へのへのもへじ

ブリーチ金髪、心は十八歳、頭は痴呆じじいは漫筆ブログ家アーティストです。(スマホもPC表示推奨)

でっかいどう北海道、風蓮湖へ行くぞ!


いや、なんか申し込んであったツアーがまた北海道でおます。

 

これだから痴呆老人はいけませんでござるでござるはお猿じゃないかもしれないけどお猿ぐらいの知恵もあるかどうか分かりませんでござるけど何とかブログっているので何とかなっているんじゃないかとおもうのでござるからやっぱり猿かと思ったけど濁音でござるは小笊だったということなのでなるほど何を聴いても右から左じゃなくて上から下に流れ落ちてしまいこれはまさに笊で水を掬うが如しってやつじゃないだろうかって結論が出たけどおい北海道は何処へ行くのも分からないじゃ困るのでとりあえずパンプレットを見ながら自分なりにツアーとはいえ行動計画を立ててみたでやっぱりござる。

 

ちゃんと、読めた?

 

訪問させていただいている id:Ippo-san の旅行計画が実に緻密なのです。ツアー旅行任せで当日にならないと、何処に行くのかも分からない自分が恥ずかしいです。

www.ippo-san.com

自分の場合はツアー旅行任せで、当日にならないと本当に何処に行くのかも分からないほど能天気な旅行を前回の北海道ではしてきました。今回は少し反省して、ツアー旅行ながら事前に少し下調べをして、より深く旅行を楽しめるようにとブログにしてみました。

 

行くぞ、でっかいどう北海道

 

 

f:id:i-shizukichi:20190528142342j:plain 

 

観光1日目

まずはリムジンバスで羽田空港に向かいます。飛行機が朝8時発なのでかなり早くから羽田空港に行かなくてはいけません。リムジンバス乗車は八王子駅からなのですが、早朝でバスは動いていないので、タクシーを予約するか、歩いて駅まで行くかどちらかになります。

風蓮湖と私

山内惠介の歌に風蓮湖というのがあり、風蓮湖はカラオケスナックなどで比較的よく自分が唄う歌です。カラオケスナック客の多くは古い歌か極新しい歌を覚えて歌うかのどちらかに分かれ、前者が90パーセントとすれば後者は10パーセントぐらいの割合だろうと思う。

 

新しい歌を歌う人の中でも山内惠介の歌はあまり知られていないので、山内惠介の歌が歌いやすいから10曲ぐらい練習して歌うようになった私としては、誰も知らない歌を気持ちよく披露できるのでうれしいのです。

 

その中の一つが風蓮湖*1です。

 

風蓮湖は歌謡曲的にいい歌だなあって思いました。風蓮湖って創作名称かなと思って調べてみたところ風蓮湖って本当にありました。

 

風蓮湖(ふうれんこ)は、北海道根室市野付郡別海町にまたがるである。野付風蓮道立自然公園に含まれる。ラムサール条約登録湿地。

 

出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』

 

今度行こうと思っている北海道ツアーはなぜ申し込んだかもう忘れているので、行程表を見ればこの風蓮湖が目的で申し込んだと思います。

 

カラオケで風蓮湖を歌うときに出てくる映像が風蓮湖です。とても素敵な景色なのでいつしか行ってみたいものだと思っていました。こんなに早くチャンスが訪れてうれしです。

 

釧路空港から風蓮湖

釧路空港から風蓮湖まで最短で2時間程度の距離で行けるようです。

本土最東端の地である納沙布岬や、風蓮湖・春国岱へ行く予定です。天気が良ければよいなあと思いますが、こればっかりはどうにもお天気任せです。

 

春国岱

春国岱(しゅんくにたい)は、北海道根室市春国岱にある風蓮湖根室湾を分ける砂州で形成された面積約600ha湿地及び原生林である。

有史以来ほとんど人の手が入っておらず、高い原始性を保持しており、多様な植生野生動物を見ることが出来る自然景勝地である

 

出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』

 

今回の宿泊先

 屈斜路温泉で、屈斜路プリンスホテル(0154-84-211)に二連泊です。荷物の持ち出しをしなくても良いのでありがたいです。運が良ければ屈斜路湖ビューの部屋に入れるかもしれません。

 

観光2日目

黄山知床五湖ーウトロ港ー知床羅臼斜里岳・開陽台ー摩周湖-屈斜路プリンスホテルというコースです。

黄山

今も噴煙の上がる活火山とのことです。

知床五湖

知床五湖のうち高架木道で1湖見学とのことです。なんだから立派な高架式の木道があるみたいで楽しみです。オプションに知床遊覧船があるのですが、今回はこの高架木道が画になりそうなので高架木道を優先します。

ウトロ港

ウトロ漁港(ウトロぎょこう)は、北海道斜里郡斜里町にある漁港

出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』

知床羅臼

知床羅臼では北方領土国後島の眺望とで自由昼食です。食べ過ぎになるのでオプションの昼食は申し込みません。

斜里岳・開陽台

百名山の一つ斜里岳です。本当は登山に行きたいけど、今回は開陽台から斜里岳を遠望するだけだと思います。斜里岳が見えるかどうかはお天気次第です。360度パノラマで地球の丸みが感じられるとかです。

摩周湖

いつも霧に覆われている霧の摩周湖の別名もある摩周湖です。以前に行った時も確か霧が出ていたと思います。布施明霧の摩周湖*2は古い歌ですが、まだある程度知られているのではと思います。

 

摩周湖の見学が終わればホテルに戻ります。

 

観光3日目

美幌峠ーオホーツクバザールー能取岬ーサロマ湖畔・ワッカ原生花園天都山天空テラスー女満別空港ー羽田

美幌峠

美穂路峠は美空ひばりの歌碑がある展望台です。なんの歌碑なのか当日の楽しみにするために調べませんけど、コメント欄で歌碑を書き込むの止めてよねw

オホーツクバザール

オホーツクバザールで自由昼食となります。美味しそうなものがありますけどどうなんでしょうか。海鮮などお土産もたくさんありそうです。サイトから取り寄せも可能なようです。

能取岬

能取岬はオホーツク海の絶景だそうです。楽しみです。近くには能取湖サロマ湖網走湖などもあり、能取岬灯台もあるのですがどの辺まで行くのか分かりませんけど、多分岬にはキスゲちょうど咲き乱れているんじゃないかと思います。

サロマ湖・ワッカ原生花園

これまた広大な感じの原生花園です。移動に継移動でこんなに盛り込んで大丈夫かなと思ったら、帰りの飛行機がかなり遅いみたいだ。ワッカとは真水という意味のアイヌ語だそうです。

天都山天空テラス

網走湖に近い天都山天空テラスです。能取岬にも近いです。オホーツク海が眺望できる場所らしいです。

 

以上で観光は終わりになります。

女満別空港

帰路は20時過ぎのフライトです。羽田には22時ごろ到着かあ、リムジンバスあるかなあ?

 

終わりに

ということで、今回は旅行に出る前に事前にある程度リサーチをしましたので、これをもとに旅行を楽しむことが出来ます。プリントして旅行に持って行こうと思います。

 

 

※ 前回の5月19日から21日間の北海道関連記事はこちらです。

i-shizukichi.hatenablog.com

 

 

i-shizukichi.hatenablog.com

 

 

i-shizukichi.hatenablog.com 

 

i-shizukichi.hatenablog.com

 

 

i-shizukichi.hatenablog.com

 

 

i-shizukichi.hatenablog.com

 

 

i-shizukichi.hatenablog.com

 

     


*1:

山内惠介 風蓮湖

www.youtube.com

*2:

布施明 霧の摩周湖 なにか、いやらしい癖のある歌い方ですねw

www.youtube.com