がお届けしました😎 

 

◇◇◇◇◇

 

 

YouTube チャンネル登録

  

Amazon.co.jpアソシエイト

ルイヴィトン 

ルイヴィトンiPhone X iphone XS

ミニショルダー

スマホ

日常は非日常時代へ

持とう・ミラーレス一眼

パソコン

Amazon Prime お得♡

パナソニックミラーレス一眼

 

f:id:i-shizukichi:20200621012743j:plain