チコちゃんに叱られないブログ

ブログ向上で生活を豊かにしましょう。

スナックでのカラオケをスマホで動画撮影面白い (*´▽`*)


スナック・カラオケ動画

2019年12月26日 

 

スナックでカラオケ動画を撮影して、YouTubeに動画を上げるのがなんだかおもしろくなっちゃった。

 

一度ヘタな唄をネットで晒したら、変な度胸もついちゃったよ。

 

もう恐いものなしですw

 

にしても、手持ちで動画を撮影するのはかなり難しいのです。歌を唄うのはリズムを取りながら歌うのでどうしても体が動きます。

 

それでスマホを持って唄っていると体が動いてス、マホでモニタを捉えていることが出来にくくなって画面が揺れてしまいます。

 

f:id:i-shizukichi:20190705192932j:plain

 

この記事を拝見されました方、[コメント]も[ぶコメ]もしにくいと思いますので、そのようなときはご無理せずに、どうぞご遠慮なくそのままお帰り下さいませ (´▽`;;;)

 

それと読者登録していただいてもお返し読者登録等一切致しませんので、お返し読者登録ご希望の方もどうぞそのままお帰り下さいませ。こちらのブログは単なる自己中ブログでございます。

 

「低山登山・ハイキング」グループに登録された方は、読者登録させていただいています。よろしくお願いします。

 

 

 

私の場合は体で唄うタイプなので特に手振れがひどいですね。それであるスナックのママが自撮り棒で撮影したらいいんじゃないって言うので、早速その自撮り棒を買ってみました。

 

おすすめ自撮り棒

購入したのはこちらの商品です。

自撮り棒 三脚/一脚兼用 Bluetooth セルカ棒 360度回転 iPhone Androidスマホ等対応

自撮り棒 三脚/一脚兼用 Bluetooth セルカ棒 360度回転 iPhone Androidスマホ等対応

  • 出版社/メーカー: TAWARON
  • メディア: エレクトロニクス
 

Amazonのこのような製品の多くは中華商品ですから、最近はレビューだけではなんでも飛びつかないことにしています。

 

レビューは低評価から見ることにしています。

 

低評価の中でも基本的なハズレ的なものはそれほど注目しなくて良いです。

 

大事なのは低評価の中にちゃんと使っていての報告があるかどうかです。実際に使っての評価は参考になります。

 

ダメな商品でも中華系商品レビューはヤラセも含めてが中華系商品の特徴なので、値段も当然ですが慎重に見極めないとだめです。

 

それで、これは、私がネットの情報も集めて一番無難かなと思ったもので、しかもお求めやすい価格で失敗しても何とか諦めて自分に折り合いが付けられると思った商品です。

 

ブログッているぐらいですから、この商品はおすすめです。おすすめでも製品に当たり外れはあるので、そういったときは交換するとか返品で対処してください。

 

価格は参考ですが私が購入した時点で1,274円でした。Prime会員ですから送料も無料で更に特別キャンペーンとかで1割引きになったのでとてもお求め安かったと思います。

 

自宅で自撮り棒を試してみて思った以上の製品だと、ちょいと嬉しくなっちゃいました。

f:id:i-shizukichi:20191226101240j:plain

自撮り棒ですから小型ですのでこれでもスナックでのモニタ撮影は厳しいです。

 

スナックのモニタは高いところに置いてあるので、カラオケボックスみたいに腰かけた目線にモニタを置いていません。(置いてあるところも無くはないよ)

 

それは何故か…分かる方がいるかな、分からなきゃどうしてか考えてごらん。教えてはやらん!

 

自撮り棒を使ってスナックで撮影

さあ、いざ、徘徊へいや違った、散歩に出かけねばならぬ。小さな片肩掛けバッグに自撮り棒を潜ませてね。

 

そんなんで最初に寄ったいつもの店。

 

うわあ、混んでいる。

 

これじゃあ、自撮り棒を出しては難しいから自撮り棒は止めました。

 

歌は何曲か唄って、一曲だけ手持ちスマホで録画してみたけど、やっぱり歌とスマホを持っては難しい。

 

どっちつかずになってしまう。が、それも回数をこなせば何とかなるだろう。人間の適応というのか対処能力は大したものなので、皆さんもどんどん新しいことを何でもやってみるのが良い。

 

頭も体も使わないで世の中を斜に見るだけじゃ、ボケ一直線だと思うし、井の中の蛙のままになっちゃうよ。未だ井の中の蛙の私が言うのもなんですけが、自慢じゃないけど私は社会性ほぼ消失状態なのであります。

 

そんな奴の言うことなんか、聞けるかあ~~って (;^ω^)

 

もへじの唄うカラオケ動画

恋する街角

一軒目のスナック。

人が多くて自撮り棒使えず。

手持ちなので唄も動画もめちゃです。

歌は山内惠介さんの「恋する街角」です。

あまり揺らしちゃうとももこちゃんに怒られちゃうしさ (´▽`;)

 

 

江釣子のおんな

店を替えて自撮り棒を据え置き撮影。

成世昌平さんの「江釣子のおんな」です。

 

 

ハレ晴レユカイ

涼宮ハルヒの憂鬱の主題歌「ハレ晴レユカイ」です。

 

 

アカシアの女

北川大介さんの「アカシアの女」です。

 

 

鳰の湖(におのうみ)

丘みどりさんの「鳰の湖」です。

 

カラオケ動画を撮影しYouTubeにアップする理由

聴けば分かると思いますけど、歌が上手だと勘違いして自分の録画したカラオケを公開しているわけじゃないですよ。歌が下手なんてのも露悪みたいだけど、このことを書いておかないと、おまえ勘違いしているだろうなんて思われそうだからね。

 

これらの動画はスナックで撮影してきたもので、自分が楽しいからYouTubeに動画上げて、こうやってブログのネタにしているだけです。ブログと同じ自分の行動記録の一環です。

 

それじゃあなぜYouTubeに動画を上げるのかは、カラオケ画像は全てに著作権の問題です。これ、個人のホームページに直接動画を上げたら著作権違反で完全にアウトです。

 

それでも自分のホームページに動画を上げることは出来ないわけじゃないけど、その場合はジャスラックJASRAC)に著作権使用料を支払えばそれは可能です。個人でカラオケMIDなどを提供してるホームページなどがありますね。それらがそうです。

 

そういったホームページにはジャスラックの許可を受けたマークを貼ってあったりします。個人の音楽サイトであれば年間1万円位の費用だと思いますが、これは想像での金額です。

 

お世話になったカラオケMIDサイトのこと

例えば私もお世話になった「二木紘三のうた物語」というカラオケサイトがあります。こちらにはちゃんとJASRAC許諾番号とアイコンが貼り付けてあります。

duarbo.air-nifty.com

10数年以上前は二木さんのようなサイトもたくさんあったのですが、最近はYouTubeに押されて、MIDファイルを利用したカラオケサイトはどんどん消えています。

 

またブラウザもクロムが席捲してしまい、クロムではMIDファイルは埋め込まれてあっても自動演奏できず、いきなりMIDダウンロード画面となってしまいます。これってウィルスでも仕込まれるかと恐いですよね。

 

試しにインターネットエクスプローラIE)で、MIDファイルを流すサイトにアクセスしてみましたが、IEであればちゃんとブラウザから再生してくれました。

 

JASRAC許諾を受けたからといって、音楽CDからコピーしたインスツルメンツ(楽曲だけの=カラオケ用)を勝手にネットにアップロードすることは出来ません。

 

カラオケ個人サイトの方はそれぞれに、MIDファイルを打ち込んで自分でカラオケになるように自分で曲を作ったものしかアップロードすることは出来ないのです。 

 

 

つまり、個人カラオケサイトを運営するにはこの作業をすることになるわけです。それも公開する曲数に合わせて作るのです。歌詞はなんとかなっても楽譜は買えば一枚は安くても数が多くなると結構な金額になります。それも耳コピできるクラスの人なら楽譜は不要かもです。

 

この作業をしても、MIDファイルのままだとブラウザがクロムの場合は自動再生してくれません。なのでMIDファイルをMP3ファイルにコンバートしなければならないのです。

 

そんな関係でMIDによるカラオケサイトはほぼ壊滅状態で、先の二木さんとわずか数名の方のカラオケサイトが見つかるのみとなっているみたいです。 

 

須佐たくろうさんのこと

私が最もお世話になった個人カラオケサイトである須佐たくろうさんの「たくろう名曲玉手箱」の関連サイトはネットでは完全消滅しています。

 

だいぶ前に御歳73とか言っておりましたので、ひょっとしたらご逝去なされたかもとも思います。お元気で余生を過ごされておればいいのですが、もしもご逝去されているのであれば、改めてここにご冥福をお祈りしたいと思います。

 

須佐たくろうさんは後年はボーカロイド迄チャレンジされて、ボーカロイドに童謡を唄わせた音楽もたくさんアップしていた貴重なサイトだっただけに残念です。須佐たくろうさん自身は作曲もなさるので、ジャスラックにアーチストとして登録されている方です。

 

たくろう名曲玉手箱で、親が口ずさんでいたような古い懐メロを知り、聞いたことがあるような懐メロは手あたり次第に唄の練習をしたものでした。私が本当にお世話になったと言えるのは、唯一このサイトだけです。

 

感謝以外のなにものでもありません。

 

自分のオリジナル歌とカラオケあるよ!

そして須佐たくろうさんの教えで、以前に自分の唄が欲しいと思って、作曲の指導を受けて歌を作ったことがあります。もちろん安からずのお金をちゃんと払って手伝って貰ったのです。ご本人は音楽のプロなのですからね。

 

その時作った歌は、今ではもう歌詞が古臭いので、歌詞を変えてそのうち紹介できればいいなあと思います。

 

完全無欠の自分のオリジナルの曲なので、これはどこでも勝手に自由に公開できる楽曲になります。

 

ですが、当時の自分の唄のレベルではろくに唄えなかったです。

 

それほどひどい音痴ですけど、曲自体は須佐先生の指導のたまもので、先生がプロですから、プロ並みの演歌系歌謡曲が出来たと思います。だから、曲は作れてもその歌は唄えなかったわけです。

 

おわりに

自分が歌を唄うことに拘って来たのは他にも理由がありますが、そちらの理由を書いていくと悲しくて切なくて涙が出て止まりませんので、それはいつか書く事もあるかないかは分かりませんけど、そのことが私が歌を始めたきっかけです。

 

そして歌は唄うのが楽しいのであって、上手に唄えなくても楽しむことが出来るものだということを知って欲しいです。

 

スナックなどで採点表示でカラオケを唄う方で、ある程度高得点を取られる方も当然いらっしゃいますが、採点で音程合わせゲームになってお経のような歌を唄う人もいますし、音程の音に合わせようとして歌がぐずぐずになっている人もいます。

 

あれ、この前上手に唄えていたのにって思ったので、余計なお世話でその方にそのことを教えてあげました。もちろんですけどスナック以外でもよく知っている人ですよ。スナックで顔を合わせる程度の方にそんなことは間違っても言いません。

 

彼女は、その歌が上手に唄えるようになったので、採点であたし歌が上手くなったのよでみんなに聴いて貰いたいし、自分でもそう思って採点を見たかったのでしょうが、結果はいつもに倍して歌がひどかったです。

 

唄が下手なのが採点なんてのはカラオケボックスでやればいいのです。精密採点で自分の実力がはっきり分かります。わたしは60点後半がやっとで、70点台が出れば良い方です。最高で80点が一回だけです (>_<)

 

とはいっても歌は好き好きですし、採点も好き好きなので人の集まるスナックでそんな余計なことを言う必要はないので、絶対にそんなことは言いません。ただ拍手するのみです。

 

でも言いたいのは、これはネットだから言えるけど、頑張っても元々素人の唄なのですから、もう少し感情と思いを込めて唄われた方がいいと思います。

 

例外的に採点表示して高得点な方で唄も上手な方もいなくはありませんけど、歌はパフォーマンスです。と言っても、これも考え方は人それぞれです。

 

余談ながら、今回の五本のカラオケ動画の中で好きな歌はなにかと言われたら、それはダントツに「ハレ晴レユカイ」です。

 

これらの動画は再録し順次入れ替えます。なので後日に動画ファイルのリンク切れ等が発生する可能性があります。

 

 

◇◇◇◇◇

 へのへのもへじYouTube

 

f:id:i-shizukichi:20191224132335j:plain