へのへのもへじ・改

ツアー旅行と高尾山周辺低山ハイキング(スマホもPC表示推奨)

日影バス停から日影乗鞍→小仏城山→高尾山→いろはの森→日影バス停


 自宅からチャリで南浅川の土手を走り、いったん甲州街道に出て直ぐに旧甲州街道でもある都道516号線を通って日影バス停まで行く。

 

 チャリを日影バス停横に停めてここから登山開始です。今日は、日影乗鞍→小仏城山→高尾山→いろはの森→日影バス停と一筆書きで元の所に戻ってくるという登山コースです。

 

 516号線は路面にも霜が降りているし、日陰の空き地などは雪でも降ったかのように真っ白。

f:id:i-shizukichi:20161218185709j:plainチャリも路面の霜で滑らないように注意しないといけません。

 

 久しぶりの516号線です。

 

 坂道の多いこの道は半年以上振りです。

 

 ママチャリできつい坂は二回ばかり曳いてて上りました。ご無沙汰中に体力が落ちております。

 

 体力は落ちて、体重は増えている。増減±でゼロじゃないですか。

 

 あは、はははぁ(^^;)

 

 バス停横にチャリを停め早速登山開始です。日影林道に入って数百メートル先で渡渉します。渡渉と言っても浅い小川を渡るだけです。しかも置き石の上を歩いて行けますので、水の中に入る必要はないです。

 

 もっとも登山靴は防水なので、水に入ってもこの程度の水深なら問題ないです。水があればそこでちゃぷちゃぷやって靴底を洗ったりしているほどです。

f:id:i-shizukichi:20161218190037j:plain

f:id:i-shizukichi:20161218190252j:plain

f:id:i-shizukichi:20161218190303j:plain

 シュンラン(上)カンアオイ(下)

f:id:i-shizukichi:20161218190305j:plain

 亀甲模様がきれいなこのカンアオイは、盗掘に遭わないようにこの後に落ち葉をかけて見え難くしてやりました。

 

 自然は良くしたもので、秋には落葉がたくさんあって自生する植物にまるで毛布を掛けてやっているようです。しかものこ毛布はやがて朽ちて肥料分にもなる。

 

  この先を左に曲がれば、登山というか雑木林歩きみたいな感じになります。

f:id:i-shizukichi:20161218190453j:plain

 そしてこの坂道を登りきると最初のポイントに出ます。

f:id:i-shizukichi:20161218190622j:plain

f:id:i-shizukichi:20161218190714j:plain

 621mの図根です。ここで2-3分休憩。

 

 直ぐに歩き始めます。

f:id:i-shizukichi:20161218190933j:plain

 もうカンアオイの花が咲いていました。

 

 次のポイントは送電線の鉄塔があるところです。ここのポイントには山道を挟んで左右に鉄塔があります。ここから送電線を張る方向が変わるのでしょう。

f:id:i-shizukichi:20161218191001j:plain

 

 次のチェックポイントはこの看板。看板の少し先はもうすぐ小仏城山の電波塔が見える。

f:id:i-shizukichi:20161218191323j:plain

 

 小仏城山の電波塔が見えています。小仏城山はもうすぐそこです。

f:id:i-shizukichi:20161218191424j:plain

 城山には行かないので、日当たりの良い少し開けたこの場所で昼食を摂る。城山山頂は特に冬場はいつも泥だらけなんだ。

 

 チャリで朝10時30分に家を出て家を出て、この昼食ポイントに着いたのは午後1時です。時間は計画通りです。

 

 おにぎり一つ食べ、高尾山に向かって歩きます。山歩きは行動食と言って、基本は少しずつ食べながら歩きます。

f:id:i-shizukichi:20161218191830j:plain

 小仏城山から高尾山に向かう登山道です。

f:id:i-shizukichi:20161218191843j:plain

 もみじ台の階段。結構きついです。登り切ったら今度は高尾山山頂への石の階段。ここもきつい!

 

 高尾山山頂です。

f:id:i-shizukichi:20161218192154j:plain 賑わっているけど普段の日曜日のような賑わいじゃなく人は少なめだった。

 

 高尾山下山の為にショートカットして「いろは分岐」へ向かいます。

f:id:i-shizukichi:20161218192330j:plain

f:id:i-shizukichi:20161218192423j:plain ここの分岐で「いろはの森」を下山します。いろはの森は学習の歩道となっていますが、少し急な斜面もところどころあります。ですがハイキングコースとしてです。

 

 下に見える道は日影林道です。

f:id:i-shizukichi:20161218192458j:plain この林道の右手奥は立ち入り禁止となっています。右手奥の林道は長いですが途中で終わるようです。それよりも立ち入り禁止ですから入ってはいけません。

 

 林道を横切る側溝の右手から三つぐらいの所に山道があります。も

f:id:i-shizukichi:20161218192814j:plain ちろん日影林道をそのまま下ってもいいのです。着く場所は同じところです。そこは日影キャンプ場のあるところです。

 

 自分はもっぱら右手の山道を下り、あるいは登りで今回と逆回り登山を交互にしています。ちょっとうっそうとした感じで薄暗気味に湿度高目なので、自分には若干気持ち悪い感じの山道です。

f:id:i-shizukichi:20161218192957j:plainここを渡渉してほぼ登山終わりです。

 

 渡渉に始まり渡渉で終わる登山です。ここで終わりとはいえ、日影バス停までは日影林道をまだ少し歩きます。

f:id:i-shizukichi:20161218193112j:plain 上の画像で左手奥に向かう山道がいろはの森への登山道です。

 

f:id:i-shizukichi:20161218193359j:plain都道516号線です。

 

 バスが停まっているところが日影バス停です。あのJR変電所の横の終点小仏バス停まで向かいます。今日は日曜日なので臨時バスも何本か出ています。

 

 バスの向かい側に我がママチャリが停まっているのが見えますかね。元は電動アシスト自転車だったんだけど、今はアシストしてくれない漕ぐにも重い自転車となっています。それでも5段変速なので何とか使えています。

 

  小仏城山から高尾山まで1時間。高尾山から日影バス停まで1時間。午後3時までにこのバス停に戻ってきたのでちょうど計画した時間ぴったりです。

 

 お天気も良かったし、計画通りの下山で良かった。もっと早く家を出てくれば良いのだけど、園芸ー富貴蘭もちょこちょこ植え替えているーや金魚のエサやりなどあるので、朝はなかなかに忙しいのだ。



See you.