チコちゃんに叱られないブログ

ブログ向上で生活を豊かにしましょう。

親子丼を作り食す!


親子丼を作り食す!

食べログではないけど、自分のブログは記事中に結構な頻度で自分の作った料理の画像を使っているみたいだ。

 

だけど料理だけで記事が終わっていることはまずないみたいだったけれど、最近の記事は料理だけってのも…そんなことはどうでもいいね。

 

今日は鶏もも肉があるので、これを使って親子丼を作ってみようと思う。

 

 f:id:i-shizukichi:20190528142342j:plain

 

本日の朝食 

その前に、今朝の朝食はまたしてもピザトースト風です。

f:id:i-shizukichi:20190625141757j:plain

同じ物をよく食べているねって思われるかもだけど、毎日朝はパンって人も多いだろうからそれと同じだよ。

f:id:i-shizukichi:20190625141801j:plain

にゃは、美味しそう!

 

付け合わせは納豆

んで、付け合わせは納豆。最近は塩納豆に凝っているのは…もう、何度も言っているね。ほんとうに美味しからやって味噌って、納豆に味噌もいいかもだね。
f:id:i-shizukichi:20190625141746j:plain

ピザトーストと納豆のその意味

ピザトースト風ものに納豆を添えるのは、たんぱく質の補給という立派な栄養素的な面を考えてのことなのだ。

 

ピザトーストには各食品に多少含まれているであろうたんぱく質もあるにはあるけれど、このピザトーストは玉ねぎにトマトにチーズだけで作ってあり肉質なものを入れていないので、不足するたんぱく質を畑のお肉である大豆で作られている納豆で補っているという、極正しい歩く道徳品行方正な私の行いから生まれているのがこのチョイスなのだ。

 

なんなら、正しい歩く道徳品行方正と言われるこんな私の爪の垢でも煎じて飲んでみたいなら送り届けるけど…あっといけない明日から旅行なので昨晩爪切りをしたばかりだったので、いずれまたこの話をすることもあるだろうからこれはその時に話すとしよう。

 

ちなみに爪を夜に切っちゃあいけないって言い伝えがあるけど、それは昔の話で暗い明りの元で爪を切って深爪をしてはいけないって意味だろう。暗くて手元がくるって深爪切りなんぞしてしまっては、確かに、あの深爪ってやつは大の大人が情けないほどじくじくる痛みが辛いものだわ。だけどいつの間にか気が付かない内にその痛みは消えているんだよね。

 

なんて字数を稼ぎつつ昼も近くなっちゃって、この記事を公開する頃は午後3時を過ぎるだろうけど、本日の昼食は珍しくご飯もので、それも丼だ。

 

(*’▽’)//”パチパチ☆

 

美味しい親子丼の作り方 

えっ、記事のタイトルに書いてあるからそれは分かっているから、さっさと本題に入らないとパスして他のブロガーへ行っちゃうぞって、そんな冷たいことをもう初夏も間近ってのに止めておくんなさいよう。書きますって、書きゃいいんでしょうっていうより画像を上げますので見て下しましな旦那様。

 

親子丼のつゆを作る

小さなフライパンにめんつゆ少々、お酒少々、角砂糖小さいの一個、和風だしの素少々。少々って曖昧な言葉は、画像を見て塚田忖度してください。フライパンの直径は20cmです。角砂糖は砂糖がなかったから代用です。これに、お水もめんつゆと同量ぐらい入れてください。

f:id:i-shizukichi:20190625143229j:plain

※画像はまだ水は入っていませんよ。液体はめんつゆと料理酒です。

 

食材:玉ねぎ

その上に玉ねぎスライスたっぷり入れる。

f:id:i-shizukichi:20190625143235j:plain

 

食材:シイタケ

シイタケも入れる。

f:id:i-shizukichi:20190625143239j:plain

 

食材:鶏肉

鶏もも肉を乗せる。今回は奥州いわいどりなんちゃらとほんのちょっと値段高めの鶏肉です。高いと言ってもグラム2-30円高いだけ。って、このグラムって1グラムじゃなくて100グラムが基本単位だよ…えっ、知っている? あっそう!

 

調理

f:id:i-shizukichi:20190625143245j:plain

湯気でも調理するのでフライパンに蓋をしましょう。

f:id:i-shizukichi:20190625143249j:plain

 

親子丼ぶりは鶏肉と卵で親子ですなんて知っているよねえ、って、あなた知らなかったの、本当に、あなたって純朴でとってもいい人みたいですね。まるで優ちゃんみたいだけどさ、おにぎりも握れないけどぼくの手は握れますって何を仰っているんだかで実生活では生活に困るからお付き合いはできませんので太郎ちゃんのところに帰ってくださいなんて分からない落ちを入れられても困りますよねなんてことまで書くなら最初から書くのを止めろよってなもんでしょうけど、そういうことがしたくてブログしているんだから分かっちゃいるけど止められない…そこ、うれしそうな顔をして植木等なみに踊らなくてもいいから!

 

溶き卵の作り方

f:id:i-shizukichi:20190625143253j:plain

で、卵をかき混ぜ溶き卵を作るときは、箸よりも小型の包丁が卵の白身が切れてよく混ざるよ。器に刃をぶつけないようにかき混ぜるんだよ。白身部分を生かしたいときは箸でざっくり混ぜるが良い。ふわふわ玉子にしたい時は少しお酒を入れると良い。

f:id:i-shizukichi:20190625143258j:plain

f:id:i-shizukichi:20190625143307j:plain

 

溶き卵の投入

鶏肉に火が通ってきたら溶き卵を流し入れて直ぐに蓋をする。

f:id:i-shizukichi:20190625143312j:plain

 

青物投入

この時に青物を少し入れると雰囲気が良いぞ。広大な家庭菜園という名のキッチンの窓側で人参の頭を水耕栽培した、そのニンジンの葉っぱを青物として収穫した。青みは本来は三つ葉かほうれん草を茹でたもの。

f:id:i-shizukichi:20190625143316j:plain

はい、出来上がり。

f:id:i-shizukichi:20190625143319j:plain

 

盛り付け

ご飯を丼に用意。これは電子レンジでチンしたご飯一膳分です。f:id:i-shizukichi:20190625143323j:plain

親子とじを乗せる。

f:id:i-shizukichi:20190625143327j:plain

薬味に刻み海苔を散らす。

f:id:i-shizukichi:20190625143330j:plain

 

実食

喰う!

f:id:i-shizukichi:20190625143337j:plain

左はインスタントの味噌汁をカップで作ったもので、これぞまさしくカップみそ汁。

 

ちなみにこの親子丼は今まで作った親子丼の中で一番の出来でした。最高に美味しかったです。つゆが少ないのはつゆの多いのは嫌いだからです。吉牛でも汁なしで牛丼を頼むこともあります。

 

ひっやあああ~美味かった!

 

えらい、ごっつぉおさんでした。

 

おわりに

で、明日からは奄美旅行になので、昨晩は行きつけのスナックみたいなところへ行ってカラオケを楽しんできました。明後日から旅行だと言ったらこんなお菓子をくれました。

f:id:i-shizukichi:20190625145658j:plain

旅のお供にさせようと思います。

 

 

  

 

     


追記: