チコちゃんに叱られないブログ

ブログ向上で生活を豊かにしましょう。

ダンベル何キロ持てる?って、鉄アレイ5キロが精いっぱいだよ!


ダンベル何キロ持てる?

2019年9月13日

 

もうだいぶ前からダイエットする風を装っているんだけど、一向にダイエットならず体重が増加傾向にあるので、ショックです。

 

f:id:i-shizukichi:20190705192932j:plain

 

こんな記事まで作って、記帳だけは真面目にやっているけど、記帳しているだけ~えになっちゃっている(笑)

 

 

その記帳も最近忘れがちです。

 

自分早朝性高血圧気味です。

 

午後から夜間は血圧が下がるタイプのようです。

 

特に血圧が低い時は午後3時ごろに計測している場合が多いです。

 

血圧が130を超えているときは10時ごろまでのことが多い。

 

ときどき思い出したように鉄アレイ運動です。鉄アレイを振りながらYouTubeのカラオケをやったりしています。

 

熱しやすく冷めやすいので、1~2ヶ月ほど続けたら、あとは「えっ?」いうぐらい忘れちゃいます。その繰り返しですから体はなかなか締まりません。

 

他の方のブログを拝見すると「ダンベル何キロ持てる?」ってアニメの話題が取り上げられています。高校生女子がトレーニングジムに通い出す物語なんですけど、スポーツ系コミックはどうでもいいタイプなので…実は「音痴」に「うんち」なのでスポーツにほぼ関心ゼロです。

 

オリンピックなんかも、騒がしいだけなのでそんなのいらんわってタイプなのです。ああ、言っちゃった。これで、ブログで敵をいっぱい作っちゃったろうなあ!

 

そんなわたしでも、ラン小屋で植物の植え替えをしているときは夏場はラジオで高校野球を聞いていたりしますが、まあバックグランドミュージック代わりですw

 

体重が減らないので、散歩強化と鉄アレイダンスでもやろうかなって思いだし、昨日から鉄アレイ振っています。

 

アニメといえば鬼滅の刃も観ているが、「鬼滅の刃」と同様に「ダンベル何キロ持てる?」も自分としては食指が動かず観ることはないだろうなあと思ったアニメなのです。

 

それなのに「鬼滅の刃」同様に「ダンベル何キロ持てる?」も観るようになったのは、購読ブログで取り上げられていたりするのと、さらにダンベルの使い方やトレーニングについて知らないので、鉄アレイを振る際の参考になればと思って観だしました。

 

それで「ダンベル何キロ持てる?」を観始めて現在5話目です。

 

主人公の女子高生の「紗倉 ひびき」が、最初はいやいやながらもテンション高くトレーニングジムでジムに(地味にをかけてますw)トレーニングに励みつつ、マッチョではない筋肉質的ナイスバディを模索するお話なんだけど、面白いのか面白くないのかなんだか引き込まれちゃうんだ。

 

鬼滅の刃

ちなみに同じく観る気はほとんどなかった鬼滅の刃は現在17話目に入りつつあるけど、ここに来て1話分の半分ほどがコミカルな感じになっていると思えちゃうほどコミカル構成になっている。

 

のだが、それでもシリアスなシーンに繋がってもアンバランスさは感じないけど、観ていてコミカル部分の多用が煩わしい。

 

ストーリーからして新作のどろろぐらいのシリアスでやってくれてもいいと思うけど、コミカル部分はゴールデンカムイのコミカルなシーンを踏襲しているのかいなって感じ。

 

だからどうにも鬼滅の刃は色々なコミックの寄せ集め感が否めない。

 

鬼滅の刃の登場人物は炭治郎はA型男で、嘴平伊之助がB型、我妻善逸がAB型、冨岡義勇がO型って感じの、いわゆる血液型アナウンス的な分かりやすいキャラ設定じゃないかと推測しています。

 

 

鉄アレイを振りながらカラオケを唄う

話を鉄アレイに戻すと、深窓のおぼっちゃまである私は、鉄アレイ5キロしか持てませんって言いたかったのです。5キロでも重たくてなんとか程度です。

f:id:i-shizukichi:20190913153101j:plain

画像は使っている5キログラムの鉄アレイです。年季だけは入っているでしょうw

 

これを左右の手で交互に持って、うんちうんちと振ってトレーニングしているつもりなのです。カラオケも唄いながらです。

 

うんち、うんちと言ってますけど、このうんちは泉沢ちゃんの好きなうんちじゃなくて、運動音痴の略の『運痴』の方の『うんち』です。

 

うんちは自慢じゃないが、短距離競争で、誰にも、おれのお尻は、拝ませないぜって感じでございます。

 

◇◇◇◇◇

 

 


f:id:i-shizukichi:20190722094759g:plain 


CM

  1. 旅行なら楽天トラベル  
  2. 新品も中古も激安PC勢ぞろい!パソコン買うなら楽天市場
  3. 楽天トラベル